パイロットペン習字6月分の結果と7月分課題の清書

わかくさ通信 ペン習字

数日前、パイロットより緑の封筒が届きました。封筒に入っている書類は毎月恒例のわかくさ通信です。※わかくさ通信には級位認定課題の結果が記載されています。

本日は、6月分の級位認定課題の結果と、7月分の課題清書についてお話しします。

スポンサーリンク

パイロットペン習字の進捗

6月分級位認定課題の結果

6月分清書
まず、こちらが6月分の清書。

個人的な感触としては、

  • 相当練習は積んだ。
  • 清書でもなんとなく自分の実力派出せたかな。
  • でも上手く書けない文字もいくつかあった。
  • 級位がだいぶ上がってきているのでもしかしたらダメかも・・・。
  • 1つでも上がっていると良いな。

といった感じで、級位が上がっていなくても理解出来るレベルの書きっぷりでした。
これまでに確信を持って今回は納得できる文字を書けたというものは無いのですが^^;

こんな心境でわかくさ通信を開封したところ、

なんとか1つ級位は上がっていました。

とりあえずおめでとう、自分^^

先月より中級の級位に入っていましたが、もう1つ上がった事でまぐれではなくちゃんとした中級になれたような気がします。

7月分清書

続いて7月分級位認定課題の清書。
これまでは楷書で書いていましたが、中級に入ったことで行書で清書をしました。

行書に関しては初物づくしで作法も分からないので、とにかく練習量を増やして行書慣れすることに専念した一ヶ月でした。

また、課題練習だけでは意味がないようにも思えたので、漢字のお手本としているペン習字三体の臨書を毎日行うということも義務付けて練習し、一つ一つの漢字に対して楷書と行書を4文字づつ、1ページずつ練習を行いました。

具体的には、

ペン習字三体

こちらのペン習字三体というB系統の漢字のお手本を、

このように書き写していく作業です。

1ページ書き写すのに真剣に書くと40分くらいかかります。

練習量だけでいれば過去最高かもしれません。※練習しているアピール、最近毎月言っているような気がします。笑

そんな感じで練習を重ねていよいよ清書。

7月分清書

結果は緊張しすぎて練習の成果は出ませんでした・・・苦

最近思うのですが、練習量が多ければ多いほど緊張の度合いが高くなってしまうような気がします。

これだけ頑張って練習したんだからみたいなプレッシャーが掛かってしまうようで、とにかく手の汗が止まらずペンが滑ってしまいます。

滑りを防止するため清書直前でエボナイト軸の万年筆に切り替えて滑りは防げましたが、緊張で手が震えて文字がゆがんでしまったり、筆圧のブレで筆記線が太くなったり細くなってしまいました。

もう少し何とかなったのではという後悔もありつつ、緊張は清書時の常ですのでそれに合わせて練習しましょうということですね。

8月分の課題

次回、8月分の級位認定課題は、

お盆に、待望の十和田湖へ
家族で訪れました。

です。

とりあえずお手本無しで書いてみました。

一文字一文字のサイズ・バランスで苦戦しそうな予感がします^^;

しっかり練習します!

コメント