ペントレ2018にて万年筆の撮影をお手伝い

デコカクノ 万年筆

5月3日、4日、両国にて開催された第18回ペン・トレーディング in 東京(ペントレ2018)にお邪魔して来ました。

今回はフォトジェニックエリアにて、皆様の万年筆を撮影するカメラマンとして参加。私のようなものにご縁を頂きありがとうございました。

ペン・トレーディングといえば、毎年恒例となっている万年筆の即売イベント。万年筆だけでなくインク、紙、入れ物などの周辺道具なども販売されております。万年筆は現行販売されているものだけでなく、普段お目にかかれないような掘り出し物も多く、またペン先の調整も行っていただけるので万年筆ファンにとってはお祭りのようなイベントです。

詳細は、こちらをご覧ください。

2018年5月3日(木)と4日(金)は、第18回 ペン・トレーディング in 東京 です! : 万年筆評価の部屋
この会場は自分で飲食するもの以外の飲食物の持ち込みは禁止です。したがいまして、お土産等は絶対にお持ち込みにならないようにお願いします。受付は萬年筆研究会【WAGNER】会員とそれ以外の一般入場者の方を別々に受付けします。並ぶ列が違いますのでお間違えのないように
スポンサーリンク

万年筆フォト

早速ですが、撮影させていただいた写真をいくつかピックアップさせていただきます。

デコカクノ

デコカクノ
まずは透明カクノ(カクスケ)をデコレーションした「デコカクノ」の集合写真。
今回のイベントではこんな素晴らしいカクノを作ってもらえるイベントも企画していました。

私も1本作ってもらいたかったのですが、ブースに行く時間が取れず断念。次の機会にはぜひお願いしたい!

149を背景ボケに使った贅沢な1枚

モンブラン149
こちら、モンブランマイスターシュテュック149。
149といえばモンブランの中でも最高峰の万年筆ですが149を背景ボケに使用して149を撮影するというなんとも贅沢なお写真です。
ちなみにペン先の形状は全て異なってて書き味も全て異なります。

軽井沢を意識した背景で


続いてはこちら。
軽井沢チックな背景の中での万年筆フォト。
絵になりますねー。

ペン先をクローズアップ!


こちらは万年筆のペン先と天冠にピントを狙ったフォト。
マクロ撮影は奥行きを合わせるのが難しく、こういった構図は高さを合わせるのに苦労します。(楽しい)


OMASのペン先も。

大切な方へのプレゼントをイメージ


続いてはパイロットカスタム743。
後ろにバラ(造花)を置いて雰囲気を出してみました。
個人的にはこの雰囲気好きです。

告白タイム!


可愛らしい女の子(白のプロギアスリム)に群がる男性をイメージしたフォト。
一緒にお出かけできるのは誰でしょう。笑

可愛らしい感じで^^


先日発売されたペリカンの特別生産品ターコイズホワイトです。
可愛らしい!

一本手に入れたいな〜と悩んでいましたが、あっという間に在庫がなくなっていってしまっておりますね^^;


ターコイズホワイト & ピンクホワイトの組み合わせも。

お迎えフォト


今回のペントレでお迎えした万年筆の記念フォト。
お迎えおめでとうございます!!

ヴィスコンティ


ヴィスコンティの万年筆を並べてパシャ。
かっこよく撮れました。(自画自賛)

集合写真


すっごい万年筆の集合写真です。
こちらに写っている万年筆だけで車が買えるお値段。左側に写っている149の2本が安い万年筆に感じてしまいます・・・。汗

和の雰囲気の中で


富士山を背景にカスタム漆を置いてみました。
赤漆、欲しいです。

チェキ


今回、撮影した写真は、後日メールにてお渡しする(無料)という企画ですが、1枚500円でチェキにするサービスも行いました。
チェキにするとチェキならではの雰囲気が出て良いですね。
たくさんの方々のチェキを作りましたが、みなさん喜んでくださって良かったです。

今回トータルで30名程の万年筆を撮影させていただきましたが、私自身が一番楽しんで盛り上がっていたようにも感じます。
唯一心残りだったのは、2日間万年筆をあまり物色できなかった事でしょうか。これだけたくさんの万年筆に囲まれたのに、1本もお迎えすることができませんでした。

次回もご縁をいただけたら撮影担当を致しますので、その際はぜひ愛用の万年筆を持って遊びに来ていただけたらと思います。その際はブログでも告知させていただきます!

コメント