【油性ボールペン比較】PARKER QUINK Flow(パーカークインクフロー) M

油性ボールペン比較


PARKER社の低粘度油性ボールペンである、QUINK Flowの検証です。

スポンサーリンク

PARKER QUINK Flowの性能検証

書き出し


油性ボールペンの特徴である、書き出しでのインクの出辛さを測る検証です。

PARKER QUINK Flowの書き出しはよく、最初からスムーズにインクが出ます。6回目と9回目にて書き始めから数センチ薄くなりましたが、書き出しのフローはとても良いインクだと感じました。

筆記圧

写真の上から、弱い筆記圧、普通の筆記圧、強めの筆記圧で筆記した線となります。

速乾性

「あ〜ほ」までのひらがな30文字を筆記した後に、筆記した文字をティッシュで拭き取ります。この30文字を書いてティッシュで拭き取るまで45秒前後の時間を要しますので、その45秒のうちにどこまで乾くかをテストしています。

検証結果は写真の通りとなり、乾きは少し遅い事が確認できました。

ダマの出来やすさ


横線を5本書いた後に「8」という文字を10回書くという検証を行っています。10回「8」を書いておりますが、ボールペンの紙面に当たる向きを少しずつずらしながら筆記するためです。

確認できたダマは、

1回目:1箇所
2回目:1箇所
3回目:0箇所
4回目:0箇所
5回目:1箇所

となりました。
出来たダマも小さいものばかりで、ダマは出来づらいインクであることが確認できました。

文章筆記



続いて文章筆記テスト。

PARKER QUINK Flowの筆記感は、多少の粘度を持ちながらもとても滑らかでウェットな書き味です。
ジェットストリームやアクロインキなどの低粘度油性インクと従来型の油性インクとの中間あたりよりも少し滑らかよりの感覚で、書き出しからのインクフローも良いため、ストレスなく筆記が続けられます。

尚、乾きの遅さからか縦書きでの検証時に、インク汚れが目立つ結果となってしまいました。
手を洗った直後に筆記したことによる環境的な問題であることが考えられる為、手がしっかり乾いた状態で改めて検証。

1度目のテストよりも汚れは目立ちませんが、多少の汚れは生じています。乾きによる汚れは出来やすいインクであることが確認できました。

蛍光ペンとの相性


筆記した後に蛍光ペンで上から塗る検証です。

Pentel FITLINE、Tombow蛍coat、ZEBRA OPTEX2 EZにて少しの滲みを確認しました。

まとめ

上記の検証結果から評価は下記となります。

書き出し

  • 5点:ほとんどの場合に書き出しからスムーズにインクが出る
  • 3点:書き出しはインクが出辛く、平均して1〜5cmでインクが出る
  • 1点:書き出しはインクが出ず、平均して書き出し5cm以降からインクから出る
評価:5

速乾性

  • 5点:乾きやすい
  • 3点:普通
  • 1点:乾きづらい
評価:2

ダマの出やすさ

  • 5点:0〜3箇所以下のダマが確認できた
  • 3点:4〜7箇所以下のダマが確認できた
  • 1点:8箇所以上のダマが確認できた
評価:5

蛍光ペンとの相性

  • 5点:蛍光ペンで塗っても滲まない
  • 3点:注意して確認すると分かる滲みが確認できた
  • 1点:明らかに分かる滲みが確認できた
評価:2

筆記感

  • 高い(ねっとりとした書き心地)
  • 低い(サラサラとした書き心地)
  • 柔らかめ(ヌルヌルとした書き心地)
  • 硬め(カリカリとした書き心地)
評価:程よい滑らかさでぬるぬるとした書き心地。

代表的なボールペン軸

油性ボールペン比較について

本検証のコンセプトついては下記をご覧ください。
http://digital-camera.jp/?p=8601

コメント