【カスタム743FA(フォルカン)】パイロットが誇る軟調ペン。筆圧がモロに筆跡へと繋がり味のある筆記が楽しめる万年筆

パイロットカスタム743FA フォルカン 万年筆レビュー

万年筆というと、ペン先が柔らかく弾力性に飛んだ書き味ってイメージありませんでしたか?

私自身、万年筆を購入する前までは、金属製の薄いペン先の弾力による筆圧に応じた強弱を楽しめるイメージがありました。毛筆ペンに金属のコシがある感じです。

細い筆記線と太い筆記線を、筆圧のコントロールによって自由自在に操れる。そんな印象に感じられた方、私だけではないはずですよね。

フォルカンの筆跡
上手く伝えられませんが、上の写真のようなイメージ。

昔のマンガなどで万年筆を使うシーンを見ててそう感じるようになったのだと思いますが、実際に万年筆を使ってみると予想外にペン先は硬く、筆圧に応じてしなる感覚はありませんでした。

※現在感じられる万年筆のペン先の柔らかさと、万年筆を使いはじめた頃に感じたペン先の柔らかさというのは全く感性が違う中での表現となり、今回は使いはじめた頃の感覚としてお話ししています。

昔の万年筆は、漫画で見るような柔らかいペン先のものが多かったようですが、ボールペンが主流になってからは高い筆圧の方でも使えるように、硬めのペン先のものが主流になってきてしまったようです。

さて、今回紹介する万年筆は、パイロット社から発売されているカスタム743FA(フォルカン)という万年筆です。

FA(フォルカン)はパイロット社の特殊ペン先の一つですが、筆圧によってペン先が柔らかくしなるため、味のある文字が書けることで人気です。しかし使いこなすのが難しいという評価も多いペン先であったりします。

私自身、初めてフォルカンを使用した際には、「あ、これこれ!昔からイメージしていた万年筆の書き味だ!!」と感動しました。

今回はそんな万年筆、パイロットカスタム743FAについてレビュー致します。

パイロットカスタム743FA(フォルカン)レビュー・感想

カスタム743FA

この万年筆を紹介する上では、カスタム743という軸自体のレビューと、FA(フォルカン)という特殊なペン先の書き味についての二本立てで紹介する必要がありますが、今回はFAというペン先についてクローズアップしてお話ししますので、カスタム743軸については概要のみ先にお話しいたします。

パイロットのカスタムシリーズ軸について

左からカスタム74、カスタムヘリテイジ912、カスタム743、カスタム845、カスタム漆。できればヘリテイジ912のところにカスタム742を並べたかったのですが持ち合わせていない為、ご了承ください。

改めて、パイロットのカスタムシリーズには、カスタム74、カスタム742、カスタム743、カスタム845、カスタム漆と大きく5種類のサイズがあります。(他にもカスタム823が存在しますがサイズ的な部分やペン先は743と基本変わらないので外します)

それぞれの違いは以下の通り。

サイズ ペン先 字幅 値段
カスタム74 最大径φ 14.7mm
全長 143mm
14K 5号 EF・F・SF・FM・SFM・M・SM・B・BBの9種類 12,000円+税
カスタム742 最大径φ15.7mm
全長146mm
14K 10号 EF・F・SF・FM・SFM・M・SM・B・BB・C・MS・PO・FA・WA・SUの15種類 20,000円+税
カスタム743 最大径φ 15.7m
全長 149mm
14K 15号 EF・F・SF・FM・SFM・M・SM・B・BB・C・PO・FA・WA・SUの14種類 30,000円+税
カスタム845 最大径φ 15.9mm
全長147mm
18K 15号 F・M・B・BBの4種類 50,000円+税
カスタム漆
(URUSHI)
最大径φ 15.7mm
全長 149mm
18K 30号 FM・M・Bの3種類 88,000円+税

この5種類のカスタムシリーズの中でカスタム743というのは一番中間的存在。サイズ的には全長が一番長いカスタム漆と同等で、ペン先には14Kの大型15号ペン先が付いています。

また、軸の素材は、カスタム74、742、743は樹脂軸、カスタム845と漆はエボナイト、蝋色漆仕上げ軸となりますので、持った感触も異なってきます。

パイロットの万年筆はそれぞれのシリーズによって選べる字幅が異なるのですが、今回紹介するFA(フォルカン)ペン先は、カスタムシリーズであればカスタム742とカスタム743の二つに、それとカスタムヘリテイジ912のペン先としても選べます。

カスタムヘリテイジ912のペン先も14K 10号ペン先となりますので、FAペン先を購入する際は、14K 10号ペン先のFAを購入するか、14K 15号ペン先のFAを購入するかどちらかの選択になります。

14K10号FAと14K15号FAの違い


さて、フォルカン軸を選ぶ際10号サイズか15号サイズのどちらかを選択することになるのですが、この二つ、全く書き味が異なります。

名前は同じFAですが、違う万年筆と考えて良いレベルです。

カスタム742や912についている10号フォルカンの方が圧倒的に柔らかくフニャフニャとした書き味で、カスタム743の15号フォルカンは柔らかさの中にコシがあります。

10号フォルカンは保有はしていないものの何度も筆記した事がありますが、15号FAの感覚で試筆してしまうと、ちょっとした筆圧でスリットが大きく開いてしまいます。

店員さんに聞いた話ですが、万年筆を使ったことがなく、筆圧の高い方が10号フォルカンを触ってペン先をダメにしてしまったこともあるそうです。

私が15号を選んだのは10号だと柔らかすぎて使いこなせないと感じたためです。

単純に742や912のフォルカンの方が値段が安いからといって選んでしまうと、意図しない柔らかすぎる書き味に使いづらさを感じると思いますので、個人的には743の15号フォルカンをお勧めしたいです。

フォルカンの書き味

さてFAは筆圧を掛けると縦にしなりつつペン先が開く(割れる)タイプの軟調ペン先です。

ペン先が閉じているときは細い筆記線、ペン先が開いたときは太い筆記線とより味のある筆記が楽しめますが、筆圧をかけすぎてしまうとスリットが割れてインクが出なくなってしまったりと、上手くコントロールできない事もあります。

15号FAはコシがあるのである程度はコントロールできるのですが、10号FAの柔らかさだと制御するのがさらに大変です。

こちらがFAで筆記した線

筆圧でここまで筆記線が変わります。そして間違いなく遊びたくなります。筆で書いたような文字?ではありませんが、なんとなくカッコ良い文字がかけそうな気がしますので。笑

以前はこの線の強弱を生かして味のある文字を書きたいと練習していましたが上手く書けませんでした。

購入当初は筆記線の強弱をつけたくて、無駄に力が入ってしまっていたというのが大きな理由です。万年筆筆記の基本は力を抜いて書く事ですから、FAを持った瞬間に力を入れる(筆圧を掛ける)という事自体がよろしくないのですね。

万年筆は意図して筆圧をかけなくとも、筆記時、ペン先と紙面との接触による変動により、しなり、スリットの開き具合が繊細に変化し、自然と味のある筆記線が出るものだったりします。

下の写真は筆圧を意識しないで書いた文字と、あえて意識して筆圧をかけた文字。

筆圧をかけたほうが線の強弱は出ていますが、筆圧をかけなくともそれなりの強弱が出ているかと思います。

こちらも筆圧ゼロを意識して書いた文章。

これでもフォルカンっぽさは出ていると思います。

逆に筆圧をかけてしまうと文字がどんどん崩れてしまいまともな字になりません。結局のところ筆記の基本は力を抜いて書く事でそれはフォルカンでも同じ。フォルカンが難しいと感じるケースのほとんどが筆圧をかけすぎてしまっている事だと思いますので、一度筆圧ゼロで書いてみると良いでしょう。

こんな人にお勧め

フォルカンのペン先は非常に柔らかく縦にしなりつつスリットが横にも広がる為、筆記線に強弱を付けやすい万年筆です。
そういったペン先の柔らかさを活かして味のある文字を書くことに挑戦してみたい方にはぜひ試していただきたいペンですね。

逆に筆圧が強い方にはそもそも向かないペンです。筆圧が強いままフォルカンで筆記してしまうと、スリットが割れてしまいインクが出なくなってしまうこともありますから、無理に手を出す必要はないかと思います。

面白い万年筆であることは間違いありません。

コメント