【プラチナ万年筆 #3776 センチュリー】それぞれの字幅のレビュー

プラチナセンチュリーシリーズ 万年筆レビュー

プラチナ万年筆の#3776センチュリーシリーズです。気づけば私が保有しているセンチュリーは10本となりました。10本のセンチュリーの中には一般的に普及されているセンチュリー以外にも、薫風や六花などのプラチナ社が出している限定品、銀富士・センスケ、ワーグナーなど専門店や団体のコラボ品なども含まれます。

センチュリーシリーズの字幅は、UEFという超極細から始まり、EF(極細)、F(細字)、SF(細軟)、M(中字)、B(太字)、C(極太)の6種類が基本の字幅としてラインナップされており、それ以外にMS(ミュージック)ニブが発売されています。オーソドックスな字幅UEF〜Cに関しては、通常価格13,000円、MSは20,000円という価格帯ですね。

また、以前は通常品として発売されていましたが、現在では限定品でしか販売されなくなったSM(中軟)という字幅も存在します。

なお、私のセンチュリーシリーズは、MS(ミュージック)以外の字幅が全て揃うことになりました。ミュージック系のペン先はあまり得意ではないため購入を躊躇っているのですが、ここまで揃えたんだから全部揃えようよという自分と戦っているところ。機会があればお迎えしたいと思います。

今回はそれぞれのセンチュリーについてお話ししたいと思います。
また、UEF、EF、F、SF、M、B、C、そしてSMと、それぞれの字幅についてレビュー致します。

スポンサーリンク

プラチナ万年筆#3776センチュリーレビュー

色合い

まずセンチュリーの色合いですが、これまでの定番カラーとしては、ブルゴーニュ(赤)・シャルトル・ブルー(青)・ブラックインブラック(黒)の3色でした。他にもロジウムメッキされたもの、ニースシリーズ、富士旬景シリーズ、富士五湖シリーズなど様々なシリーズや限定モデルがありますが、一番オーソドックスなタイプは上記の3つだと思います。

2018年にシュノンソーホワイトとローレルグリーンが定番色として登場したことで、なんとなくの色カテゴリが、ブルゴーニュ(赤)・シャルトル・ブルー(青)・ローレルグリーン(緑)、赤・青・緑の定番カラーと、ブラックインブラックとシュノンソーホワイトのカラーみたいな雰囲気に感じ取っています。写真の雰囲気です。

値段はこれまで10,000円でしたが、2019年に値上げがあって定番カラーについては13,000円と少し高くなってしまいました。値上がりしてしまいましたがセンチュリーシリーズは素晴らしい万年筆で、今まで1万円で提供してくれていたのが不思議なレベル。この値上げはプラチナを応援する値上げだと割り切っていきましょう!

話逸れますが、シュノンソーホワイトが少し大きく見えますね。白は膨張色ということでしょうか。

字幅


左から、UEF・EF・F・SF・SM・M・B・Cと8種類の字幅を並べてみました。

筆記した感じは下記の雰囲気です。

当然ですが書き並べてみると各字幅により筆記線の太さが変わりますので、その時々のシーンや気分によって持ち替えたり楽しむことができます。

ちなみに字幅で良いな〜と感じているのは、UEF、SM、M、Bの4本が個人的なお気に入りです。

それぞれのペン先についてレビューしていきます。

字幅UEF

センチュリーUEF
こちらが今回お迎えしたシュノンソーホワイトUEF。次に記載するEFが元々相当フローが渋かったので、UEFはそれ以上に渋いのかな〜と心配していましたが、予想以上にスムーズなインクフローで驚きました。極細の筆記線でインクがスーッと流れ出る感じです。

極細ではパイロットのカスタムヘリテイジ912 POを保有しており、POが自分好みの書き味でしたがそれに匹敵するレベル。これから極細を使用する際は、912 POと UEFの両刀使いで楽しめそうです。

字幅EF

センチュリーEF
センチュリーシリーズで初めて購入したEFでしたが、個体差のせいかフローが渋く書いていてあまり楽しくありませんでした。それでも無理して使っていたらカリカリ感がガリガリに変わり渋いどころかインクの出も悪くなったことから一時期センチュリー嫌いになっていた時期があります。3度目の調整に出して当初とは比べ物にならないレベルのインクフローに変貌。最初の頃は使えない万年筆でしたが、現在では習字の清書にも使うレベルで信頼できる万年筆になりました。※個体の話になっちゃいましたが万年筆って個体差ありますし、その良し悪しを改善してくれる調整師の存在が大きいですよね。

