FA(フォルカン)が書きづらいと感じた時は力を抜いてみましょ。

万年筆

パイロットカスタム743FA(フォルカン)です。
FA(フォルカン)はパイロット社の特殊ペン先の一つですが、筆圧によってペン先が柔らかくしなるため、味のある文字が書けることで人気です。しかし使いこなすのが難しいという評価も多いペン先であったりします。

FAには2種類存在し、一つが私が保有しているカスタム743FA。もう一つはカスタム742、カスタムヘリテイジ912についているFAで、二つの違いは743FAが15号ペン先、742FA・912FAは10号ペン先であること。743FAの方が一回りサイズが大きいということになります。

10号フォルカンは保有はしていないものの何度か筆記した事があります。10号も15号も軟調ペン先であることに変わりはないのですが、15号FAの方がペン先にコシが有り、10号FAはコシが感じられずちょっとした筆圧でフニャッとスリットが開きすぎてしまうように思えます。購入当時15号を選んだのは10号だと柔らかすぎて使いこなせないと感じたためです。

スポンサーリンク

フォルカンが難しく感じる理由

FAは筆圧を掛けると縦にしなりつつペン先が開く(割れる)タイプの軟調ペン先。ペン先が閉じているときは細い筆記線、ペン先が開いたときは太い筆記線とより味のある筆記が楽しめますが、筆圧をかけすぎて筆記線が割れてしまったりうまくコントロールできない事もあります。

15号FAはコシがあるのである程度はコントロールできるのですが、10号FAの柔らかさだと制御するのがさらに大変です。

こちらがFAで筆記した線

筆圧でここまで筆記線が変わります。そして間違いなく遊びたくなります。筆で書いたような文字?ではありませんが、なんとなくカッコ良い文字がかけそうな気がしますので。笑

以前はこの線の強弱を生かして味のある文字を書きたいと練習していましたが上手く書けませんでした。今思うと筆記線の強弱をつけたくて、無駄に力が入ってしまっていたというのが大きな理由です。
筆記の基本は力を抜いて書く事ですから、FAを持った瞬間に力を入れる(筆圧を掛ける)という事自体がよろしくない訳です。

万年筆は意図して筆圧をかけなくとも、筆記時、ペン先と紙面との接触による変動により、しなり、スリットの開き具合が繊細に変化し、自然と味のある筆記線が出るものだったりします。

下の写真は筆圧を意識しないで書いた文字と、あえて意識して筆圧をかけた文字。

筆圧をかけたほうが線の強弱は出ていますが、筆圧をかけなくともそれなりの強弱が出ているかと思います。

こちらも筆圧ゼロを意識して書いた文章。

これでもフォルカンっぽさは出ていると思います。

逆に筆圧をかけてしまうと文字がどんどん崩れてしまいまともな字になりません。結局のところ筆記の基本は力を抜いて書く事でそれはフォルカンでも同じ。フォルカンが難しいと感じるケースのほとんどが筆圧をかけすぎてしまっている事だと思いますので、一度筆圧ゼロで書いてみると良いかと思います。

コメント