ペンケースもたまには磨いてあげましょ

ペンケースを磨く

靴磨きほど頻繁ではありませんが、1〜2か月に一回程度、身の回りの革製品を磨いてます。

革製品は愛着を持って丁寧に扱ってあげれば、良い風合いで経年変化していきます。

今回は普段使っている革製ペンケースの手入れをしました。

スポンサーリンク
ad

ペンケースの手入れ

基本的な流れは靴を磨く時と同じで、クリーナーで汚れを落としてミンクオイルで栄養を与えてあげる。

たった5〜10分程度の作業ですが、これを定期的にやってあげるだけで持ちが全然変わってきます。

革製品を放置しておくと乾燥してパサパサになってしまったり、ひどいとヒビが入ってしまったりしますが、適度に保湿を与えてあげることで柔らかい状態が保たれて、色合いも少しずつ変化していきます。

また、購入した直後ってなんとなく使いづらかったり手に馴染まなかったりするのですが、定期的なメンテをしていると、色合い・柔らかさ・使い心地などが自分好みに変わっているんですよね。

この変化はパッと変わるものではなく、数ヶ月・数年と長い時間とともに少しずつ変化していくものなので普段気づかないのですが、定期的に立ち止まって見てみると、あ、だいぶ変化したな〜という瞬間がきます。

個人的にはこの変化の過程が大好きです。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする