パイロットペン習字2月分の課題を清書

ペン習字

昨日2月分の課題を清書しました。

まだ3月4日のタイミングでしたので、もう少し練習してから6〜7日に清書しようと考えていましたが、今週平日はバタバタしそうな雰囲気がありましたので少し前倒しで。

この1ヶ月間の練習量は、先月と比べると若干劣りますが、それなりに練習は積めたと思います。

今回の級位認定課題のお題は、

雪を眺めつつ、自宅で優雅な
音楽を聴いている。

また、添削課題の方は、

水道 管理 委員 安全

という漢字2文字づつの課題でした。

それでは書きっぷりです。

スポンサーリンク

2月分の清書


右側が添削課題、左側が級位認定課題の清書。

まず添削課題の方ですが、こちらは正直練習不足が浮き彫りになってしまっているように感じます。
それなりの練習量は積んだと書きましたが、私の練習は「ひらがな」の練習(これは毎日の日課)と、級位認定課題の練習がメインで、添削課題の練習まで中々時間が取れないのです。

1時間の練習時間が取れるのであれば、【ひらがな:15分】、【級位認定:30分】、【添削課題:15分】とバランスよく練習をしたいところですが、ひらがな→級位認定と進んだところで納得のいく文字が書けずに、ずっと級位認定の練習をし続けて練習時間が終わってしまうという流れです。

そんな状態が毎日続いてしまっていますので、添削課題のトータル練習時間は3時間程度しか取れていないと思います。

丁寧に添削してくださっていますので、次からはバランスを考えます^^;

続いて級位認定課題。

こちらが、練習を開始した2月8日に書いてみたもの。

そして、改めてこちらが昨日の清書で筆記したものです。

全体的に見ると、中心が上手く取れずに左右バラバラになってしまっています。

普段の練習は上の写真のように横罫のノートを縦にして、中央線を意識しながら筆記していますのできちんと中心は取れるのですが、本番用紙には中央線はありません。

普段の練習では中央線を見ながら練習しつつ、今後は罫線の無い用紙でも練習をしないとダメですね。

さて、先月は「ペン習字三体」というパイロットペン習字B系統での漢字の書きっぷりの教科書を購入しました。

これまで漢字の手本が無い状態で練習していましたが、2月分からはこの三体から使う漢字を引っ張り出して練習を積んでいきます。

今までお手本無しに練習していましたが、お手本有りというのは本当にありがたいです。というよりも、お手本無しの場合、我流で練習してしまう事になるので良くないですよね。

もっと早くお手本の存在を知っていればと思います。。

このお手本に沿って漢字の練習して清書という流れになりまして、まだまだお手本通りとは行きませんが、練習開始時に筆記した文字と比べるとお手本に近い形の漢字が書けるようになった気がします。

ちなみに「眺」という漢字はバランスが難しく、今回の練習量では上達しませんでした。

それと今月の練習で課題となったのが、複数のひらがなの並びのバランスです。

「眺めつつ」「聴いている」のひらがなで、繋げて書いた時のバランスが上手く取れず、全体的にアンバランスな感じになってしまいます。

一つ一つの文字の練習はもちろんですが、今後は繋げた時の言葉として筆記する練習も重ねた方が良さそうです。

3月分の級位認定課題

さて、次の級位認定課題は、

菜の花を飛び交う蜜蜂に、
陽光が注いでいる。

春ですね^^

記事を書いている本日現在の書きっぷりは上の状態です。1ヶ月でしっかりと上達できるよう頑張ります。

コメント