パイロット S3(エススリー)シャーペンの魅力

パイロットS3(エススリー)

本日はパイロットから発売されているSシリーズのシャーペンの中でS3(エススリー)の紹介です。

Sシリーズは、S3、S5、S10、S20 と4種類が発売されており、S3は一番低価格で一般的な普及品の位置付け。

定価は300円です。300円といえどカテゴリとしては製図用シャーペンの部類にも入れる基本性能を持つシャープペンで、多くの方に愛され続けているのが納得できるシャーペンだと感じています。

勉強・一般事務はもちろん、製図用としての利用も可能な口金デザイン。芯径は、0.3mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・0.9mm と豊富に揃っており好みや用途に合わせて選択が可能です。

ボディーカラーも豊富で、現在計10色が販売されています。

スポンサーリンク
ad

S3の良いと感じるところ

同価格帯の中で非常に美しいデザイン

300円のシャーペンですのでもちろん高級感が有るわけではないですが、透明度の高いスケルトンカラーが中心でとても綺麗です。
私は透明ブルーを持っていますが、この色合いは個人的に大好きです。

また、全体的なディテールとして、口金から軸の中心に向かって僅かに太く膨らんでいき、中心からキャップに向かっては細く絞られる形状をしています。

口金から中心に向かって太くなっていくことで、縦の滑り止めになっているように感じられます。

S5のラバーグリップや、S10のローレッドなどに比べればもちろん劣りますが、この形状だけでも良い仕事をしてくれているのではと感じます。

消しゴムに突き針がついている

S3の突き針

S3には突き針がついています。
突き針ってシャーペンの芯のつまりを清掃する為にあるのですが、最近は突き針がついたシャーペンって少なくなっているように感じます。
最近ではあまり芯が詰まることもない気がしますが。

ただ、日常生活においてもこの突き針を使いたくなるケースって、年に何回かあるんですよね。
だからこの突き針付きであることは本当にありがたいです。
ちなみにSシリーズには全てこの突き針がついています。

販売しているお店が多い

気に入ったシャーペンは常に使いたいものです。
S3は一般普及品であり多くの文房具屋で販売されているので、身近なところで購入可能です。
S5やS10は販売されてなくても、S3は販売されているんですよね。
さすがにコンビニやスーパーでは見かけませんが。

S3とS5の違いについて

Sシリーズでは、S3 の上位モデルとして S5(エスファイブ)があります。
S5の上位モデルが S10。

S3とS5の形状は似ていますが、下記の部分が違います。

グリップ部分

S3とS5の違い

赤いのがS5、青がS3ですが、S3はプラスチックであるのに対して、S5はラバーグリップです。
S5の方がしっかりとしたグリップ感がありますが、S3を使っていたとしても滑る感覚は特にありません。
※S5を使った後に、S3に切り替えると少し不安はありますが最初からS3であれば問題はないです。

芯硬度表示窓

S3とS5

S3には芯硬度表示窓は付いていませんが、S5には芯硬度表示窓がついています。
300円という安価なシャーペンですので、コストカットで省かれたのでしょう。
まあ、一般用途がベースで製図用としても使えるというコンセプトなので^^

重心の位置

S3とS5の重心の違い

S3とS5を比較すると、S5の方が低重心です。グリップ部分がラバーかプラスチックの差で重心が変わってきます。
個人的には低重心の方が書きやすいので、この辺りはS5に軍配が上がりますが、ここは人の好みにもよってきます。

S3とS5とS10の重心比較

ちなみにS10とも比較すると、S10が圧倒的に低重心なのがわかりますね^^

S3の魅力は同価格帯のシャーペンの中で、デファクトスタンダード的立ち位置のシャーペンに感じます。
クルトガやデルガードなどのようなインパクトのある機能はありませんが、同価格帯のシャーペンの中で、デザイン・基本性能といった部分がしっかりしており、どんなシーンでも活躍できるシャーペンなのかなと思っています。

世間では学生からも絶大な人気を誇っているようですね。
一般用途として使ってもよし、初めて使う製図用シャーペンとして使ってもよし(もちろん通常の製図用シャーペンとしても)いろいろな使い道のあるシャーペンです^^

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする