ラミーサファリ2018年限定色 オールブラック

万年筆

018年の限定サファリ、オールブラックをお迎えしました。
ボディ、クリップ、ペン先まで真っ黒なサファリです。

スポンサーリンク

LAMY Safari(ラミーサファリ)2018年限定色 オールブラック

黒系サファリについて

サファリってこれまでにもブラック発売されていなかったっけ?という方もいらっしゃると思いますので、まずは簡単に説明を。

サファリのブラック系はこれまで2種類が発売されており、1つ目が「シャイニーブラック」と呼ばれる艶のあるブラックボディにクリップとペン先がシルバーのもの。
2つ目が「ブラック」と呼ばれるボディ・クリップ・ペン先を含めてブラックのものがあります。※こちらはマット感のあるボディです。

2つ目のブラックと今回発売されたオールブラックは、ボディ・クリップ・ペン先全てがブラックでマット感のあるボディですが、この二つの何が違うかというと黒の色が違います。

これまで発売されていたブラックと今回のオールブラックを比較すると、ブラックの方が少し茶色味がかかっているとともに薄い黒。今回発売されたオールブラックは純粋な真っ黒で、より濃くなった黒です。


光源の影響で正しい色に撮れてはいませんが、並べて写真を撮らせてもらったので参考までに。なんとなくのイメージは伝わるかと思います。

オールブラックの印象

今回発売されたオールブラックについての色・質感などの印象ですが、ラミーのウェブサイトよりコピーを引用させていただきますと、以下の記載があります。

2018年 リミテッドカラー登場
 
すべての色の頂点に立つ“オールブラック”が、2018年のスペシャルカラー。
マットな質感のブラックボディにブラッククリップの組み合わせが、既存製品の「ブラック」「シャイニーブラック」とは異なるソリッドな魅力を放ちます。

実際このオールブラックは「すべての色の頂点」という言葉が頷ける佇まい。スタイリッシュでありつつも重厚感があり、4000円のスチール万年筆とは思えない高級感が感じられます。

ペン先の種類は3種類

ペン先に関してはEF・F・Mの三種類が発売されていますが、今回はEFを選びました。太めのサイズの方が気持ちよく書けることは間違いありませんが、実用を考えるとどうしても細めを選んでしまう自分がおります。

特に今回のオールブラックは、ブラックインクを入れて手帳やノートなどと一緒に持ち歩くイメージが持てました。

銀座伊東屋の3ヶ月連続限定ラミーイベントに釣られる


さて、先日より私が迎えた万年筆といえばLAMYの万年筆ばかり。

LAMYイベント thinking tools & LAMY Safari限定カラーをお迎え。
昨日、六本木ミッドタウン、21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3にて開催されているLAMY社のイベント、thinking toolsに行ってきました。 thinking tools thinking to...
ヴァイブラントピンク(LAMY アルスター 2018年限定モデル )
LAMY AL-star(アルスター)の「ヴァイブラントピンク」、2018年の限定色です。 昨日、銀座伊東屋で先行発売されており、お迎えしてきました。 伊東屋の入り口を入った瞬間こんな風に飾られていたら仕方ないですね。買...

今年の3月・4月・5月とラミーの限定万年筆が毎月発売されるというラミーファンにとっては嬉しくありつつもお財布には手厳しい3ヶ月でした。

3月が、ホワイト サファリ ウィズ レッド クリップ(韓国、台湾、日本の3カ国限定発売)
4月が、LAMY アルスター ヴァイブラントピンク(2018年限定)
そして5月が、本日お迎えした LAMY サファリ オールブラック(2018年限定)

です。

さて、銀座伊東屋ではこれらの発売と合わせて、各ラミーの色に合わせたスペシャルドリンクを販売。スペシャルドリンクにはイベントタグ(LAMYロゴ)がくっついており、3つ集めるとLAMYノートパッドを貰えるというイベントが企画されていました。

私、このイベントに見事に釣られてしまい、

3つのLAMYロゴを入手し、ノートパッドを頂いてきた流れとなります。


タグを集めて頂いた、ラミーのオリジナルノートパッド。紙面はツルツル系。サイズはA4サイズと大きいです。

サファリ系万年筆が増殖中


おかげで我が家のサファリファミリーはこんな感じになりました。

昨年のペトロールにてサファリデビューし、少しずつですが順調に増えております^ ^
年に1,2本、限定色のみ集めていっても良いかもしれませんね。

コメント