油性ボールペンで一番の極細芯ジェットストリーム0.38mmが4&1として登場

ジェットストリームの4色ボールペン+シャープペンである、ジェットストリーム4&1のラインナップに0.38mmという極細タイプが加わりました。これまで4&1のラインナップは0.5mmと0.7mmでしたが多色使いがベースで極細字が書きたい方にとっては嬉しい発表です。

なお、ジェットストリームの0.38mm芯はこれまでにも販売されており、多色ペンでは黒・赤・青の3色ボールペンで普通に発売されています。


0.38mm芯の3色ボールペン(ジェットストリーム)。

また、この3色ジェットストリームの替え芯は4&1の替え芯と同じものですので、4&1に0.38mmの芯を入れて使う事も可能です。

ジェットストリームの極細芯 0.38mm はジェットストリームの中で一番自分好みかも。
ジェットストリームの芯のサイズは一般的な0.5mmと0.7mm以外に、0.38mmの極細芯と1.0mmの極太サイズの芯があります。イ...
私も以前、4&1ピュアモルトに0.38mmの芯を入れて使っていた事がありました。

ただし、0.38mmには緑が存在しなかった為、黒・赤・青の3色を0.38mmにして緑は0.5mmを使うという運用がこれまでのマルチペンでは一番の極細だったと思います。

ですので今回の新たに緑色の0.38mm芯が新規に開発されて4&1として発売された形になります。

0.5mmよりも細いカラー芯は需要が少ないのか開発が難しいのか分かりませんが、他のメーカーを見てもラインナップが少なく、黒・赤・青・緑の4色を開発し発売してくれた三菱鉛筆さんには改めて感謝ですね。

スポンサーリンク
ad

0.38mm芯を装着

さて今回、新たに発売された0.38mmの4&1では限定のボディカラー(ミントグリーン、ベリーピンク)も販売されており心揺らぎましたが、私は替え芯のみ購入して既に持っている4&1(ピュアモルト)に装着してみました。


ジェットストリーム4&1ピュアモルト 0.38mmバージョンです。


保有している4&1を並べてみました。左から0.7mm芯・0.5mm芯・0.38mm芯が挿さっています。こう比べてみると、0.38mm芯がかなり細いのが伝わりますね。

続いて筆記比較。

同じくジェットストリーム4&1の各ラインナップで2mmの方眼用紙のマス目にひらがなを書いてみました。

0.38mmと0.5mmの差はあまり無いようにも見えますが、よく見比べると少しだけ細いのが分かるかと思います。
0.7mmだとやはり相当窮屈になり、またジェットストリームの場合太芯になると滑らかに書けすぎて滑ってしまい小さな文字には向かないようにも感じます。

ジェットストリームの細芯はどちらかというとカリカリ気味に筆記できる為、小さめの手帳を使う方などにはちょうど良くお勧めできます。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Ki より:

    トモエリバーとの相性を考えると手帳づかいも悩ましいですよね
    自分はトモエリバーとジェットストリームを天秤にかけて
    結果ジブン手帳bizに落ち着いたと信じています

    • Stationery Life より:

      kiさん、コメントありがとうございます!
      おっしゃる通りですね。
      トモエリバーはシステム手帳使いにはやっぱり外せなくて(収納力が魅力)、さらには小さい文字も書きたい時があって2つの相性が良ければ最高なのになーって思う時が多々あります(^^;
      bizの選択、素晴らしい選択だと思います(^。^)