字幅F


富士旬景シリーズの第二作目の薫風にてFを購入しました。特段良くも悪くもなく普通のFと言った感じで、これだけ使いなさいと言われれば使い続けられるレベルの書き味です。少し辛口な現評価ですが、他の字幅で素晴らしい書き味のものを体験していると、もっと潜在能力が秘められているのではと今の書き味を疑ってしまいます。どこかのタイミングにて調整に出してみようと考えています。

字幅SF


プラチナの軟調ペン先は、横に割れずに縦にしなりますので、軟調の中では比較的扱いやすいペン先だと感じています。
柔らかいペン先だからと言って以前は力加減で強弱を付けて味のある文字を書こうとしていましたが、余計な力が入ってしまい良いことは一つもありませんでした。普段と変えずに筆記すれば自然と味のある文字が書けることを最近知って仲良くなれ始めています。

細軟が好き!「パイロットカスタム74SF」と「プラチナセンチュリー#3776SF」のレビュー&比較
万年筆のペン先には様々な字幅やバリエーションがありますが、その中でも軟調ペン先と言われるものがあります。筆圧をかけるとペン先がしなり、強弱のある筆記線を表現できるのが軟調ペン先で、書き味に柔らかさを求める方、線に強弱をつけて味のある文字を書...

パイロットカスタム74SFとの比較も行なっていますので、合わせてご覧ください。

字幅SM


他の字幅とは圧倒的に異なるふわふわ感が最高で、角度がキチンと合ってペン先が紙面に当たった時、まるで無抵抗の中で筆記しているような感覚に陥ります。初書きした時に本当に驚きました。
ただし現在SMは定番の字幅として販売はしておらず、購入するとなると中屋万年筆で購入する流れになります。※そういえば「薫風」が発売された際に、海外のみSMが販売されることになり話題になり、2019年の「六花」発売のタイミングでは中軟も数量限定で発売となって話題となりました。

字幅M


手書きの中にも書きましたが、最初に使ってみた印象としては、Mといえど思いの外細いな〜という感じでした。細すぎず・太くもなく、またフローにストレスもありませんので、まず迷ったらこのMを購入するのが良いかもしれませんね。と言いつつ特徴が「普通」なので私の中での使用頻度は少なめになりそうです。現状では手帳用には極細か細字・習字用では安定感のある細字・仕事でのメモ書きは高速筆記でもフローが潤沢に付いてくる太字をチョイスするのでMの使用頻度は少なめになってしまいます。

字幅B


通称センスケ。ナガサワモデルです。スケルトン軸にピンクゴールドのペン先というデザインが私の好みで、その好みからも使いたくなる軸ですが、高速筆記時にもフローがしっかりと付いてくる書き味も高く評価しています。打ち合わせ時の議事録、電話をしながらメモを取るなど「さらさら」っと書きたい時に最高で、購入以来主力選手として重宝しています。

字幅C


センチュリーの中で最も太いCニブです。極太ってどんなものだろうと興味本位で購入しましたが、個体差なのか私の書き方が悪いのか筆記角度によってインクの出が安定しません。私の場合、太字で相性のあう万年筆は少ないので持ち方が悪いのだと思います。普段は持ち方を意識しているので大丈夫だけど、油断すると持ち方が崩れてフローに影響するみたいな感じ。
自分の問題でもありつつ、あまり信頼していないため、正直使用頻度も少なくなってしまった字幅です。タイミングをみて調整に出そうと思います。

まとめ

それぞれの字幅に対しての評価というより、自分の好き嫌い・その個体に対しての悩みをそのまま書いてしまいましたが、相性の良いセンチュリー・相性の悪いセンチュリーもありつつ各字幅を楽しませてもらっています。センチュリーシリーズは、14金大型ペン先が付いていて定番品だと13,000円からラインナップされているのもありがたいですね。

以上、プラチナ万年筆#3776センチュリーシリーズについてでした。

コメント