【プラチナ#3776センチュリー EF】書き味は気に入ってるけど使用頻度の少ない万年筆

プラチナ #3776 EF 万年筆

書き味は抜群に素晴らしいけど普段使わない万年筆があります。プラチナの#3776センチュリーブルゴーニュ EFです。

普段使いすることは少ないのですが、たまに取り出して使うと素晴らしい書き味で、改めて持ち歩くペンケースに入れたり習字の清書用万年筆の候補にも挙がるのですが、結局使わずに眠ったままになっています。

スポンサーリンク

プラチナ #3776 センチュリー EF

書き味

さて書き味の何が素晴らしいかというと、シンプルにいうならばシャープでキレの良い書き味。もう少しニュアンスを伝えると、EFという極細にもかかわらずあまりカリカリとはしない筆記感(ほどよく抵抗を感じる筆記感)で、インクフローも良すぎず(悪くはない)、ペン先のしなりは少なく硬いため、自分が狙った文字を書きやすいというところにあります。

力を入れて書くと若干のカリカリ感はありますが、力を抜いて書くとサリサリ書けるイメージ。

最近思うのは、綺麗な字を書ける万年筆と、気持ちよく字を書ける万年筆は違うという事。

気持ちよく字を書く際は、少し太めの字幅でインクフローが良く、ペン先の程よいしなりがあってぬらぬらと書けるみたいなところに行き着くのですが、#3776 EFは間違いなく気持ちよく筆記できる万年筆ではなく、綺麗な文字を書くための万年筆となります。(私の中では)

また #3776 EFの字幅は、習字の課題としてあるお手本の字幅とも似ています。

こちら3776 EFで筆記した文字。(右はパイロットのカスタム912 PO)

先日、細字万年筆にハマっていると書きましたが筆跡で言えば間違いなく自分好みです。同じ極細のパイロット社のカスタム912 POと比較しても筆跡という成果物としては何ら不満はありません。

これだけ書きやすく習字にもちょうど良いのであれば、習字で使えば良いじゃんとなるのですが何となく習字でも別の万年筆を手に取ってしまう訳です。

使用頻度の少ない理由

#3776 EFをなぜ使わないかというと、間違いなくペン先のデザインです。

この平べったいペン先、首軸に向かって細くなっていくラインの形状が正直好きになれないのです。

左がパイロットの万年筆、右がセーラーの万年筆です。何となく伝わるでしょうか。このプラチナのペン先の形状が好きじゃ無い。

ついでに刻印も好きじゃ無いし、ペン先の大きさと軸のサイズバランスも好みじゃ無いのでしょうね。

書き味は間違いなく評価の高い万年筆なのですが、自分にとってはデザインは普段使うか使わないか重要なポイントのようです。

とは言いつつも3776シリーズを買う買わないの話は別。増殖していることも事実なのですが。

プラチナ #3776
ブルーがC、ブラックはSFのため、自分の保有万年筆の中で字幅の競合が少なく、特徴のある書き味なので気に入って使っています。

ちなみに8月ごろもう1本3776系の万年筆が増える予定です。(普段手に入らない字幅を手に入れることが出来そう)

個人的に形状は嫌いで使用頻度は低めですが、筆記性能的には本当にお勧めできる万年筆ですよ。

スリップシール機構というインクが乾かない仕組みも最高ですし、お値段も定価1万円と金ペンでは安価ですし。

コメント

  1. […] 【プラチナ#3776センチュリー EF】書き味は気に入ってるけど使用頻度の少ない万年筆書き味は抜群に素晴らしいけど普段使わない万年筆があります。プラチナの#3776センチュリーブルゴー […]