ファーバーカステル エモーション・書きなぐる事に徹せられる大人のための筆記具

2 min 469 views

客先や人前で恥ずかしくないシャーペンを使いたい。
でも、メモや議事録が中心だからとにかくスピーディーにガシガシと書きなぐる事に徹せられるシャーペンが欲しい。

予算は5,000〜7,000円程度。

そんな方にオススメしたいのがファーバーカステル社から発売されているシャーペン「ファーバーカステル ペンシル エモーション ウッド&クローム 梨の木 シリーズ」です。

ファーバーカステル エモーションレビュー


エモーション ウッド&クローム 梨の木 シリーズは、天然木(梨の木)の軸で出来たシャープペン。
手のひらにしっかりフィットする長さとグリップの良さに加え、木の経年変化も味わえますので使えば使うほどに愛着がわくシャープペンです。

特徴的な形状ではありますが、私の中でも気づくと手に取っているシャープペンの一つ。

仕事柄、お客様と打合せをする機会が多く、へんなペンを出したくないというのも勿論ありますが、打ち合わせ時のメモではとにかくスピード優先で書きなぐるシーンが多くあります。
書くのに時間を取ってしまって会話ができなければ打ち合わせの意味ありませんし。

そういった中でこのウッド&クロームは最高のパフォーマンスを発揮してくれるシャーペンで、外観的な見栄えといい芯の太さからくる安心感といい文句なしのシャープペンです。

芯の太さは、1.4mmという少し特殊な太さです。

ちなみに1.4mmという太さがどれくらいのものかというとこちら。

シャー芯の太さ比較

左から、0.3mm、0.5mm、0.7mm、0.9mm、1.4mm、2.0mm、3.15mm と並べてみまして、右から3番目が1.4mm芯になります。

一番オーソドックスな0.5mm(左から2番目)がどれだけ細いかが伝わりますよね。

この太さがなんとも書き味として心地良い太さですし、またこのボディに特別な構造は入っていませんが芯が折れるという事がありません。

ですので、とにかくスピーディーに書きなぐるといった作業が安心して出来ます。

こちらがファーバーカステル社の純正の替え芯。非常に滑らかな書き心地です。


鉛筆や太めのシャープペンシルでの筆跡はなんとも言えない味がありますね。

ビジネスマンが人前に出しても恥ずかしくない筆記具

エモーションウッドの芯径は1.4mm芯。

一般的な文房具屋ではなかなか売られていない為、いざという時の替えが効かないという問題はありますが、一本の替え芯でも長く使用することができますので、替え芯によるトラブルはこれまで生じたことはありません。

また、私自身、エモーションウッドを購入してから5年が経過しラフに使い続けていますが、作りのシンプルさもあって、道具としてのトラブルも一切なく使い続けられています。

ビジネスマンが人前で出せる、デザイン性が良くラフに筆記できる筆記具として一本確保したいところ。ビジネス上での普段使いにぜひ使っていただきたい筆記具として紹介させていただきました。

なお、エモーション ウッド&クローム 梨の木のカラーはブラックとブラウンの2種類が展開されています。

よしぞー

よしぞー

万年筆、ボールペン等の筆記具沼・ゲーム沼・美容沼、そして革沼など複数の沼のほとりにて、物欲のままに暮らしてます。このブログは使用した物のレビューを中心に好きなことを気ままに書いてます。ご覧になられた方が一人でも多く沼に堕ちてくれたら嬉しいです。

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください