【9/4(土)20:00~9/11(土)01:59】楽天スーパーSALE開催!万年筆・ボールペンなどの筆記具もセール対象に

ミラブルとミラブルプラスとの違いとは? 効果・仕様などを徹底的に比較します!

4 min 6 views

テレビCMなどで話題のミラブルプラスには、従来品「ミラブル」があります。

従来品を買った人や、これからミラブルプラスの購入を考えている人は「どこが違うのか」気になりますよね。

そこで、ミラブルとミラブルプラスとの違いと共通点をまとめて紹介しましょう。

5000円のギフト券を還元中!

ミラブルとミラブルプラスとの最大の違いは?

ミラブルとミラブルプラスとの細かい違いを見ていく前に、まずは最大の違いについて説明します。従来品を買った人がプラスを再購入する決め手にはなりませんが、ここが一番の目玉なんですよ。

トルネードスティックが付属する

ミラブルプラスから、トルネードスティックというカートリッジが付くようになりました。

このカートリッジには亜硫酸カルシウムというものが入っていて、水道水に残っている塩素の80%を除去してくれます。

水道水は浄水するときに塩素を使っているんです。人体に明らかに害の出る濃度ではもちろんありません。

じゃあ、除去するとどうなるのか? 見ていきましょう。

塩素を除去するとどうなる?

塩素は水道水を浄水するときに使う、殺菌剤のような役割をしています。これが水道水に溶け込んでいるわけです。なんとなく「塩素が水道水に含まれる」というと、体に悪そうなイメージがありますよね。

健康に害のない濃度になってはいるものの、肌が弱い人はなるべく塩素を浴びないほうが良いんです。

特にアトピー性皮膚炎の人は、水道水の残留塩素が悪化因子となる可能性が少なからずあると言われているので、取り除いたほうが良いんですよ。

さらに、水道水の残留塩素が髪に付着すると、髪に含まれるたんぱく質が酸化・分解されてしまいます。これがフケ、かゆみ、枝毛、切れ毛の原因になるんです。

つまり、塩素除去機能が付いているカートリッジを使うことにより、「肌に優しく」「髪に優しい」シャワーを浴びることができるということですね。

ミラブルとミラブルプラスとの性能の違い

ミラブルとミラブルプラスとの最大の違いは、カートリッジだと紹介しました。ただ、それ以外にも細かな性能の違いがあるんです。そんなミラブルプラスの性能面の違いを紹介しましょう。

バブル量が多くなった

ミラブルには、ウルトラファインバブルが含まれています。

1マイクロメートル以下の小さな小さな気泡が、毛穴の奥深くにまで入り込んで、汚れを取り除いてくれるのがミラブルの売りなんです。洗剤を使わなくても水と空気の力だけで汚れを落とせるので、肌がデリケートな人や髪の毛を大切にしている人にとってはありがたいんですよね。

体を洗うときもそうです。

人間の体はボディソープを使ってナイロンタオルでゴシゴシしなくても清潔になると言いますが、実際普通にシャワーするだけだと不安なもの。

だけどゴシゴシすると肌が弱い人にとっては、肌荒れの原因になります。

ウルトラファインバブルがしっかり汚れを洗い流してくれるので、ボディソープをつけたタオルでゴシゴシと洗いたくない人にはミラブルは朗報だったわけです。

そんなウルトラファインバブルの寮ですが、従来のミラブルは1ccあたり約1400万個含まれていました。

これだけでも「すごくたくさん含まれている」ということがわかりますよね。

しかし、ミラブルプラスは1ccあたり約2000万個含まれるようになったんです。

つまり、より洗浄力が高くなったということですね。

節水効果が高くなった

従来品のミラブルが販売されたときも、一般的なシャワーヘッドを使うより節水効果が高いという売り文句がありました。

この節水効果も、ミラブルプラスのほうが高くなっているんです。

ミラブルはストレート水流で約15%、ミスト水流で約60%の節水に成功しています。お肌にも優しく財布にも優しいのが、魅力だったわけです。

一方ミラブルプラスは、ストレート水流の節水率が約25%にアップしました。ミスト水流の節水率は変わりませんが、ストレート水流をよく使う人にとっては嬉しいことではないでしょうか。

ミラブルとミラブルプラスの共通点まとめ

これまで、ミラブルとミラブルプラスとの違いを説明してきました。ただ、共通点もたくさんあるんです。従来品を買った人は、ここを見てから「プラスを買うかどうか」判断しましょう。

水流の切り替えはどちらも可能

ミラブルプラスには、ストレート水流とミスト水流という2つの水流があります。サラッとこの2つの水流の節水効果を語りましたが、ここで改めて両者の水流の違いを紹介しましょう。

ストレート水流

ストレート水流は、いわゆる普通のシャワーの水流です。まっすぐに勢いのある水流が、シャワーヘッドから放出されます。水圧が強めなので、短時間でシャンプーを洗い流したいときや、ヘッドスパ効果を期待したいときに使える水流です。

ミスト水流

ミスト水流は、きめ細かい半ミスト状の水流が放出されます。水圧がかなり弱いので、敏感肌の人にはぴったりです。使い分けるなら、ミスト水流は洗顔やクレンジング、メイク落としなどに使うのが良いでしょう。

ストレート水流にはマイクロバブルが含まれていて、ミスト水流にはウルトラファインバブルが含まれています。

マイクロバブルは直径1~100マイクロメートルの気泡で、ウルトラファインバブルは直径1マイクロメートル以下の気泡です。

どちらも洗浄力が高いものの、肌に優しいうえに高い洗浄力を期待するならミスト水流を使ったほうが良いという感じですね。

この便利な水流の切り替えは、従来品でもプラスでも可能です。

トルネードスティックは別売りで使用可能

ミラブルプラス
ミラブルプラスを購入すると最初からトルネードスティックが付属する

最初に「ミラブルとミラブルプラスとの最大の違い」として紹介したトルネードスティックですが、従来のミラブルとの互換性があります。

そのため、従来品に取り付けることも可能です。ただし、別売りで購入する必要があります。価格は税込3190円です。

一方ミラブルプラスを正規代理店から購入した場合は、ひとつ無料で付属されます。

どちらでもトルネードスティックがあれば塩素除去機能は使えるけど、プラスを買うと付属するという感じですね。従来品を買った人にとっては、プラス最大の目玉であるトルネードスティックがそのまま使えるのはありがたいでしょう。

温浴効果・保湿効果はどちらも同じ

ミラブルは高い温浴効果と保湿効果があります。

一般的なシャワーヘッドを使ったときと比べると、平均して3.6倍の温度上昇が期待できるんです。忙しい朝にシャワーだけササッと浴びるときでも、しっかり温まることができます。

朝から温まって血行を促進することで、活動しやすくなり、朝ごはんを食べたあとのカロリー消費も捗るんですよ。

それだけでなく、温まることで血行が促進されると、抜け毛防止、フケ・肌荒れ防止、頭痛防止などの効果も得られます。

また、ミラブルの水流は細かい泡のようなものがあり、肌に浸透しやすいんです。そのため、保湿効果も期待できます。

この2つの効果は、従来品もミラブルプラスも同じです。

ミラブルとミラブルプラスとの価格差

ミラブルは税込4万1800円で売られていました。

ミラブルプラスは税込4万4990円で売られています。価格差は、3190円ですね。面白いことに、トルネードスティックを単体で購入したときの税込価格と同じなんです。

性能が高くなっているにもかかわらず、トルネードスティックを単体で購入したときと同額の金額差しかないのは凄いですよね。しかも、ミラブルプラスにはトルネードスティックが付属してきます。

従来品を買わなかったけどプラスに興味が出てきたという人にとっては、嬉しい金額差なのではないでしょうか。

結論:ミラブルプラスは性能が高くカートリッジが付属する

ここまでミラブルとミラブルプラスとの違いや共通点を紹介してきました。

結局のところ、違いはこうです。

  • プラスのほうがウルトラファインバブルの量が多い
  • プラスのほうが洗浄力が高い
  • プラスのほうが節水効果が高い
  • プラスにはカートリッジが付属する

従来品は現在製造終了になっているので、新規の人はプラスを買うしかありません。

ただ、従来品を購入した人にとっては悩みどころです。

塩素除去機能が欲しいだけなら、カートリッジを追加購入するだけで良いでしょう。

ただ、より高い洗浄力を欲する人はプラスを追加購入しても良いのではないでしょうか。欲しいのが節水効果だけなら、しばらくは従来品を使ったほうが良いかもしれません。ランニングコストを抑えても、初期費用が4万4990円かかりますからね。

5000円のギフト券を還元中!

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券の購入(チャージ)がポイントが付いておすすめです。

現金チャージすると、通常会員で2.0%、プライム会員なら最大2.5%ポイントをゲットできます!

定期的にAmazonでお買い物するならチャージをぜひ活用しましょう

▶Amazonギフト券の購入(チャージ)はこちらから可能です!

よしぞー

よしぞー

万年筆、ボールペン等の筆記具沼・ゲーム沼・美容沼、そして革沼など複数の沼のほとりにて、物欲のままに暮らしてます。このブログは使用した物のレビューを中心に好きなことを気ままに書いてます。ご覧になられた方が一人でも多く沼に堕ちてくれたら嬉しいです。

カテゴリー:
関連記事