万年筆仲間と飲み会

ライフログ

本日、2月15日は万年筆仲間と飲み会です。

趣味の合う仲間と気軽に飲める機会が欲しいなとツイッターで声をかけたところ十数名も集まって頂けることになりました。

参加いただける方、ほんと感謝です。

このブログであまり酒の話をした事がないので、今回は私の酒に関する遍歴でも。

正直酒が強い方ではない(ぶっちゃけ弱い)ですが、とにかく好きです。

酒のジャンルはビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、ワインなど基本なんでも飲みますが、何が好きかと言われるとウイスキーと答える事が多いです。

具体的にはアイラ系のウイスキーが好きで、アードベッグやラフロイグなどが好物。

と言いつつそんなに飲めるわけではないので、ウイスキーの飲めるバーに行くと一杯目はビールなどのシュワシュワ系、それ以降はウイスキーをストレートで2杯程度が定番の流れです。
飲んでいるときはつまみもあまりオーダーしないので安上がりだと思います。笑

20代前半の頃、バーテンダーになりたいと夢見てた時期がありまして、当時は部屋の中に200本ほどの様々な酒が並んでました。
仕事が終わって家に帰ると、カクテルを作る練習をして試飲して酔っ払って寝るというのが毎日の日課。

200本のボトルからわかるように、収集癖はこの頃からあったようです。毎週お酒のボトルが増えてました。今の万年筆やインクと同じかもしれません。

日本酒も同じで、様々な地酒を買ってきて飲み比べをする毎日。一時期は毎日四合瓶を一本ずつ空けていたように思います。

まだインターネットでの買い物が主流ではない時代でしたので、とにかく酒屋を回って飲んだことのないお酒を手に入れて…みたいな事を繰り返していくうちに行きつけの酒屋さんが出来てと言った流れ。

当時、飲み屋には行かないのに、毎月それなりの酒代を使っていたように思います。

20代の頃は酒を飲まない日はなく、二日酔いでない日が珍しい状態でした。

そんな生活は結婚のタイミングで辞めましたが。

ここ数年は、酒よりも万年筆などにお金を使うようになってしまった事もあり、酒をボトルで買うことは少なくなりました。

以前は2〜5000円前後のお酒をメインに買っておりそれが普通だと思ってましたが、今は高くて勿体無いと感じます。

(棒は?)

と言いつつ、酒自体は好きなので普段はこの酒、良いことがあった日はこの酒という風に決めて楽しんでおります。

最近はダイエットしてるので、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒系が多いですかね。

そんなわけで、今日は飲み会。
集まる仲間は万年筆が大好きな仲間達。そんな仲間が集まるだけでメチャ楽しいのにお酒が入ったらどうなってしまうのでしょう。

楽しんできます^ ^

コメント