0.3mmシャープペンシル機構が搭載された4色多機能ボールペン『ドクターグリップ4+1』

ドクターグリップ4+1 4色ボールペン

パイロットのDr.GRIP 4+1に新しいラインナップが追加されました。

今回追加されたのは、0.3mmという極細のシャープペン機構がついたドクターグリップ4+1(4色多機能ボールペン)です。

0.5mmのシャープペン機構がついた4色ボールペンは多く存在しますが、0.3mmのシャープペン機構が付いた4色ボールペンは聞いたことがありませんね。

パイロット公式サイトに、「多機能筆記具として業界初の0.3mmシャープペンシル機構を搭載」と記載がありますので初めてなのでしょう。

※ゼブラのシャーボXなら0.3mm、0.5mm、0.7mmのシャープペン機構を選べます。ただシャーボXの場合は最大でも3色ボールペンになってしまいますから、「4色の多機能筆記具で業界初の0.3mmシャープペンシル機構を搭載」が正しい言い回しだと思います。

まあそんな事はどうでもよく、0.3mmのシャープペンを搭載した4色ボールペンを待っていた方は多いのではないでしょうか。

私も手帳で4色ボールペンを使用しますが、基本的な筆記はボールペン、後から消す可能性がある(変更する可能性がある)ものや、メモ書き程度のものはシャープペンで筆記するパターンが多いです。

その際0.5mmだとちょっと太いな〜と感じることも多々ありますので、0.3mmが発売されたのは本当にありがたいです。


0.5mmシャープペンのドクターグリップ4+1と、0.3mmシャープペンのドクターグリップ4+1


多機能ボールペンに付いているシャープペンの書き心地が良いかどうかは別にして、やはりこの細さはありがたいですよね。
あまり力を入れて書くタイプではないので参考にならないかもしれませんが、上記筆記において芯が折れる事はありませんでした。

その他の特徴としては、これまでのドクターグリップ4+1と同じでアクロインキが採用されています。アクロインキについて今更語ることはありませんが、ジェットストリームと並ぶ滑らかインクの最高峰ですね。滑らかだけならジェットストリームに軍配が上がりますが、滑らか過ぎる為個人的にはアクロインキ推しです。書き味も良いですい、カラーインクの発色は間違いなくアクロインキが上だと思ってます。

軸色はパールレッド、パールピンク、グラデーションラベンダー、グラデーションソフトブルー、ブルーブラックの5色が発売されまして、私はブルーブラックをチョイスしました。グリップ部分も同色でバランスが取れてて良い感じです。

お値段はこれまでのドクターグリップ4+1シリーズ同様1,000円+税です。

細かい文字を書きたい方、3色では足りず4色使いたいけど筆記具を多く持ちたくない方にはオススメの一本です。

コメント