シャープペン

ぺんてるスマッシュ限定カラーがロフトで限定発売

昨日雑誌を立ち読みしていたところ、ロフト(Loft)にてぺんてるスマッシュの限定カラーが発売される記載がありました。 雑誌名は忘れてしまいましたが、ある雑誌の「2016年に売れる商品特集」といった企画の中でスマッシュの限定カラ...
シャープペン

芯ホルダーについて

鉛筆と変わらない書き心地で、シャープペンに近い機能を持つ芯ホルダー。 使い始めると非常に愛着が湧いてきます。 どこに愛着?と言いますと、芯を入れ替えて使うことができるので、お気に入りの芯ホルダーを見つければそれを長く愛用でき...
革製品

ペンケースもたまには磨いてあげましょ

靴磨きほど頻繁ではありませんが、1〜2か月に一回程度、身の回りの革製品を磨いてます。 革製品は愛着を持って丁寧に扱ってあげれば、良い風合いで経年変化していきます。 今回は普段使っている革製ペンケースの手入れをしました。 ...
スポンサーリンク
シャープペン

廃番になったシャープペン ぺんてるグラフ600を横浜市内の文房具屋で発見

廃番になってしまい、最近ではなかなか手に入らなくなってしまったぺんてるグラフ600。 たまたま横浜市内の東急ハンズに立ち寄ったところ販売されているのを見つけ購入しました。 グラフ600は以前使っていましたが無くしてしまってい...
シャープペン

ファーバーカステル エモーション ウッド&クローム 梨の木 書きなぐる事に徹せられるシャープペン

客先や人前で恥ずかしくないシャーペンを使いたい。 でも、メモや議事録が中心だからとにかくスピーディーにガシガシと書きなぐる事に徹せられるシャーペンが欲しい。 予算は5,000〜7,000円程度。 そんな方にオススメしたいの...
文房具屋

文房具も安い!世界堂 新宿本店に行ってきました

額・絵・画材 日本一安く売ると言われている店 世界堂 新宿本店に行ってきました。 世界堂の池袋店にはちょくちょく足を運んでいましたが、本日新宿三丁目駅に立ち寄る予定があったため、ついでに立ち寄ってみました。 世界堂 ...
シャープペン

ぺんてるスマッシュとグラフ1000どっちが書きやすいのかを個人的に比較・検証

以前の記事でも紹介した、ぺんてるスマッシュ。 個人的な書きやすいシャーペンランキングでも間違いなく上位に食い込んでくるシャープペンです。 スマッシュはぺんてる社の製図用シャープペンシルであるグラフ1000を一般向けに書きやすくすると...
シャープペン

握った形をキープするシャーペン「ぺんてるセルフィット」の書き心地

ぺんてるから発売されている握った形を覚えるペン「セルフィット」。 グリップは握った形に変形し、その形をキープするため、常にグリップが指にフィットする。グリップ内部には約4000個のビーズとゲルが含まれており、それらの組み合わせが独...
シャープペン

発売から25周年。疲れにくいペンの王道 Dr.Grip ドクターグリップ

疲れにくいシャーペンといえば、多くの人が挙げるパイロットのドクターグリップ。 ほとんどの家庭に1本はあるのではと思われる、まさしく疲れにくいペンの王道です。 ドクターグリップが世に出たのは1991年ですので、気づけば発売から...
ボールペン

ファーバーカステル芯ホルダーで4cリフィルを使わずにジェットストリームのカスタマイズペンを作る。

ジェットストリームを好みのペンで使いたい。 人とはちょっと違うこだわりを、みたいなところで話題になっているボールペンのカスタマイズ。 4c規格のジェットストリームリフィルが販売されたことで、4c規格のペンであればジェットスト...
ボールペン

社会人のビジネススタイルに着目した新作ジェットストリームが限定数量販売

ジェットストリームの2016年度の新作が6月15日に数量限定で発売されましたね。 今回のコンセプトは、【「社会人のビジネススタイルに着目」~ビジネスシーンでもおしゃれを楽しめるカラーデザイン~】。 軸デザインをシックな黒を基...
文房具屋

六本木といえばファーバーカステル直営店。鉛筆から万年筆までよりどりみどり

昨日仕事で六本木東京ミッドタウンに行く用事があったので、そのついでにミッドタウン3階にあるファーバーカステルの直営店に足を運んでみました。 ファーバーカステル直営店の店舗の直面には、銀座伊東屋の六本木店があり、文房具好きにはたまらない...
その他

削り心地と木の香りを楽しむ。鉛筆削りの逸品 DUX シャープナー

子供の頃、父が鉛筆をナイフで削っていたのを見ていて、なぜ電動の鉛筆削りがあるのにナイフで削らなきゃいけないの? そんな質問を投げかけた事があります。 その時の答えは、「これが良いんだよ。」 長い時間をかけて何本もの鉛筆...
シャープペン

大人の鉛筆 – 木のぬくもりが最高に懐かしい2mm芯シャープペンシル。いや、芯ホルダー。

先日、シャープペンシルの太芯について色々お話しましたが、数年前に太芯ブームの立役者となった大人の鉛筆を紹介します。 「大人の鉛筆」は北星鉛筆さんが創業60週年を記念して発売された鉛筆のようなシャープペンシル。 北星鉛...
シャープペン

ロットリング300,500,600 シャープペンの重心を比べてみた

ロットリング社の主流となる製図用シャープペンである、300シリーズ、500シリーズ、600シリーズ。 全体的なデザインは統一されているものの、それぞれに特徴がありどれもが甲乙つけがたいクオリティを担保してくれます。 私は最初...
シャープペン

世間では太芯のシャーペンが人気!その理由を考えてみたところたどり着いたのは安心感

太芯シャープが大人気ですね。 「大人の鉛筆」を筆頭に、各社が太芯のシャープをこぞって販売しています。 メディアでもちょくちょく取り上げられていますので、人気にも輪が掛かっているようですね。 日本でのシャープペンシルの一...
スポンサーリンク