【パイロットS20】木の優しい温もりと経年変化を楽しめる長く使っていきたいシャープペンシル

S20 シャープペン

パイロットの製図用シャープペンシルのフラッグシップモデル。
学生から大人まで人気の高い「S」シリーズ(S3、S5、S10、S20)の中で最上位に位置するモデルで、カバ材を使った木軸タイプの製図用シャープペンです。

カバ材で作られたボディは独特の雰囲気を醸し、手にして伝わってくるのは木軸独特の心地よい触り心地と温もりです。木ならではの質感がなんとも言えませんね。

今回はS20のレビューをいたします。

スポンサーリンク

パイロット製図用シャープペンS20レビュー


S20の特徴は何と言っても木軸であること。

カバザクラ等の樺の木(カバ材)を使用して作られており、木軸独特の質感も素晴らしいのですが、長く使っていくうちに木のボディに艶が出て変化するエイジング(経年変化)を楽しむことができます。

長年の使用で艶の出た木軸は味わい深く、所有する喜びを感じさせるものでもあります。

なおS20で使用されているカバ材は、カバ材をそのまま使うのではなく、樹脂を染み込ませる「含浸(がんしん)=コムプライト」という技術を用いて耐久力を飛躍的にアップさせています。単なる見た目の美しさだけでなく、日常でしっかりと使っていくことを配慮した、美と強さを兼ね備えた素材になっています。

また、ボディ全体が複雑なカーブを描いたフォルムも美しいですね。
この曲線美は、パイロット社の技術の高さを証明していますが、単にカーブを描かせるのではなく、このカーブよってペンを握った時のグリップを高めています。

一般的に製図用シャープペンはローレット加工グリップやラバーのグリップでグリップ感を担保しているのですが、木で作られたS20ではカーブによって手が滑らない様に配慮がされています。実際に使用してみるとペン先からボディ中心へ向けて膨らんでいく形状によりグリップ感を担保してくれます。

木のサラサラとした触り心地なのに滑りづらいというのは少し不思議な感覚ですし、また、木軸は汗を吸い取りますので汗で滑ってしまうリスクも少ないです。

ぱっと見は木で作られただけのシャープペンシルですが、様々な部分で高度な加工技術が垣間見られるシャープペンなのです。

商品概要

カラーは、ブラック、ブラウン、マホガニー、ダークブラウン、ディープレッドの5色。
芯径は0.3mmと0.5mmを用意※ブラック、ブラウン、マホガニーは0.5mmのみ。
定価は税抜きで2,000円です。

仕様

ガイドパイプ

S20
ガイドパイプは4mmとなっており、筆記時の視界が広く確保できる作りです。

チャックリング


金属タイプのチャックリングが採用されています。
同社のSシリーズ(S3、S5、S10)のチャックリングは樹脂でできており、差別化が図られているようですね。

芯硬度表示窓

S20

S20には、現在入れている芯の硬さが確認できる芯硬度表示窓が、キャップについています。写真では2Bとなっていますね。
こちら2H、H、F、HB、B、2Bの6硬度を切り替えることができますので、入れた芯が何だったか忘れてしまうことを防いでくれます。

経年変化


本記事を書いているタイミングで使用し始めて1年半程度ですが、購入当初と比べてだいぶ艶が出てきました。

これからもさらに味わい深くなっていくことを考えると楽しみでしかたありません。

なお元々は中央のリング部分にS20の刻印がありましたが、使い込んでいくうちに剥がれてしまいました。こういった劣化も木軸がベースだと味に感じるのが良いですね。

まとめ

定価2,000円というと、高額なシャープペンの部類に入りますが、やはり木で作られたシャープペンであり長期的なエイジングを楽しんでいけることは大きな魅力です。

基本スペックも整っており素材感も素晴らしく、学生でもビジネスシーンでも普段使いのシャープペンとして気取らずに人前でも使えるシャープペンだと感じます。先日、お付き合いのある女性営業さんがS20を打ち合わせで使用していましたがとても魅力的に感じました。

長く使っていく日々のパートナーとしてオススメしたいシャープペンです。

学生さんにも人気の高いシャープペンですから、プレゼントとしてS20をチョイスしても喜ばれること間違いありません。

コメント

  1. だいこん より:

    初めてコメントさせていただきます。
    最近文房具に興味が湧いてきてよくブログを拝見させていただいています。物欲が止まらないのですが、そんな物欲を止めることのできるようなシャープペンシル、4色ボールペンを探しています。(笑)
    あまり几帳面になり過ぎなくても長持ちするものがいいのですが、製図ペンはそういった用途では適さないのかなと思いまして…口金が曲がってしまったり。
    s20はデザイン的にもいいなと思うのですが、レグノはどうでしょうか?

  2. Stationery Life より:

    だいこんさん、初めまして。
    コメントありがとうございます^^

    > 最近文房具に興味が湧いてきてよくブログを拝見させていただいています。物欲が止まらないのですが、そんな物欲を止めることのできるようなシャープペンシル、4色ボールペンを探しています。(笑)


    私も物欲を止める筆記具を探しているのですが、残念ながら物欲は高まる限りでございます^^;

    ご質問いただきましたレグノですが、とても良い選択だと思います!
    レグノはS20と比較して太めの作りになっており全体的なバランスにおいて(特にノック部分〜クリップ部分にかけて)高級感がありますので、どんなシーンでも活躍されるのではと感じています。

    おっしゃる通りS20のようにガイドパイプが曲がってしまう心配もありませんし、内部の芯チャックは金属製でS20と変わりありませんので構造的な耐久性も高いかと。

    長く使っていく中で傷などは出来てしまうと思いますが、木軸だとそういった傷も味として見ることができるのが良いですよね。
    そういった意味も含め、几帳面になり過ぎずにいられるのもポイントだと感じます^^

  3. […] […]