万年筆インクの紹介【PILOT 色彩雫 月夜】

色彩雫 月夜

本日は万年筆のインク紹介です。

万年筆にハマるとそれと一緒にインクの世界にも浸かってしまう方が多いです。

万年筆用のインクは各筆記具メーカーやインクメーカーが様々な色のインクを開発発売されており、美しい色を表現できるインクが数多くあります。

自分の好みの色合いで筆記することは万年筆の醍醐味の一つであり、好みのインクを探すために気づけば2本目、3本目と本数が増えていきます。

私の場合は最初万年筆を買うときにセットでインクを1本づつ購入しておりましたが、いつのまにかインクだけを購入してくるといったケースも増えており現在では20本近くのインクを保有しております。

ちなみにインクの世界に没頭していく人のことを「インク沼にハマる」とか「インク沼に足を踏み入れた」とか「インク沼に溺れる」といった言い方で呼ばれていますね。

私が知っている方でも40本以上のインクを保有している方もいらっしゃいますし、それ以上の方も多々。

そういった方々を見ていると20本くらいならまだ大丈夫と安心してしまうのですが、多分私もインク沼に足を踏み入れており、沼の住民の一人だと感じております。

1本あたり1000円〜3000円前後と気軽に購入できるのも危ないんですよね。

さて、本日はインク沼に足を踏み入れるきっかけとなったインク「PILOT 色彩雫 月夜」を紹介します。

スポンサーリンク
ad

PILOT 色彩雫 月夜

色彩雫 月夜
パイロット社の色彩雫シリーズは最近の万年筆+インクのブームを作ったと言えるインクシリーズ。
日本には美しい自然や景色が多く存在し、またそれ等には美しい名があります。 色彩雫シリーズは、その美しい情景をイメージして創造されたインクで現在24色のインクカラーが発売されています。

インクカラーのみでなくインクボトルもおしゃれで美しく、部屋にオブジェとして飾っておいても良い雰囲気を醸し出してくれますね。

僕の月夜ボトルはインクをこぼして汚くなってしまっておりますが^^;

また、色彩雫は大きなボトルで1本1500円と比較的安価な価格帯であることもありがたいです。

発売されている24色一つ一つの色合いが美しくいつも購入する際に悩むのですが、現在は4本の色彩雫を持っており、その中でも真っ先に購入したのが月夜でした。


※用紙はツバメ中性紙フールスを使用

月夜はその名の通り月の出ている夜の空気感・色合いをイメージした色合いで、青い空がだんだん暗くなり夜になっていった時のような色合い。また、単純なブルーブラックではなく若干緑がかってもいます。

でも緑が強いわけでもなく、ブラックが強すぎるわけでもなく、明るいブルーブラックというような難しい表現の色合い。
月の出ている夜の中でも明るい夜を表現しているのでしょうか。

普段使いの色としてちょうどよく購入してから数年が経ちますが、今でも外せない主力級のインクです。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする