凄い!筋肉量や筋肉の質も測定できる。タニタの体組成計 RD-909 をお迎えしました

2 min 50 views
RD-909

タニタ(TANITA)より発売されている体組成計 RD-909というものを購入しました。
先日書いた通り、ダイエットを始める過程で購入したのですが、私、恥ずかしながらこの体組成計というもの(そもそも言葉も)を知らず、単に体脂肪率が測れる体重計が欲しいと思い調べていたところ、このRD-909にたどり着きました。

使い始めてまだ二日目ですのでレビューできるほど扱えれていませんが、色々ととにかく凄いです。使うだけでモチベーション上がります。この体組成計に乗るために頑張ろうって気持ちになれそうな代物です。

ということで、タニタのRD-909のファーストインプレッション的レビューを行いたいと思います。

タニタ体組成計 RD-909

体組成計について

まずはじめに体組成計について。筋肉・脂肪・骨・水分など、からだを構成する組成分を体組成と言い、これらを測定するものを体組成計と呼びます。
体脂肪率を測定できる体重計があることは知っていましたが、今時の体重計はそれだけでなく筋肉や骨・水分を測れるようです。

筋肉?骨を測るってなに??となるわけですが、具体的にどんな測定値があるかというと、体脂肪率、筋肉量、BMI、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、推定骨量、筋質点数、体水分率といった項目を測定することができます。

筋肉量を測定できると知っただけで驚いたのですが、このRD-909は筋肉の質まで測定できるとのこと。凄いです。

ちなみにこれらの測定したデータは、スマホアプリと連携していてアプリ上で管理が出来ます。

どのように管理ができるかというと、こんな感じ↓


概要として閲覧できる画面やグラフ表示、過去ログを終える画面など必要な情報をきちんと閲覧できます。

昨日開封したばかりですが、楽しくて既に4回測定しています。(これによる意味はないと思います)

私、ランニングをしていて気づいたのですが、スマホで自分のログを取り溜めるのが好きです。
ランニングログを取り溜めるアプリ(ガーミンコネクト)では既に2年以上のログが取り溜まっており、できればランニングのログと一緒のアプリで管理したい思いはありますが、これだけしっかりとログが取れるのであれば別々でも有りですよね。

今後、グラフが自分の目指すべき方向に進んでいけれるように頑張りたいです。

1ヶ月ほど使用すればログも溜まってきますので、その時に改めて使用レビューを致します。

プロテインも到着


体組成計とは別に、一昨日オーダーしたプロテインも到着しました。

トレーニングする・プロテインで効率よく筋肉をつける・食事のバランスを考える・体組成計で体の状態を把握する。この流れで改めて良い体作りをスタートしたいと思います。

余談ですが私こういった粉状になっているプロテインを飲むのは初めてです。とりあえず味見しようとお湯で溶かして飲んでみたところ、溶けるどころかプロテインが完全に固まりました。コリコリとした食感です。お湯から取り出してパンをかじるような感覚で食べたのが、私のプロテイン初体験となりました。

プロテインは冷たいもので溶かしましょうということを理解しました。苦笑

よしぞー

よしぞー

万年筆、ボールペン、シャープペン等の筆記具沼・インク沼、手帳やノートなどの紙沼、そして革靴など革沼など複数の沼のほとりにて、物欲のままに暮らしてます。このブログは購入して使用した物のレビューを中心に好きなことを書いています。ブログをご覧になられた方が一人でも多く沼に堕ちてくれたら嬉しいです。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください