極細なのに滑らかに書ける万年筆 カスタムヘリテイジ912 PO。習字や手帳におすすめ!

万年筆レビュー

手帳やノートに細かな文字で筆記したい時、硬筆習字で丁寧な文字を筆記したい時におすすめなのがパイロット社から発売されているPO(ポスティング)という特殊ペン先の付いた万年筆です。

この特殊ペン先の万年筆は、カスタム743、カスタム742、カスタムヘリテイジ912の3種類のシリーズから発売されておりますが、私はカスタムヘリテイジ912のPOを保有しています。

パイロットのイベントにて筆圧測定をしてもらった際に、スタッフから「習字をするならポスティングがおすすめ」と言われ購入に至りました。ペン先が下向きに曲がっている特殊ペン先で、筆記面が見やすく極細の線が安定して書き続けられるのが特徴とお話しいただいた記憶があります。

実際に使用してみると単なる極細で視界が見やすいだけでなく、万年筆ならではの素晴らしい筆記感を味わえる万年筆で、大変重宝することになりました。

今回はこのカスタムヘリテイジ912 PO(ポスティング)についてレビュー・感想をお話しします。

カスタムヘリテイジ912 PO(ポスティング)

万年筆だからこそ味わえる筆記感と筆跡があります。ペン先のたわみを活かして抑揚のある文字を書く、滑らかな筆記感でぬらぬらとした書き心地を楽しむ、またインクの濃淡を味わうなどなど。

しかし極細万年筆はそのような恩恵は得られず、字幅が細くなるほど紙面に対しての滑らかさは減りカリカリとした筆記感になります。また一部のフレックス系ペン先を除いてはしなりも少ないものが多いです。

POの字幅は極細(EF)となります。パイロットからは「ペン先を下向きにした硬めの極細字」と紹介されつつ、筆記ポイントの見易さが特徴といっった話を受けました。

ペン先の先端が下向きに曲げられており、一見すると滑らかさとは無縁と言うか、いかにも引っかかりそうな印象を受けます。

ペンポイントが紙面にあたる角度


まず、ペン先が下に折れ曲がっている事で他の万年筆とどう変わってくるのかについて。上の写真は、右が一般的なペン先の万年筆で、左がPO(ポスティング)です。
 
自然に書くだけで、通常の万年筆よりもペンポイントが立て気味に紙に当たっているのが伝わりますでしょうか。

万年筆は一般的に寝かして書きます。寝かして書く事で、筆圧や向きによって良い意味でインクの流量が変化して味のある文字になるのですが、極細文字においては常に安定した細い線を書き続けたい為、そういった万年筆ならではの書き味(仕組み)が邪魔する事もあります。

細線を書く時はペン先を少し立て気味に書くと筆圧の影響を受けにくくなり、細く安定した筆跡を得られるのですが、それを意図的にペン先の形状で実現させたのがPOという訳です。

普通の万年筆と同じ感覚で筆記しても、ペンポイントが紙面に対して立て気味に接するので、結果的にペン先が開きにくく安定した極細が得られるという理屈ですね。

改めて下向きに曲がっているPOのペン先です。


書くまでは曲がっていることに違和感を感じますが、書き始めてみると、ペン先を当てたいポイントにしっかりと当てることが出来て書きやすいですよ。

POの利用シーン


さて、私がPOを利用する主なシーンは習字と手帳です。

習字での筆記はお手本を見ながらお手本通りに書いていくことを求められますが、ポスティングは安定した極細の線になりますので、習字にはもってこいです。

またPOの面白いところは、極細なのにも関わらず紙面へのあたりが非常に滑らかなこと。それとともに適度にペン先が少しだけしなりますので、筆圧の強弱を繊細に筆跡として残してくれるように感じられました。

習字では力を入れるポイント、抜くポイントがありますが、そういった力の入れ具合が綺麗に筆跡として残ってくれるのです。(絶妙にバランスが良いのです)

また極細であるがゆえ細かな文字が筆記できますので、手帳での筆記にも重宝しています。極細でありつつも、ボールペンなどでは表現できない味はしっかり出すことが出来るのが嬉しいです。

極細万年筆は高速筆記には向かないと言われますが、POで普段のメモやノートを取っていてインクフローが悪くなるというストレスは感じたことはありません。もちろん太字でぬらぬらと書ける万年筆と比べると高速筆記に向きませんが、一般的な速度での筆記には問題なくフローはついてきます。スラスラと書き流していく事も可能です。


ロイヒトトゥルム1917のドット方眼ノートに筆記した写真です。ロイヒトトゥルム1917の方眼は5mm方眼ですが、きちんと余裕を持って文字が収められています。

バレットジャーナルを万年筆で書きたいと思いつつ、細かい文字を書くと文字が潰れてしまうため万年筆ではなく極細のボールペンで筆記されている方は多いと思いますがPOなら問題なく極細の文字が筆記できます。

ちなみに一般的に極細と言われるEFとの比較ですが以下となります。


※EFはパイロット社のデスクペンを使用しています。

POの方が一回り細い線が書けているのが伝わるかと思います。

PO のラインナップについて

PO(ポスティング)はパイロット独自の特殊ニブになりますが、以下の3種類のシリーズから発売されています。

  • カスタム743
  • カスタム742
  • カスタムヘリテイジ912

このうちカスタム743は、14K 15号のペン先。カスタム742とカスタムヘリテイジ912のペン先は、14K 10号となっており、743だけが一回り大きなペン先となっています。

値段はカスタム743が30,000円、カスタム742とカスタムヘリテイジ912は20,000円です。

購入する際にカスタム743POも試筆して比べてみましたが、筆記感においてはどちらが書きやすい・書きづらいというのはありませんでした。どちらも同じように書きやすかったです。

カスタム743とカスタムヘリテイジ912では912の方がボディが一回り小さくなりますが、そのサイズ感はとてもバランスが取れていて持ちやすい事もあり、カスタムヘリテイジ912のポスティングを選びました。

以上、カスタムヘリテイジ912POのレビュー・感想とさせていただきます。

コメント

  1. […] 極細なのに滑らかに書ける万年筆 カスタムヘリテイジ912 PO少し前ですが、PILOT CUSTOM HERITAGE 912 PO(カスタムヘリテイジ912 ポスティング)をペン習字の昇級のお祝いに購入しました。 実は […]

  2. […] 極細なのに滑らかに書ける万年筆 カスタムヘリテイジ912 PO少し前ですが、PILOT CUSTOM HERITAGE 912 PO(カスタムヘリテイジ912 ポスティング)をペン習字の昇級のお祝いに購入しました。 実は […]