トラベラーズノートプチカスタマイズ。ブラスボールペンを鉛筆に。

トラベラーズノートのパスポートサイズとブラスペンです。
いたってシンプルな構成ですが、ちょっとだけカスタマイズしてみました。
カスタマイズの趣旨として、このトラベラーズノートはメモ帳として使っておりますので、サクッと取り出してサクッと書ける方が良いです。
で、できれば鉛筆で書きたいという私のちょっとした願望がありまして。

パスポートサイズのトラベラーズノートにサイズ的に合う鉛筆チックなペンで私が保有していたのが、ファーバーカステルの「エモーション ウッド&クローム 梨の木」というツイスト式のペンシルでしたのでこちらを使用していました。

エモーションウッドは1.4mmという太めの芯ですので、メモに最適ですし大人が使っていても違和感なく使えます。

これはこれで良いのですが、ちょっとトラベラーズノートっぽさが欠ける事と、ペンが太いのでトラベラーズノートとセットで胸ポケットに入れておくと嵩張ってしまうので代替えのものを探していました。

2つのリフィルを入れたパスポートの厚さと同じくらいの太さです^^;

トラベラーズファクトリーが販売しているブラスプロダクトの鉛筆を挿せれば、トラベラーズノートとのデザイン的な相性も良いし厚みもエモーションウッドと比較すると抑えられるのですが、ブラスペンのペンシルは消しゴムが付いていてトラベラーズノートにぶら下げてもつ事が出来ないんですよね。

この写真はトラベラーズファクトリーから販売されているブラスボールペンですが、こんな感じで本体と連携させて使いたいのです。
それで思い立ったのが、ブラスボールペンのボールペン部分を取り外して鉛筆を挿せないかという事。

こちらの写真の真鍮(ブラス)部分とペンの部分を取り外して、同社が販売している鉛筆リフィルを挿し込む事が出来れば解決します。

実際に取り外しを試してみたところ、

簡単に取外せました。

ボールペンと鉛筆の太さは同じように見えますので、とりあえず挿してみます。

挿さりました^^

鉛筆削りで削って、本体はブラスボールペン・中身は鉛筆バージョンの完成です。

この形であればブラスペンとトラベラーズノート本体との脱着はシンプルで、一手間で取外せます。

急いでメモを取りたいときは鉛筆だけ取り外すことも可能です。

短いので書きやすいとは言えませんけどね。
急ぎのメモ時ならOKです。

このカスタマイズの場合、正規の鉛筆ブラスペンと比べて消しゴムが使えなくなりますが、消しゴムはメモなら必要ありませんので不要です。

当面この形で運用してみたいと思います。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad