万年筆のインクボトルのようなおしゃれな鉛筆削り【DUX インクボトルシャープナー】

DUX インクボトルシャープナー(鉛筆削り)

万年筆の後ろにあるボトル。パッと見、普通の万年筆のインクボトルのように見えますが、実は鉛筆削りです。
とてもおしゃれですね^^

この鉛筆削りはDUXという鉛筆削り業界では有名なメーカーが販売されているもの。

以前にもDUXの鉛筆削りについてブログで記載したことがありますが、DUXは削り心地に高い定評のあるメーカーです。

削り心地と木の香りを楽しむ。鉛筆削りの逸品 DUX シャープナー
子供の頃、父が鉛筆をナイフで削っていたのを見ていて、なぜ電動の鉛筆削りがあるのにナイフで削らなきゃいけないの? そんな質問を投げか...

とてもおしゃれなのでデスクに飾っておきたいですが、インクボトルの形状はデザインだけでなくダストボックスとしても大きな役割を発揮してくれますので、おしゃれ文具というより実用的な文具でもあるのです。

実際にどのように使うか見てみましょう。

スポンサーリンク
ad

DUX インクボトルシャープナー(鉛筆削り)


まず、こちらは普通に見た外観。これだけだとインクボトルのようにしか見えませんが、


上を覗くと鉛筆の削り穴がついています。


ボトルキャップを開けたところ。
キャップに鉛筆削りがついていて、ボトル部分がダストボックスになっています。


早速、鉛筆を差し込んでみます。


このように差し込んで、くるくると回すと、


しっかりと削れました。
削り心地もよし。シャリシャリと鉛筆を削っている音がなんとも心地よいです。
削りカスはボトルに収納されますので、手や周囲が汚れる心配はありません。


こちら削りカス。
綺麗に削れていますね!

いたってシンプルな作りですが、これだけセンスがあって実用的な鉛筆削りは少ないです。
デザインの仕事など鉛筆を使いつつ高いインスピレーションを求められる現場にデスクに置いておきたいですね。

カラーは、クリアブルー・クリアレッド・クリアオレンジ・クリアグリーン・クリアの5色。値段は800円。
ボトルはちゃんとしたガラス製の容器です。

販売会社について

このインクボトル型鉛筆削りはmoments株式会社が輸入販売を行なっております。

momentsさんの販売される製品はセンスの高いものばかりで、文具屋さんに置かれている製品の中にも実はmomentsさんの製品だったりすることも多いです。

ウェブサイトを見ると、「あ、この製品見たことある!」なんて製品もあるかと思いますので、ぜひご覧ください!

moments株式会社
http://www.momentscompany.com/

私は今回のISOTでご挨拶させていただきましたが、密かに狙っていた製品(ハサミ)がmomentsさんの製品だったのでそこから一気に親近感が湧きました。

ちなみに狙っているハサミはこちら。

TOOLS to LIVEBYという台湾のメーカーの「Scissors/シザーズ」というシリーズのハサミ。
ロフトでも取り扱っているので、見たことある方も多いのでは。

私は写真の奥の方にある細めのハサミ、シザーズ 6.5 TTLBを狙っています。
とにかくおしゃれですし、実際に切れ味を試させていただきましたが良い感じです。

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad