ロットリング社の芯ホルダー rotring300/2.0mmの紹介

rotring300

こちらrotring300シリーズです。

rotring300は、芯径のバリエーションで0.35mm、0.5mm、0.7mm、2.0mmの4種類がありますが、私は全ての芯径を保有しています。

rotringは初めて購入したのが600でしたが、信じられないほど書きやすかったので、300・500をつどつど追加購入していったところ、気づいたら300シリーズは全ての芯径が揃っていました。

ついでに製図用シャーペンの沼にハマるきっかけを与えてくれたのもロットリングだと思います。笑

本日はこのロットリング300シリーズの中で2.0mmの芯ホルダーをご紹介します。

スポンサーリンク
ad

ロットリング300シリーズ

まずロットリング300シリーズについて簡単に説明すると、ロットリングの製図用シャープペンのシリーズの中で一番の廉価版の商品となります。

全体的なデザインは500シリーズや600シリーズなどと基本変わらずで素材がボディ全体樹脂(ABS樹脂)となっています。

300シリーズの大きな特徴は、何と言っても8.3gという軽さ。
数多く発売されているシャープペンの中でも10gを切る軽さのシャープペンはあまりなく、8.3gというのは相当軽いシャープペンになるのではないでしょうか。

ペンの重さについては、重いのが好き・軽いのが好きと分かれる中、私自身はどちらかというと重めのペンの方が好きですが、rotring300は非常に軽いものの重心バランスがしっかり取れていて筆記しやすいペンとなっています。

芯ホルダー

ロットリング300 2.0mm 芯ホルダー

こちらがロットリング300シリーズの芯ホルダーである、rotring300 2.0mm 芯ホルダー。
もちろん他のロットリングシリーズと同じ統一されたデザイン。スタイリッシュでかっこいいですね。

img_3295

この黒の中の赤文字が好き。

ロットリング300

クリップにはrotringの刻印が。

rotring300 芯硬度表示

製図用シャープペンならでは、ノック部分に芯の硬度表示も備えています。
ただ、こちらは少々緩めなため、いつの間にか回ってしまっていたという事もあります。
おまけ的な要素で考えておいた方が良いでしょう。

img_3297

ノックを取り外すと簡易的なシャープナー(芯研ぎ)として利用できます。
写真の様なイメージで芯を刺してクルクル回すと芯が研げます。

書き心地

基本的には一般的な鉛筆と変わらない太さの芯が入っていますので、鉛筆と同じような滑らかで味のある書き心地が味わえます。
芯ホルダーが鉛筆と大きく異なるのは、芯が減れば芯だけを交換すれば良いので、お気に入りの芯ホルダーを見つければいつも同じ感触で書き続けられることではないでしょうか。
芯ホルダーには以前、巷で話題となった大人の鉛筆、ステッドラー、ファーバーカステル、三菱鉛筆など各メーカーで発売されていますので、好みによって好きなホルダーを探すのも良いでしょうし、芯ホルダーごとに芯の濃さを変えて利用するのも良いですね。

ロットリング300/2.0mm 芯ホルダーは定価650円と値段的にも手頃感があり、デザインもかっこいいのでオススメできます^^

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする