【パイロット万年筆カヴァリエ】細身のマーブルデザインが素敵だけど書き味は満足度低め

万年筆レビュー

パイロットより1997年から発売されているロングセラーで、女性をターゲットにしたカヴァリエという万年筆。細身のマーブルボディは、ビジネスシーンで手帳と合わせて持たれていたら素敵に見えるでしょうね。

特にこのマーブルブラック&レッドの色合いは大人な色気が漂ってて個人的にツボ。初めて会う女性が目の前でこの万年筆を取り出して書き始めたら、ワクワクしちゃって仕事どころではなくなりそうです。

ちなみに『カヴァリエ』という名前の由来は、フランス語で「ダンスのパートナー」を意味し、ユーザーのパートナーとなる筆記具でありたいという思いが込められているそうです。

さて、そんな素敵なデザインと由来を持つカヴァリエを、女性ではない私がなぜ持っているかと言えば、セールで半額で売ってたから。おい。

定価は5,000円ですが、私の保有しているモデルは廃番となるので安くなっていたのだと思います。

レビューします。

スポンサーリンク

パイロット万年筆カヴァリエ

デザイン

カヴァリエ
パイロット社の万年筆の中では最も細くスラッと真っ直ぐに伸びたスタイルが印象的で、またマーブルブラック&レッドと金の組み合わせは大人っぽい雰囲気をしっかりと演出しています。

この細身で美しいデザインに釣れて購入された方も多いのではと思います。

ちなみにどれくらいの細さか比較しますと、以下の感じ。

左から、カクノ、コクーン、カヴァリエ、グランセ、カスタムNS、いずれもパイロット社の万年筆です。

右横のグランセも細身ですが、カヴァリエは最大径φ:9.8mm、グランセは最大径φ:11.5mmとなりますので、カヴァリエの方が1.7mm程度細くなっています。

細く絞られたペン先は硬めのスチールペン先。

ペン先も細身に絞られていますので、キャップを外してもバランスが整っています。

天冠は金のリングの中に丸みを帯びたブラックでデザインされています。

クリップも特徴的なデザインですが、この形状は廃番となってしまい、現行のタイプはストレートなデザインに変更がありました。

尻軸は金で締めています。

全体的なディテールといい、細部のこだわりといい5,000円クラスの万年筆とは思えないこだわりが感じられ、デザイン的な部分においては二重丸を付けてあげたいです

仕様

カヴァリエはボディの材質により3,000円のタイプと5,000円のタイプが発売されており、写真のマーブル軸は5,000円です。
ペン先はスチールペン先で、字幅はF(細字)とM(中字)の2つから選べます。
また、インクはカードリッジ、コンバーターの両用タイプで、コンバーターはCON-40が使えます。

書き味

カヴァリエの書き味
さて肝心の書き味ですが、個人的にはあまり好きな書き味ではありませんでした。
手書き写真にも書いていますが、ペン先は非常に硬めで、スイートスポットが狭いのか筆記角度に繊細に影響します。
スイートスポットがきちんと紙面に当たって筆記できたときは滑るような書き味が得られますが、ちょっとでもズレるとインクがカスれたりガリガリした書き味に変わります。

私のカヴァリエはM(中字)ですが、特段インクフローも良くはなく高速筆記にもついて来れません。
手帳などと合わせると雰囲気は素敵だと思いますが、急いで書く時にいちいち筆記面を気にしてられませんし、フローもついてきませんので正直書きづらいでしょうね。

パイロットの万年筆は個体差が少ないことが売りだと思っていますが、この書き味が正規の書き味なのであれば、書き味的にはあまり良い万年筆だとは思えません。(個体差で私がハズレを引いただけなら話は別です)

とは言いつつ調整を入れたら書き味は大きく変わる余地があるのは間違いありませんので、どこかのタイミングで調整には出してみたいですね。

以上、パイロット万年筆カヴァリエのレビューとさせていただきます。

コメント