【パイロットS20】木の優しい温もりと経年変化を楽しめる長く使っていきたいシャープペンシル

パイロットS20 シャープペン

パイロットS20

パイロットの定番製図用シャープペンシルの上位モデルであるS20(エストゥエンティ)。
このブログ内で写真としてはたまに出していますが、S20の紹介ってしていなかったなと思いますので改めてレビューを。

S20は、パイロットの製図用シャープペン「S」シリーズのラインナップ(S3、S5、S10、S20)の中の最上位になるモデル。
Sシリーズの数字は、【S3:300円、S5:500円、S10:1,000円、S20:2,000円】と、そのまま金額に直結するので分かりやすいです。

スポンサーリンク

Sシリーズの特徴

パイロットSシリーズシャープペン
写真の左から、S20、S10、S5、S3。
S20、S10、S5、S3のそれぞれの特徴について記載しますと、

S3(エススリー)

S3(エススリー)は300円と手頃な値段でありつつ製図用シャープペンに匹敵する筆記性能と、スケルトンを中心としたカラーバリエーションで発売以来、学生を中心に高い人気を誇っています。
細身のボディデザインは女性にも好まれています。
また、多くの文房具屋で取り扱っており、手に入りやすいのも嬉しいですね。

ボディ素材はグリップ部分を含め樹脂で作られています。

価格:300円+消費税
芯径:0.3、0.4、0.5、0.7、0.9mm

S5(エスファイブ)

S5(エスファイブ)は、グリップ部分がラバーで覆われた低重心モデル。
S5より上位モデルのノブには芯硬度表示窓が付いておりますので、使用している芯の濃さが一目で分かります。
500円という値段ながら製図用シャープペンとしての機能をしっかりと担保したシャープペンとなっています。

価格:500円+消費税
芯径:0.3、0.4、0.5、0.7、0.9mm

S10(エステン)

S10(エステン)はSシリーズの中で上位モデルにあたり、グリップ部分がローレット加工で仕上げています。
ローレットモデルだけあってグリップ力が高く、また重心が低く安定した書き心地が味わえるシャープペンとなります。

価格:1,000円+消費税
芯径:0.3、0.4、0.5、0.7、0.9mm

S20(エストトゥエンティ)

S20(エストトゥエンティ)は、Sシリーズの最上位モデルで、ボディ全体が樹脂を混在させた木で作られています。
ベースとしてはS20のボディは樺の木(カバ材)で作られておりますが、カバ材に樹脂を染み込ませる「含浸(がんしん)=コムプライト」という技術で耐久力を強化しており、デザインのみでなく実用面でも非常に優れたシャープペンに仕上がっています。

価格:2,000円+消費税
芯径:0.3、0.5mm
ボディカラーは、ダークブラウンとディープレッドの2種類

S20 の使用感

S20を手にした際、木独特の温もりがなんとも心地よく、グリップ感も悪くありません。
S20を購入前、S10のローレットに比べて滑りやすいのではという不安もありましたが、そういった不安は一切なくS20のペン先からボディ中心へ向けて膨らんでいく形状がしっかりとグリップ感を担保しています。

重心は中心よりも少し低重心気味の位置にあり、安定した筆記ができます。

PILOT Sシリーズの重心
※写真はPILOT Sシリーズの重心。上から S20、S10、S5、S3。
中心のリングよりやや手前に重心が来ています。
シリーズ全体を比べるとS10が最も低重心で、S20とS5がその次に来ています。
S20で感心するのが、一般的に重心の低いシャープペンはグリップ部分の素材によって(ローレットやラバーなど)重心の位置が変わってくるのですが、S20はボディの形状によって重心位置が設計されていること。
木軸を加工することによってこの形状を作り出していることに、PILOT社の技術力の高さを感じられますね。

Sシリーズのチャックリング
こちらはSシリーズのチャックリング部分。
S3,S5,S10はチャックリングが樹脂でできていますが、S20は金属で出来ておりこういった部分でもこだわりを感じられます。
芯チャックはシリーズ全て金属で作られています。

パイロットSシリーズシャープペン
ガイドパイプはシリーズ統一で4mmとなっており、筆記時の視界が広く確保できます。

2,000円というとちょっと高めのシャープペンになりますがそれなりの高級感もあり、学生でもビジネスシーンでも普段使いのシャープペンとして気取らずに人前でも使えるペンです。
先日、お付き合いのある女性営業さんがS20を打ち合わせで使用していましたがとても魅力的に感じました^^

また、木軸はエイジング(経年変化)という長く使っていくうちにボディに艶が出てとても味わい深い佇まいになっていきます。
私自身、S20は昨年末に購入して使い始めたばかりですので、まだ経年変化については楽しめていませんが、これからどのように経年変化が進み味わい深くなっていくのか楽しみです。

コメント

  1. だいこん より:

    初めてコメントさせていただきます。
    最近文房具に興味が湧いてきてよくブログを拝見させていただいています。物欲が止まらないのですが、そんな物欲を止めることのできるようなシャープペンシル、4色ボールペンを探しています。(笑)
    あまり几帳面になり過ぎなくても長持ちするものがいいのですが、製図ペンはそういった用途では適さないのかなと思いまして…口金が曲がってしまったり。
    s20はデザイン的にもいいなと思うのですが、レグノはどうでしょうか?

  2. Stationery Life より:

    だいこんさん、初めまして。
    コメントありがとうございます^^

    > 最近文房具に興味が湧いてきてよくブログを拝見させていただいています。物欲が止まらないのですが、そんな物欲を止めることのできるようなシャープペンシル、4色ボールペンを探しています。(笑)


    私も物欲を止める筆記具を探しているのですが、残念ながら物欲は高まる限りでございます^^;

    ご質問いただきましたレグノですが、とても良い選択だと思います!
    レグノはS20と比較して太めの作りになっており全体的なバランスにおいて(特にノック部分〜クリップ部分にかけて)高級感がありますので、どんなシーンでも活躍されるのではと感じています。

    おっしゃる通りS20のようにガイドパイプが曲がってしまう心配もありませんし、内部の芯チャックは金属製でS20と変わりありませんので構造的な耐久性も高いかと。

    長く使っていく中で傷などは出来てしまうと思いますが、木軸だとそういった傷も味として見ることができるのが良いですよね。
    そういった意味も含め、几帳面になり過ぎずにいられるのもポイントだと感じます^^