100円ショップダイソーで買える100円万年筆の書き心地

100円万年筆

昨日、ダイソー(100円ショップ)にて万年筆を売っているのを見つけました。
100円で販売されていたのは写真の2本。
1本目はプラチナのRiviere(リビエールで良いのかな?)と、ブランドは分からないですが、DAISO Japan の万年筆です。

万年筆といえば高級文房具という印象が強い中で、最近は低価格路線の万年筆が売れているのは知っていましたが、これまで一番安い万年筆はプラチナのプレピー(200円)だと思っていたので、100円で買えることには少々驚きです。

早速ですが2本とも購入して使用感を試してみました。
※二つともインクはカードリッジ式の万年筆で、カードリッジも販売されていましたが、今後使い続けるかどうか分かりませんでしたので、今回は購入しませんでした。

スポンサーリンク
ad

100円万年筆の書き心地

プラチナ万年筆 Riviere

プラチナ万年筆 Riviere

まず、プラチナのRiviereです。
非常に安っぽい印象が漂うプラスチック製の万年筆となり、カードリッジインクが1本付いています。
IMG_1054

回すとこんな感じで分離されますので、カードリッジインクを差し込んで

IMG_1055

元に戻す。

IMG_1056

完成です。

インクが出るようになるまで少々時間がかかりますが、問題なく書けました^^

プラチナ リビエールの書き心地

インクの色は限りなく黒ですね。
万年筆で黒インクを使うことがなかったのでちょっと違和感。

インクフローは悪くはありませんでした。

ただ、持った時のしっくり感という意味では、スカスカした感じで正直良いとは言えませんでしたね。

DAISO Japan の万年筆

次にブランドはわかりませんが、100円ショップダイソーの記載がある万年筆です。

ダイソー万年筆

見た目だけだと100円には見えません。

万年筆100円

キャップを開けたところ。
全然悪くないですね。

ダイソー100円万年筆の書き心地

書き心地も悪いとは感じませんでした。
インクのブルーブラックも悪くありません。

ダイソー100円万年筆の感想

書き心地

リビエールもダイソー万年筆も普通に書く分には特に問題なく書くことができました。
両者とも少し硬めの書き心地になりますが、万年筆ならではの書き心地であることは間違いありません。
ただ、少し粗めに書き続けていると、インクが途切れる部分があったりしましたので、その部分は少しマイナスポイントですかね。

デザイン

デザインに関しては、間違いなくプラチナリビエールよりもダイソー万年筆に軍配が上がります。

IMG_1070

こんな感じでペン差しに挿しておいても違和感は少ないですし、100円には見えませんね。

逆にプラチナリビエールは、見た目が非常にチープです。
両方売っていて、選ぶ選択肢が有るのでしたらダイソー万年筆を選んだほうが良いでしょうね^^

ダイソー100円万年筆は万年筆がどんなものか知りたい方にはオススメできる

1日触ってみて感じたのは、初めて万年筆を購入する方が万年筆ってどんなものなのかを確かめる意味で購入するのには良いかもしれませんね。
書き心地は間違いなく万年筆ですので。

一般的に万年筆は高級文房具のカテゴリに入ります。
金ペンを買えば万単位のお金が飛んでしまいますし、ステンレスノブであっても安くて1,000円〜3,000円しますので、まず万年筆がどんなものかを知る意味で購入するのであればお勧めできるのではないでしょうか。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする