【楽天お買い物マラソン1/9スタート】事前エントリー受付中・ポイント最大43倍!

フリーランスの災害対策!いざというときのために検討したいオンラインストレージサービス5選

仕事で使う大切なデータを災害から守るため方法は様々。

分かりやすいところで言えば、外付けHDDなどのバックアップ装置を用意して定期的なバックアップをとる事ですね。

フリーランスの場合、基本的には自宅にてデータを保存する形をとっています。

しかし、万が一の災害時、バックアップデータがパソコンやサーバと同じ場所にあった場合、両方とも被害を被ってしまう可能性が高いです。

企業などでは、災害からデータを守るために、離れた場所にデータを分散させて大切なデータを保存するという対策を行います。

例えば東京と北海道の2箇所のデータセンターにデータを保存して、東京で災害が起きても北海道にもデータが保存されているから大丈夫というイメージです。

このような災害対策を行うには多くの費用をかけてバックアップ環境を作る必要があったのですが、近年ではクラウドサービス事業者が、非常に安価な値段でサービスを提供してくれるオンラインストレージサービスが登場しました。

このサービスを利用することで企業だけでなく、個人でもクラウドを活用したバックアップ環境を持つことが可能になりました。

ここではデータバックアップの観点にて主要なオンラインストレージサービスの説明と紹介します。

フリーランスがオンラインストレージを導入する5つのメリット

オンラインストレージの導入で得られる主なメリットは6つあります。

離れた場所にデータ置くことができる

オンラインストレージサービスを利用すると、データはオンラインストレージを提供するクラウド事業者のデータセンターに保存されます。

自宅のパソコンや外付けHDDだけでデータを管理しているケースでは、もし自宅が災害にあってしまったらデータを守ることは難しいですが、オンラインストレージを利用して、データセンターにデータを保存しておけば万が一の際のバックアップが可能です。

オンライン上に保存されたデータは自動でバックアップされる

オンラインストレージに保存されたデータは、クラウド事業者側で自動的にバックアップをとってくれます。パソコンが故障した場合に備えて、データのバックアップをこまめに取っておくことが大切ですが、オンラインストレージにデータを置くことで、手動でバックアップをとる必要がなくなります。

また、クラウド事業者もデータを守るためにさらなるバックアップ体制をとっていますので、自宅に保存するよりも安心して保管することが可能です。

低コストで導入できる

オンラインストレージサービスの特徴は、低コストで導入できることも上げられます。多くのサービスでは無料で使える容量がありますので、まずはどんなものかを試してみて、良ければ有償に切り替えるという運用ができます。

また有料の場合でも、月額1000円程度で大容量のスペースを借りることができるので、さほどコストをかけずに運用が可能です。

複数の端末からアクセスできる

現在は複数のパソコンを使い分けるユーザーも多いです。自宅ではデスクトップPCで作業を行い、外出時はノートパソコンで作業を行うというケースですね。

オンラインストレージであれば、インターネットを使える環境なら、どこからでも同じデータにアクセスできますので、これまでのようにパソコン間でデータを行き来させたり、USBメモリなどを使ってデータ移動する必要がありません。

ファイルを一元管理でき、ファイル共有や共同編集が可能

オンラインストレージは、企業のファイルサーバのような運用方法が可能です。利用者のファイルを一元管理でき、閲覧権限をつけたりすることが可能ですので、チームでデータを共有する際にも便利です。

また、他のユーザーとのファイル共有や共同編集が行いやすいです。メールなどでデータを共有しなくとも、インターネット上で同じファイルを利用できるので送受信する手間がなくなります。

オンラインストレージサービスおすすめ5選

Box

Boxは、クラウドストレージサービス界隈では主流となっているオンラインストレージサービス。世界で7万社以上が利用しているセキュリティ重視のサービスで、国際的なコンプライアンス、セキュリティ規格をクリアしており、国家機密情報を管理できるほどのセキュリティを持ち合わせています。

自分でセキュリティレベルがコントロールできるうえに、コラボレーションスペースを設定して共同で作業したり、ユーザーによって権限を付けたりとファイルサーバのような使い方ができます。

重要な情報を共有することが多く、セキュリティ対策を重要視したいユーザーに向いています。

なお、個人利用の場合プランは、IndividualPersonal Proの2種類があります。

  • 10GBの無料ストレージが使用可能
  • 高度なセキュリティ
  • 他のユーザーと共同で使用する事が可能(フォルダによって権限を付けられる)
 IndividualPersonal Pro
用途ファイルをセキュアに保存して、場所を選ばずアクセス可能にする、個人ユーザー向けのプランです。個人ユーザー向けプランをより柔軟に、大容量にアップグレードするプランです。
料金無料1,200円/月
ストレージ容量10GB100GB
アップロード容量ファイルアップロード: 250MBまでファイルアップロード: 5GBまで

Dropbox

Dropboxは無料で2GB、友だち紹介やTwitterのフォローなどによって最大16GBまで無料でデータを保存でます。パソコン内のフォルダを操作する感覚で使用できるのでクラウドサービスだと意識せずに使う事ができます。

  • 無料で最大16GBまでの無料ストレージが使用可能
  • オフラインでのファイル編集と同じ感覚で使用可能
 無料版PlusProfessional
用途ちょっとしたプロジェクトで通常量のファイルを保存し共有する場合は、2 GB の容量を無料で利用可能個人用の写真からビジネス用のドキュメントまで、すべてのファイルを 1 か所で安全に保管。リンク済みのデバイスからいつでも必要なファイルにアクセスできます。十分な容量と高度な機能で 1 日の作業を効率的に進め、クライアントに満足のいく仕事を提供できます。
料金無料1,200円/月2,000円/月
容量2GB2TB3TB

iCloud

iCloudはAppleが提供しているクラウドサービスでMacはもちろん、iPhoneやiPadなどのApple製品との親和性が高いサービスです。iCloud常に保存されたデータは、他の端末にも自動共有されるため、Macで作ったデータをiPhoneで閲覧する、またその逆といった利用の仕方が本当に便利です。

無料で5GBのストレージが活用できますが、5GBは一般的に使っているとすぐになくなってしまう容量。私自身も2TBのプランを契約し、写真データ等も含め全てiCloud上にバックアップを取っています。

  • Mac、iPhoneやiPadなどのApple製品と連携しやすい
  • 無料で5GB分の無料ストレージが使用可能
容量5GB50GB200GB2TB
料金無償130円/月400円/月1,300円/月

OneDrive

  • 無料で5GBまで無料ストレージが使用可能
  • オフラインでのデータ保存、編集も可能
  • SSLで暗号化しているので安心してデータの送受信が可能

OneDriveはマイクロソフトが提供しているサービスです。無料で5GBまで使用できますが、別途有償で100GB、1TBのプランもあります。1TBのプランはWordやExcel、PowerPointなどのOfficeソフトが使用可能です。また、オフラインでファイルが利用できるのも特徴です。

プランOneDrive Basic 5 GBOneDrive 100 GBMicrosoft 365 Personal
容量5GB100GB1TB
料金無料224円/月12,984円/年
備考ストレージのみストレージのみ Word,Excel,PowerPoint,Access等のOfficeソフトの利用権が含まれる

Google ドライブ

Googleが提供しているオンラインストレージサービスで、GoogleのスマートフォンPixelシリーズのデータバックアップ・連携などに向いています。Pixelユーザー以外でもデバイスを選ばずに簡単に使用できて、無料のストレージも15GBと豊富です。

  • Googleアカウントがあれば15GBまで無料ストレージが使用可能
  • Gmail、カレンダーなどGoogleの提供する様々なサービスが利用可能
  • 検索性に優れている
  • ファイルやフォルダを共有可能
容量15 GB100 GB200 GB2 TB
料金無料250円/月
または年2,500円
380円/月
または年3,800円
1,300円/月
または年13,000円

オンラインストレージを活用してデータを安全に保管しよう

オンラインストレージを導入するメリットと合わせ、5つのオンラインストレージサービスを紹介してきました。

オンラインストレージは毎月のコストがかかるというデメリットはありますが、安価な料金で自宅ではない場所にデータを保管できるという災害対策として大きなメリットがあります。

万が一災害が有った際でもデータを無くさないような環境を構築したいですね。

\今すぐフリーランスエージェントに登録しよう/

今すぐフリーランスになる気がなくても、エージェントへの登録は済ませておくことをお勧めします。

理由はストレスや疲労が限界に達してからだと遅いから。

あわせて現在の自身のフリーランスとしての価値・単価相場を把握できますし、条件にあった案件をキャッチできるようになるので、いざフリーランスになろうとした際に早期に手が打てます。

エージェント登録は無料なので、今はフリーランスにならなくとも登録だけはしておくべきです。

真っ先に登録すべきエージェントは、フリーランス業界最大手であるレバテックフリーランス。高い営業力と合わせ、平均年収862万円と高単価案件が豊富でフリーランス登録者数No1を誇るエージェントです。

案件紹介のみでなく、フリーランスエンジニアとして働くための様々なサポートも充実していますので、初めてフリーランスに挑戦する方も安心です。

よしぞー

よしぞー

万年筆、ボールペン等の筆記具沼・ゲーム沼・美容沼、そして革沼など複数の沼のほとりにて、物欲のままに暮らしてます。このブログは使用した物のレビューを中心に好きなことを気ままに書いてます。ご覧になられた方が一人でも多く沼に堕ちてくれたら嬉しいです。

関連記事