パイロットペン習字を10ヶ月続けてみての成果

ペン習字

パイロットペン習字通信講座事務局より、「継続入会・級位認定証発行のご案内」が届きました。
ペン習字を始めたのが2017年9月10日、気づけばあと2ヶ月足らずで1年が経つのですね^^

始めた頃が懐かしくもありましたので、以前の心境を確認してみました。

パイロットペン習字通信講座で本日よりペン習字デビューします。
パイロットから待ちに待ったペン習字通信講座の教材が届きました。 本日より正式にペン習字デビューいたします。 ちょうど1ヶ月前の8月10日に習字を習おうかどうしようかと考えて、複数社に資料請求をしましたが、最終的にパイロットさ...

こちらがペン習字を開始した時の記事です。

ペン習字を始めて10ヶ月、それなりの練習は積んできました。体感ですが平均して1日2時間程度の練習はしていたのではと思います。

開始した当初に書いた文字が残っていましたので、この10ヶ月でどのように変化したかを見てみます。

スポンサーリンク

ペン習字を始めて10ヶ月での成果

まず最初にペン習字を始めるきっかけの一つとなった、カスタムウルシ問題。
世間では最高の書き味だと言われるカスタムウルシにてまともに文字が書けない事で悩み、ペン習字を始めようと本気で考え始めました。

こちらがペン習字を始める日にカスタムウルシで書いた文字です。

きちんとした文字が書けている書けていないかは別として、誤字・・・宝の物ち腐れとは?

今後もこの文章が成長の記録として残るのは自分が辛い。苦笑

改めて本日カスタムウルシで書いたのがこちらです。

多少は変わりましたでしょうかね。

もう一つ、前回カスタムウルシで書いた文字が酷すぎたため、細字の万年筆(パイロットデスクペン)で同じ文章を書いたものも残っていました。

改めて本日細字の万年筆で筆記したものが下の写真。
当時使っていたデスクペンは調子が悪くなってしまったので、#3776 EFにて書いています。

まだまだ納得できない部分も多いですが、当初と比べて字形が良くなりましたね。

こうやって見比べてみると、習字始めて良かったなと感じられます^^

ペン習字の継続について

もちろん2年目も継続します。
この1年間、習字が日常のメインになる程楽しませてもらい、かつ文字もそれなりに成長しました。
これまで楷書の練習をしていましたが、級位も中級クラスに入り今月より行書の練習もスタートしましたので、継続して楷書の練習をしつつ、行書という新たな書体も書けるよう頑張っていきたいと考えています。

なおパイロットペン習字の費用は、初年度は教材が含まれるので12,960円ですが、継続年会費は税込で8,640円です。月換算で720円。

これだけ楽しませてもらって月額720円というのは本当にお値打ちです。

引き続きよろしくお願いいたします。

コメント