社会人でも大丈夫!洗練されたデザインと書き味。パイロット『コクーン』は万年筆デビューにオススメの1本!

パイロット コクーン 万年筆

万年筆デビューしたい。でもあまり予算はかけたくない。
仕事でも使いたいから、素材やデザイン・多少の見栄えにはこだわりたい。

そんな方にお勧めなのがパイロットから発売されているコクーンという万年筆です。

今回はこのコクーンについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パイロット「コクーン」の紹介

概要

コクーン
コクーンは、20〜30代の若い世代に向けた「はじまり」をテーマとした万年筆を中心とした新ブランドで、万年筆以外にもボールペン・シャープペンも展開。万年筆は3,000円という低価格でありながらも上質さと使いやすさを備えるエントリーモデルです。

今回紹介するコクーン万年筆は、万年筆を使い慣れない人でも扱いやすい硬めのステンレス製ペンを採用。ボディは美しい曲線で構成されたフォルムの金属軸で手に馴染みやすく、筆記時の重心バランスにも優れています。

2013年にはグッドデザイン賞も受賞した評価の高い万年筆です。

デザイン・素材


まずコクーンで最初に目を引くのはシンプルでありつつも美しい曲線美。
中央にかけてやや太くなっていく流線型のボディはデザイン的な美しさだけでなく、手に馴染み、握りやすいという実用性を兼ね備えた形状です。

この流線型の形状はコクーンだけでなく、高級万年筆の中でもオーソドックスなもので多くのメーカーが採用。


写真は上からモンブラン146、セーラープロフィット21、パイロットコクーン。こういった高価格帯の万年筆も流線型の形状を採用しています。


キャップを外した時と、キャップをつけた時。
どちらもバランスが取れています。

また、形状的なデザイン美だけではなく、実用的なデザインもしっかりと担保。中央リング部分は滑りにくくなっており筆記シーンにおいてもストレスなく書けるのが嬉しいポイントです。


キャップの脱着部分に手を添える形でグリップでき、この段差によりグリップが固定されるという安心感が得られます。

ペン先はステンレスを採用

コクーンのペン先

こちらがコクーンのペン先。万年筆のペン先は慣れない人でも扱いやすい硬めの鉄ペンといわれるステンレス製ペンを採用しており、ペンポイントのサイズはF(細字)とM(中字)の2種類が発売されています。

私は普段使いしたかったので、Fを購入しました。

尚このペン先は、同じくパイロット社のカクノという万年筆と同等のものが使用されています。


こちらはカクノとコクーンのペン先の拡大写真ですが、刻印は異なりますが形状は同じ。


写真はカクノ(右の緑)とコクーン(左の黒)で書いた文字です。同じペン先(両方ともF)ですから紙面に対してのタッチの感触はカクノとコクーンではさほど変わりはありませんので、成果物としての文字は似たものになります。

では、カクノよりちょっとデザインが良くなっただけ・・・というようにも感じられてしまうかと思いますが、万年筆の構成要素として、ペン先だけでなく軸というのも重要な要素。

軸の重みやバランス、質感、そういったものがペン先のタッチ感と合わさって総合的な書き味に繋がっていくわけで、カクノとコクーンでは全く別の書き心地が味わえるといって良いでしょう。

なお、インクフローなど書き味については、さすがパイロットと言わんばかりで何の不満もなく気持ちよく筆記ができます。

カチッとハメ外しのできるキャップは、回転式のキャップと比べてスピーディーに操作ができ、仕事で使う際など急いで書きはじめたいときにも便利です。

下の写真はキャップを外してグリップしたときと、キャップを後ろに付けてグリップした時のイメージ。

キャップを後ろに付けると重心が後ろに来ますので、意識せずとも万年筆を寝かして筆記する事が出来ます。

コンバーターでインクを楽しむ

もう一つ、嬉しいポイント。
コクーンはインクのコンバーターを使う事が出来ますので、万年筆の醍醐味である様々なインクを楽しむ事が可能です。

こんな方にオススメ!

コクーンの素晴らしさは、3,000円という万年筆の中では低価格帯でありながらもデザイン性に優れており、かつ安心して筆記できる万年筆であること。

初めて万年筆を手にしたいが、使い続けられるか分からないので低価格帯のもので試してみたい。でもデザインや素材にはこだわりたいと言った方。

カクノやプレピーなどで万年筆の書き味の良さを知ったので、もうワンランク上のものを持ちたいという方などにもおススメです。

ぜひぜひお試し下さい。

コメント