ロフト限定カラーぺんてるスマッシュ届きました!

シャープペン

一昨日、ぺんてるスマッシュ(ロフト限定カラー)が到着しました。

発売されるという情報を得てから約1ヶ月。
長かったような短かったような。
子供の頃、新作のゲームが発売されるのを待ちわびていたあの感覚に近かったです。

ぺんてるスマッシュ ロフト限定カラー
ぺんてるスマッシュ ロフト限定カラー

こうやって並べると可愛くも感じます。
これまで黒1本だったスマッシュに兄弟が出来た感じ。

ぺんてるスマッシュ ロフト限定カラーとスマッシュ
ブラックも並べて撮影。

今回なんの迷いもなく全色(5色)購入しましたが、コレクションにする予定はなく全て使い倒す予定でいますよ!

スポンサーリンク

ぺんてるスマッシュ ロフト限定カラーについて

さて、ぺんてるスマッシュ ロフト限定カラーについて改めておさらいです。

まず、このスマッシュはロフト限定カラーということで、このスマッシュはロフトでしか販売はされていません。

発売日は2016年8月1日。

先行でロフトネットショップで販売され、そのあと店舗にて販売されるようです。

ちなみに8月4日に、有楽町と横浜のロフトを覗いてみましたが、まだ店舗には並んでいませんでした。

今回の限定色は、赤、ピンク、白、緑色、青の5色で芯のサイズは全て0.5mmです。

カラー以外の構造は元々のブラックと変わりはありません。

IMG_1185

各色販売される数量は限定されており、1カラーあたり3000本で合計15000本が販売されるようです。

私、数量限定という言葉にも弱く、15000本の中の5本を手に入れられたのも嬉しいことこの上ありません。

芯のサイズが0.5mmオンリーということで、他の芯径も出してよという思いも多少ありますが、発売されたらされたで今度は財布の中身との兼ね合いも出てきますので、ここは0.5mmオンリーで良しとしましょう。

そこはともかく、数としては多くない数量限定なので、店舗に出す前にネットショップでほぼほぼ販売終了になってしまう可能性もありますね。

スマッシュキーワードでこのブログを見に来てくれる方も多いので、定期的にロフトには足を運んで販売状況はお伝えしようとおもいますが、かなり売れているようなので、気になっている方は早めに押さえておいたほうが良いかもしれません。

デザイン

ぺんてるスマッシュ ロフト限定カラーとスマッシュ

さて、限定カラーということで一番気になるのがデザインの部分です。

スマッシュは元々の黒も含め、他の1000円前後のシャーペンと比較すると一見シンプルで面白みのないデザインです。

ただ、使えば使うほど良さが滲み出てくるデザインでもあるような気がします。

恋愛でいうなら美人ではないけど一緒に長く過ごしたい。
お付き合いの相手ではなく結婚する相手として選びたい。

そんなデザインのシャープペンシルです。

まあ、グラクギアなどのキラキラした製図用シャーペンが横に並んでいたら誰もがまずグラクギアに目が行きますよね(^^;;

そう言う直感的な見た目ではなく、実際に使ってみて感じるのが、これは悪くないぞという感触。

グリップしたときの安心感、重心バランス、芯の折れにくさなどシャーペンの基本性能が非常に高く、ぱっと見のデザインではない性能的なデザインが非常に秀逸なシャーペンなのです。

秀逸さを例としてあげると、グリップ部分と口金部分が一体化した構造のため、筆記時にペン先がぐらつく事がなく安定した筆記が出来る。とか。

スマッシュのこだわりについては以前、記載いたしましたので当時のリンク貼っておきますね。
http://digital-camera.jp/?p=328

もちろん外観としてのデザインも細かく見ていくと多くのこだわりが感じられます。

今回の限定カラーでそのスマッシュに色が付いたことで、見た目の印象も良くなりました。

限定カラーで少しだけ残念に感じたのがボディとグリップの部分で多少色が違うこと。

ぺんてるスマッシュ
写真で伝わりますかね。

これはボディ部分がプラスチックで、グリップ部分が真鍮となっており、素材の違いから仕方ないのでしょうけど、黒のスマッシュが統一された同じ色であったので少々違和感を感じました。

使い道

さて、先ほども述べましたが、せっかく購入したこの5本ですからコレクションにする気はありません。

存分に使い倒していく予定ですが、個人的な使い方として、芯の濃さを変えて使おうと考えています。

スマッシュには、芯硬度表示窓が付いており、2B、B、HB、F、H、2H、3H、4Hを設定できます。

好きなシャーペンにはやっぱり好きなシャー芯ですよね。

個人的に1番好きなシャー芯は、HI-uni GRCTです。

値段はちょっと高めですが、シャー芯ってこんなに違うんだと感じるほどの差があります。

HI-uni GRCTは、2B、B、HB、F、H、2Hを網羅していますので、ちょうど6本にそれぞれの濃さを差し込んで楽しむことにしようと思います。

ちなみにスマッシュの芯硬度表示窓に 3H、4Hがあるのはやはりスマッシュが製図用シャーペンの流れを汲み取っているからなのでしょうかね。

これからスマッシュは6本体制でタフに活躍してもらおうと思います。

【ロフトネットストア】スマッシュ ロフト限定カラー軸 0.5mm シャープペンシル

コメント