【ポイント最大43倍】・楽天スーパーセール半額 12/11まで!

Windows上にLinux環境構築をインストールする方法を24枚のキャプチャを交えて解説

前回の記事では、Linuxについて、歴史や特徴を説明しました。

https://digital-camera.jp/?p=25187

Linuxの一番の特徴は、Unixを参考に開発されたOSであるという事、オープンソースであるという事が挙げられます。

そして、その安定性とコストパフォーマンスからサーバ向けOSとして大きなシェアをもっています。

AmazonのAWS(Amazon Web Service)Microsoft のAzure、GoogleのGCP(Google Cloud Platform)など、大手のクラウドサービスの中でも提供されており、ソフトウェア開発環境や、WEBサーバなどでは、ほぼ標準OSと言っていいほど使用されています。

Windowsサーバの場合、その表示内容や画面操作については、普段使用するPCと大差ないため問題なく操作できますが、Linuxの場合はコマンドラインからの操作が基本という点で、マウス操作やタブレット操作に慣れた人はある程度の学習と操作、コマンド発行への慣れが必要です。

そこで、サーバを使用することなく、自分のPC内にLinux環境を構築する方法をご紹介します。

WindowsにLinux環境を構築する

Windows10にはWSL(Windows Subsystem for Linux)という機能があり、これを有効化する事で、Windows上でLinuxを起動する事ができます。Windows10(バージョン1709以降)が対象となります。

バージョンの確認は以下のリンク先を参照してください。

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1707/31/news028.html

Linux環境構築は、2020年3月に公開された「Windows 10 バージョン 2004」では、WSL2が公開されています。それまでのWSLと比較してパフォーマンスの向上や、メモリ使用量が少ないなど複数のメリットがあるため、ここではWSL2をインストールします。

構築手順については、マイクロソフトの公式情報がとても参考になります。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-win10

Windowsの設定変更

まずはWindowsを設定変更し、WSLを使用可能な状態にします。

コントロールパネルから、「プログラムと機能」を選択してください。

表示された画面で、「Windows10の機能の有効化または無効化」を選択してください。

「Linux用 Windowsサブシステム」、「仮想マシンプラットフォーム」のチェックボックスをONにします。

再起動を要求されたら、再起動します。

Windows再起動後、従来のWSLではなくWSL2を使用するようにWindowsを変更します。
Powershellを管理者で開き、以下のコマンドを実行します。

コマンド:wsl –set-default-version 2

この時、以下のメッセージが出力した場合は、カーネルの更新が必要です。

“WSL 2 を実行するには、カーネル コンポーネントの更新が必要です。”
※環境によっては、英語で表示される可能性もあります。
“WSL 2 requires an update to its kernel component. For information please visit https://aka.ms/wsl2kernel”

カーネルの更新

カーネルの更新が必要なメッセージが出力した場合は、対応する必要があります。
手順については、「https://aka.ms/wsl2kernel」を参照します。

カーネル更新プログラムパッケージのダウンロード

以下のリンク先から最新のパッケージをダウンロードします。

http://aka.ms/wsl2kernelmsix64

ファイルのダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

ファイル名:wsl_update_x64.msi

「NEXT」をクリック。

環境によっては、以下のポップアップが表示される可能性があります。
表示されたら「はい」をクリックしてください。

完了。「Finish」を選択。

WSL2を規定のバージョンとして設定する

前の手順で、「カーネルの更新が必要~」と表示されたコマンドを再度実行し、
最初に実行した時のメッセージが表示されない事を確認します。

コマンド:wsl –set-default-version 2

Linuxのインストール

Windowsの環境設定が完了したら、次はLinuxのインストールです。
まず、Microsoft Storeを開きます

表示されたStore画面の右上の検索マークをクリックし、検索欄にLinuxと入力してください。

Linuxと検索すると以下のように表示されます。
様々なアプリが表示されますが、何を選択すれば良いか迷った場合は、日本語で情報量の多いディストリビューションを選択すれば、今後困った事があった際に解決しやすいです。今回は「Ubuntu」を選択します。

ちなみに、以下の画面では、「Ubuntu」、「Ubuntu 20.04 LTS」、「Ubuntu 18.04 LTS」と名称だけのものと、英数字が含まれているものが複数表示されます。これは、「Ubuntu」が最新バージョンで、その他の2つは、Ubuntuの特定のバージョンを意味しています。

バージョン番号の後ろの3文字の英字「LTS」は、「Long Term Support」の略です。通常最低9か月のサポート期間が、LTSの場合は最低5年間サポートされます。そのため、特定のバージョンを指定したインストールが可能となっています。

特に要件の無い場合は、最新バージョンとなる、「Ubuntu」を選択しましょう。

もし、以下の画面が表示された場合は、使用される環境に合わせて選択してください。
今回は「必要ありません」を選択します。

(ダウンロード開始時)

(ダウンロード中)

特に何もすることはありません。
インストール完了まで進みます。

(インストール中)

(インストール完了後)

これでインストールは完了です。とても簡単ですね。
「起動」をクリックする事で、この画面からそのまま起動できます。

あとで起動する場合は、Windowsのスタートメニューから起動します。

インストール後の確認

Ubuntuのアプリを起動すると、黒い画面が表示されます。
これをターミナルといいます。

初回起動時には、インストール中の文字が表示されます。
数分待ってから、Enterキーを押してください。

(初回起動時)

ユーザ名の入力を求められますので、Ubuntu操作用のユーザ名を入力します。
Windowsと一緒にする必要はありません。
この際、ユーザ名に、「root」は使用できません(環境構築時に既に作成されているため)

その後パスワードを入力すると、インストール完了となります。
※パスワード入力時、入力したパスワードは表示されませんので、入力した文字を忘れないように気を付けてください。

(例:rootを作成しようとして、システムから拒否され、ユーザ(user01)を作成)

WSLのバージョン確認

インストール完了後、想定通り、WSL2を使用しているか確認します。
管理者権限で、Powershellを開いて、コマンド発行します。

コマンド:wsl –l -v
以下のように、VERSIONの列に、「2」が表示されていればOKです。

もし、「1」が表示された場合は、以下のコマンドを実行し、WSL2に変更します。

コマンド:wsl –set-version Ubuntu 2

インストールまとめ

ここまでの手順でWindows PCにLinux環境(Ubuntu)をインストールし、環境構築する事ができました。

Linuxは、コマンド入力による操作が基本です。

パソコン、タブレット、スマホに慣れていると、最初は大変難しく感じますが、慣れてしまえば、マウスを操作する事が煩わしく感じることもあります。

今回構築した環境は、自分のパソコンの中だけの環境なので、制限なく自由に好きな事を行う事ができます。

おかしくなったらまた最初からインストールすれば大丈夫です。

ぜひ、環境構築して、様々な操作を試してみてください。意外と簡単に覚える事ができます。

\今すぐフリーランスエージェントに登録しよう/

今すぐフリーランスになる気がなくても、エージェントへの登録は済ませておくことをお勧めします。

理由はストレスや疲労が限界に達してからだと遅いから。

あわせて現在の自身のフリーランスとしての価値・単価相場を把握できますし、条件にあった案件をキャッチできるようになるので、いざフリーランスになろうとした際に早期に手が打てます。

エージェント登録は無料なので、今はフリーランスにならなくとも登録だけはしておくべきです。

真っ先に登録すべきエージェントは、圧倒的に多くのクライアントを開拓しているDYMテック。2500社の優良な取引先と、条件交渉力が強く高条件で仕事を紹介してくれるエージェントです。

案件紹介のみでなく、エンジニアとしてのキャリア相談や業界動向のキャッチアップなど、フリーランス対してのサポートも充実していますので、初めてフリーランスに挑戦する方も安心です。

よしぞー

よしぞー

万年筆、ボールペン等の筆記具沼・ゲーム沼・美容沼、そして革沼など複数の沼のほとりにて、物欲のままに暮らしてます。このブログは使用した物のレビューを中心に好きなことを気ままに書いてます。ご覧になられた方が一人でも多く沼に堕ちてくれたら嬉しいです。

関連記事