ステッドラープレミアムのツイスト式シャープペンからの東急ハンズ限定製図用シャープペン

東急ハンズ限定ステッドラー製図用シャープペン シャープペン

STAEDTLER PREMIUM(ステッドラープレミアム)カタログ

丸の内 oazo にある丸善1F(入り口付近)にてステッドラープレミアムのブースが設置されていました。
※ステッドラープレミアムは、ドイツの文房具・製図用品ブランド「ステッドラー」の中でも高級筆記具を展開する2013年に立ち上がったブランド。

コンセプトはステッドラープレミアムのウェブサイトをご覧ください。
http://premium.staedtler.de/ja

ステッドラーというと製図用シャープペンとか芯ホルダー、えんぴつ、マーカーなどで比較的手の届きやすい価格帯の筆記具の馴染みが深いのですが、ステッドラープレミアムは高級志向の高い万年筆やボールペン、シャープペンを中心に展開しています。

スポンサーリンク

ツイスト式シャープペンシル

さて、今回私がそそられたのがステッドラープレミアムのツイスト式のシャープペン、Metallum mechanical Pencil(メタルム メカニカル ペンシル)とLignum mechanical Pencil(リグヌム メカニカル ペンシル)です。

Metallum mechanical Pencil(メタルム メカニカル ペンシル)

Metallum mechanical Pencil(メタルム メカニカル ペンシル)

Lignum mechanical Pencil(リグヌム メカニカル ペンシル)

Lignum  mechanical Pencil(リグヌム メカニカル ペンシル)

このシャープペン、デザイン的にも質感的にも際立っておりビジネスシーンでもしっかり使っていけそうですが、芯の出し方に特徴があります。

カタログの写真でしか見せられないので分かりづらいですが、ノック部分がありません。

どうやって芯を出すかというとグリップ部分を回す事で芯を出す仕組みになっています。

バネ式になっていて回すとクッと戻る感じ。

実際に芯を出してみると、正直使いやすいとは言えません。

片手でボディを支えながら、反対の片手でグリップ部分を回す形になるので、芯を出すのに両手が必要なんです。

特に最近では自動的に芯を出してくれるオレンズネロなどを使っていますので、なおさら違和感を感じるのですが、、

こういう一手間かかるものって愛着が湧くんですよね。

さあ、これから書くぞ!という儀式のようなものでしょうか。

そんな事を諸々考えつつ購入しようか悩みましたが、結果予算の都合で眺めるだけに終わりました。

残念ながらシャープペンに15,000円かけられるほど裕福ではありません。

東急ハンズにてステッドラーの限定製図用シャープペン Limited Edition が発売

さて、仕事の帰り際に東急ハンズに立ち寄ってみると、ステッドラー製図用シャープペン Limited Edition が販売されていました。限定で2,000本のみの販売のようですね。

芯径は0.5mmオンリーで、カラーはブラック軸とダークレッド軸の2色です。
ブラック軸は以前販売されていた限定オールブラックの復活で、ダークレッドは今回新しく加わったもの。
お値段は1,400円です。

レッド軸の方は既に売り切れていましたが、ブラック軸が残っていましたので購入しました。

ステッドラー製図用シャープペン Limited Edition

ブラック軸かっこ良いです。

ステッドラー製図用シャープペン Limited Edition

ノックの上部にはマルスヘッドの刻印があります。

できればダークレッドも欲しいです。

明日、仕事で都内に行くので、都内の東急ハンズ巡りしますかね。

ステッドラープレミアムのシャープペンは買えなかったものの、ハンズ限定ステッドラー製図用シャープペン Limited Edition が購入できた事で満足な1日となりました。^^;

コメント