トラベラーズノート、デビューしました

トラベラーズノート

以前より気になっていたトラベラーズノート、ついに購入しました。
本体だけで4000円しますので購入するかしまいか悩んでいましたが、自分なりに購入する理由ができたので購入しました。
悩み始めて購入まで約3か月間かかってしまいましたが、これからはトラベラーズノートをしっかり使い倒していきたいです^^

スポンサーリンク
ad

購入した理由

さて、トラベラーズノートを購入した自分なりの理由を挙げると3つあります。

理由1

1つ目の理由は一冊のノートでプライベートと仕事を両立したかった事です。
複数のノートを持ちたくないので、これまで一つのノートに仕事の書き込みもプライベートの書き込みも雑多にしていたのですが、それだと不都合が生じる時があります。

トラベラーズノートの場合、リフィルを幾つか分けられますので、このリフィルはプライベート、このリフィルは仕事でと分担できるのではと感じたのが一つ目の理由です。

理由2

仕事上、長期間手元に残しておきたい書き込みがある。というのが二つ目の理由です。

私の仕事では、お客さんとの打ち合わせ内容をナレッジ化していくことで成約率を高めています。
「このお客さん・この担当者さんはこんな要望がある」みたいなものを日々の打ち合わせの中で蓄積していき、1度目の営業でダメでも2度目では確実に成約をもらうといったPDCAを回していくのですが、一般的なノートだと必要な情報以外にも書き込んでいってしまうため、数ヶ月で新しいノートに買い換えるといった作業が発生してしまいます。

また、雑多に書き込んでしまうと、あの時の情報ってどこに行ったかな?と、必要な情報を見つけづらいといった問題も発生してしまいます。

トラベラーズノートであれば、お客さんとの打ち合わせ専用のリフィルを準備しておき、そのリフィルはずっと持ち続ければ検索効率が高まるのではと感じたのが二つ目の理由です。

理由3

3つ目の理由は、トラベラーズノートを購入するのに抵抗を感じていた問題がほぼほぼ払拭された事です。

  • 革が分厚すぎてスマートじゃない
  • 革の色が自分好みじゃない
  • リフィルがお高め
  • デモ用としてお店で置かれているトラベラーズノートが妙に汚く経年変化している

以前の記事で上記の個人的な問題をあげてましたが、そのうちの幾つかの悩みが解決されたんですね。

一つ目の革が分厚いというのは、トラベラーズノートを気になりだしてちょくちょく眺めているうちに気にならなくなりました。慣れというのでしょうか^^;

二つ目の革の色の好みについては相変わらずですが、それ以上に使いたい理由が見つかったことが大きいですね。

三つ目のリフィルの値段については諦めます。
いろいろなブログで、リフィルを手作りしてコストを抑えている記事を見かけますが自分にはそれは出来ないと思いますので。(面倒くさがり)

四つ目の問題として抵抗を感じていたのが、本体の革の経年変化。

文房具屋にデモ用で設置されているトラベラーズノートを見ると、結構カサカサで汚いイメージが有りました。
革製品って使い込めば使い込むほど良いツヤが出ていくものですが、デモで置かれているトラベラーズノートを見るとそういったイメージが持てなかったというのが抵抗を感じていた理由でした。

ちゃんと手入れしていけば良い状態に変化していくはずだという思いはありつつも、どこの文房具屋でもデモとして置かれているトラベラーズノートは汚いというのが不安を煽っていたわけです。

先日、知人がトラベラーズノートを使っているのを発見し見せてもらったところ、良い感じで経年変化が進んでいたので、これなら自分もトラベラーズノートを愛着持って使い続けられると感じたのが3つ目の理由です。

数年後、どんな風合いになっていくのか楽しみです。

購入したリフィル

トラベラーズノートリフィル

そんな諸々の理由からトラベラーズノートと気になったリフィルを幾つか購入し、本日よりトラベラーズノートデビューすることになりました。

ちなみに写真の中の003番。
こちらは無罫のリフィルになりますが、トラベラーズノートの本体に付属もしていましたので購入は不要でした。。

トラベラーズノート付属品

ちゃんと書いてありましたね。

無罫ノートはストックしておいても良いので問題はないのですが。
みなさま、ご購入の際のリフィル選びでは、003の無罫リフィルは最初から付属されているとご認識ください^^

実際に使ってみた感触などは改めてレビューしたいと思います。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする