サクラクラフトラボ001(SAKURA craft_lab series 001)がカッコよすぎる件

ボールペン

サクラクレパスから2017年10月に発売された SAKURA craft_lab(サクラクラフトラボ)をお迎えしました。

発売の発表でデザインに心を奪われ、実物を見て触って質感に悶絶してしまった1本です。真鍮×アクリルで作り上げられたボディの質感の素晴らしさ、シックなデザイン、そして個人的には真鍮が使用によって味を出していくもの楽しみで仕方ありません。

また、一緒に発売されたインクリフィルの色合いがこれまた素敵で、大人の遊び心にグサッと突き刺さる出来となっています。

価格は5,000円と国産の筆記具では高めですが、他の海外ブランドで同様のものを発売したら1万円は下らないと感じます。

高級筆記具らしく専用パッケージに梱包されていましたので、開封の儀を行ってみたいと思います。

スポンサーリンク

SAKURA craft_lab series 001開封の儀

サクラクラフトラボ001
こちらSAKURA craft_lab series 001のパッケージ。
パッケージからして名前のクラフト感が醸し出されており、ワクワク感が止まりません。

サクラクラフトラボ001
パッケージをとじるのにクリップを使っているのがニクい演出です。

サクラクラフトラボ001
開封!

サクラクラフトラボ001は、5色+2色(初回限定モデルの黒と白)のカラーが展開されており、私はブルーブラックを選びました。本当はボルドーブラックが欲しかったのですが売り切れてしまっておりまして^^:

ただ、どのカラーも洗練された色合いで、どのボディカラーを選んでも後悔はしないはず。というよりも出来れば全色揃えたくなります。インクも5種類ありますし。

サクラクラフトラボ001
パッケージから取り出してみました。
最初に手に取った時の印象は重厚感。ズシッとした重みを感じるとともに、真鍮の素材感が伝わってきます。

真鍮だけの作りだと無骨な表情になりがちですが、ボディのアクリル部分は「スモークガラス」のような繊細な手触りが実現されており、上質な表情になっています。
特設サイトによると、「粉を吹かないようにブラスト具合を微細にコントロールした上で、表面にグリスとワセリンを調合し、絶妙なニュアンスをつくりあげた」とのこと。
また、このアクリルが微妙に透ける色合いで内側の真鍮の色とのバランスが独特の深みのある表情になっています。

ペン先部分。
少し太めのボディ・グリップ部分からペン先へと流れていく角度ってボールペンによって様々ですけど、個人的にはこの角度が好き。

ペン芯は後ろの天冠部分を回転させることで芯を繰り出します。

天冠部分は、このサクラクラフトラボ001の特徴で、サクラクレパスのロゴでもある桜のマークが刻印されています。
真鍮の天冠とサクラクレパスのロゴがマッチしていますね。可愛らしいサクラマークがかっこよく見えるのは僕だけでは無いはず。

こちらが分解写真。
全てのパーツが真鍮+アクリルで構成されており、作りに対してのこだわりが感じられます。

書き心地とインクカラー


さて、肝心の書き心地とインクカラー。
サクラクラフトラボは水性ボールペンの部類に入るもので、私はあまり水性インクを使用していません。普段は油性ボールペンのみ。

インクはベースとなるブラック、ブルーブラック、ブラウンブラック、ボルドーブラック、グリーンブラックの5色の黒です。
5種類の黒と言うように、パッと見はほとんど黒でカラーチャートのように並べても色合いの比較が難しいのですが、ほんのりとブルーが混ざっていたり、ボルドーが混ざっていたりといった色合い。この辺りは開発チームのセンスが素晴らしいと言うしかない絶妙な色合いです。

クラフトラボ001と同色のインクで仕事してたらおしゃれ感が半端ないですね。

また、水性インクならではのスーッとインクの出てくる心地よさは油性ボールペンでの書き味とは違った楽しさがあります。

育てるのが楽しみ


さて、今回発売されたサクラクラフトラボ001の特徴は何と言っても真鍮で作られたボディです。
真鍮といえば使い込んでいくうちに味の出てくるのが大きな醍醐味で、私自身、そういったエイジングが大好きな人間です。

当面主力ボールペンとして使用して、ボディの経年変化を楽しみたいと思います。

コメント