トラベラーズノートのメンテナンス方法

トラベラーズノートメンテナンス後

最近私が行なっているトラベラーズノートの簡単なメンテナンス方法の紹介です。

トラベラーズノートを使用していると、大切に使っているつもりでもカバーの表面に傷がついてしまいます。1日カバンの中に入れていただけなのに傷が付いていることもありますし、1ヶ月も使用していると傷だらけになりますよね。

文房具屋の店頭に飾られているトラベラーズノートを見ると、いろんな人が触るので傷だらけになっているケースも多く、傷つきやすい印象から購入を躊躇している方も多いのではと思います。

今回は、最近私が行なっているカバーの簡単なメンテナンス方法を記載します。

スポンサーリンク
ad

トラベラーズノートは傷つきやすい

実はトラベラーズノートの特徴としてそもそも傷が付きやすいもので、トラベラーズファクトリーのウェブサイトでもその旨の記載があります。

こちらの文面ですね。

一般的にタンニンなめしの革は、硬くて加工しにくいことや表面の傷などが目立ちやすく、さらにコストが高いなどのデメリットがありますが、環境にやさしく、使うほどに美しく経年変化していくという革本来の魅力を持っています。
トラベラーズノートの革は、タンニンなめしの牛革にオイルを含ませることで適度な柔らかさを持たせ、自然な風合いを生かすため過剰な表面加工をせずにナチュラルな染色仕上げをしています。
そのため、所々に小さな傷やシワがある場合もありますが、それも個性として楽しんでいただければ嬉しいです。
永く使うほどに、手に馴染んでいき、色も深くなり傷も目立たなくなります。

http://www.tfa-onlineshop.com/mail/150227.html

そう、タンニンなめしの革は、クロムなめしに比べてると押されたら凹みっぱなしになる性質が強いため、爪や硬いものなどがあたると傷が付きやすい傾向にあるのです。


こういった傷が常に付きますよね。

このような傷は、実は革が線状に凹んでいたり摩擦によって表面が白っぽく見えているだけの為、比較的簡単に修復させることができます。

記事の最初にアップしている写真のトラベラーズノートは、傷がついたカバーのメンテナンスを終わらしたばかりの状態です。

ブラウンが購入してから約9ヶ月、オリーブエディションが購入して1ヶ月ほど。購入後はほぼ毎日持ち歩いていますが、新品とさほど変わらない表面状態+エイジングも進みツヤが出始めています^^

それではメンテナンスについて記載しますね。

日々のメンテナンスはブラッシングだけ

実は日々のメンテナンスは馬毛のブラシでブラッシングを行なっているだけです。ブラッシングを行うことでちょっとした傷のほとんどは目立たなくなります。

早速見てみましょう。

オリーブエディション

ブラッシング前

ブラッシング後

ブラウン

ブラッシング前

ブラッシング後

いかがでしょうか。
ほとんどの傷は目立たなくなっています。

本来ブラッシングは傷を消すための作業ではなく、汚れを落として良好なエイジングを促すための作業ですが、トラベラーズノートの場合、ブラッシングだけで傷が目立たなくなります。

尚、ブラッシング本来の趣旨(汚れを落として良好なエイジングを促すための作業)についても簡単に説明しておきます。

もともと革には脂分が含まれていますので、表面の汚れを落としてあげるだけで使っていくうちに自然な艶が出てくる訳ですが、逆に表面にホコリなどが付着していると脂分をホコリが吸い取ってしまい乾燥が進んでしまうんです。

洗顔しなかったり、お化粧を取らないと肌が劣化してしまうのと同じですね。

トラベラーズノートも同じで定期的にブラッシングをおこない綺麗な状態にし続けることで、革が呼吸して良いエイジングが進んでいくというイメージ。

良いエイジングを促進するとともに、日常できる傷は目立たなくなるという最高のメンテナンス方法なのです^^

私の場合は2,3日に1度程度の頻度でブラッシングをおこなっており、基本的にはこの作業だけで日頃の手入れはOKです。

すでに悪化が進んでしまっていたら

すでに乾燥が進んで健康状態が悪化してしまっているのであれば、革クリームでのメンテナンスが必要です。

クリームの使用はあくまで革の状態が低下した時の補助的なものですから頻繁に行う必要はありません。※頻繁に行いすぎるとデメリットが多くなるのでNGです。

クリームでのメンテナンス方法

1. 準備


私の場合、メンテナンスには上の写真の道具を使用しています。

・コロニル 馬毛ブラシ
・コロニル 1909 アプリケーションブラシ
・コロニル 1909 シュプリーム クリームデラックス
・コロニル 防水ウォーターストップスプレー

2. ブラッシング


まず馬毛ブラシでブラッシングを行い全体のホコリを落とします。

3. クリームを塗る


使用しているクリームは、コロニルのシェプリームクリームデラックス(カラーレス)
クリームは様々なメーカーから販売されておりますが、私は大のコロニル信者でずっとこれ1本で通しています。

アプリケーションブラシにクリームをつけて


満遍なくクリームを塗っていきます。
以前はブラシを使わずに指で塗っていた時期もありましたが、アプリケーションブラシを使うことで革の奥までクリームを染み込ませることができますので、最近はブラシを使うようにしています。

4. 拭く


ブラシを使って全体に塗ったクリームをしっかりと拭き取っていきます。
専用の布も販売されていますが、私は不要なタオルや靴下などを使っています。

5. ブラッシング

布で全体を拭いた後はブラッシングです。

6. 完成


最後に防水スプレーをかけて完成です。
この写真だと光の加減で見辛いので改めて外で撮影したものをアップします。

トラベラーズノートメンテナンス後

いかがでしょうか。
ブラウンに関しては購入して9ヶ月が経過しているとは思えないほど綺麗な状態で艶も出始めていると思います。

参考


こちらは参考までに、先日トラベラーズファクトリーにて、店頭に並んでいるトラベラーズノート(ブラウン)と並べて写真を撮らせていただきました。

店頭に並べられているものはさほどメンテナンスは行わずにエイジングが進んでいったものだと思いますが、元々が同じものだとは全く思えないような変わりようですよね。

トラベラーズノートは使い手によって多様なエイジングが進んでいきます。この傷だらけの状態を味として捉えることもできますので、どちらのエイジングが良いとは言い切れませんが、私は綺麗路線でエイジングを進めていきたいと考えています^^

トラベラーズノートの傷や劣化で悩んでいる方がいらっしゃいましたら、取り急ぎブラッシングだけでもぜひ試してみてください。

また傷が付きやすいのが嫌でトラベラーズノートの購入を躊躇されていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、今回の記事をぜひ参考にしていただければと思います。

ちなみにブラウンは購入後2,3度クリームを入れていますが、オリーブエディションはブラッシングだけのメンテナンスでどういったエイジングが進んでいくかを見てみたいでクリームは使っていません。(まだ買って1ヶ月というのもありますが)

半年後、1年後が楽しみですね^^


スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad