高級モデルとして登場したサクラボールサインプレミアム4*1と2*1 をレビュー

サクラボールサインプレミアム4*1と2*1 高級ボールペン

サクラボールサインの高級モデル、サクラボールサインプレミアム4*1と、サクラボールサインプレミアム2*1の2種類をレビューします。

スポンサーリンク

サクラボールサインプレミアム4*1

サクラボールサインプレミアム4*1

サクラボールサインプレミアム4*1は、ボールサインの高級版という位置付けで黒、赤、青、緑の0.4mm水性ゲルインキとシャープペンの5機能ペン。

軸のカラーはブラックとホワイトの2色で販売価格は2,000円。通常のボールサイン4*1と比べて1,000円のアップしました。

上のボールサインが従来のボールサインで、下がボールサインプレミアムです。

これまでのボールサイン4*1と形状は変わりませんが、グリップ部分がラバーグリップから真鍮製になり高級感が増しています。

真鍮製になった分、重量が増えて手にした感触もズシッと感じますが、それによって低重心となりました。

かなりの重さがありますので好みが分かれると思いますが、重量がそれなりにあって低重心な筆記具が好きな方にはたまらない一本だと感じます。

また、デザイン的にはシルバーだったグリップ・本体のつなぎ目、そしてペン先部分の色も統一されています。

ノック部分などは従来のボールサイン同様に樹脂製になっています。

プレミアムタイプは手にかかる部分だけ色を付けています。多少高級感が増したようにも感じますね。

スポンサーリンク

サクラボールサインプレミアム2*1

2*1はフルメタルの重厚感ある金属ボディが特徴の2色ボールペン+シャープペンの3機能ペン。本体の色数は現在全8色が展開されています。

3機能に絞った事で、4*1と比べて細身で小ぶりに仕上がっていますので、リフィルは2色でOK、よりシンプルさを求める方にはこちらがおすすめです。

ちなみに4*1が2,000円なのに対して、2*1の定価は3,000円と、1,000円高くなっています。

スポンサーリンク

4*1と2*1の違い

4*1と2*1の違いを見ていきます。

グリップ部分は両者ともに真鍮グリップとなっておりますが、4*1はグリップのみが真鍮でボディが樹脂であるのに対して、2*1はフルメタルボディとなるため、重心的には4*1の方が低重心、2*1は高重心となります。

ちなみにデザインで凸凹を作って滑り止めとしていますが、滑り止めとしては役立っている気はしません。

どちらも滑る時は滑りますが、とくに4*1は軸が太いので、太くて滑りやすいという感覚はなんとも微妙。慣れが必要です。

ちなみに4*1と2*1では、2*1の方が1,000円高くなるのですが、細かな部分での仕様の差があります。

4*1が樹脂製のクリップに対して2*1は金属製クリップ。

リフィルの切り替えは、4*1がノック式、2*1は回転式となります。

消しゴム部分です。2*1はねじ式というこだわりよう。

リフィルもそれぞれ別の規格が採用されています。

2*1には4cのリフィルが挿さっています。

ボールサインのデフォルトで挿さっているリフィルは水性ゲルインキになります。

水性インキの書き味には好き嫌いが分かれますが、ボディのデザインは好きだけど水性ゲルインキの書き味が苦手という方は、ジェットストリームやアクロインキなどを差し替えて使うのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

書き心地

ボールサインは、0.4mmのゲルインキという事もあり、細い筆記線を書き続けられることと、あざやかな発色が特徴です。

書き味として、インクフローも良く、高速筆記にもしっかりと耐えてくれますが、0.4mmという細さであるがゆえ、なめらかさは低く、筆記時の抵抗感は否めません。

ペン先のぐらつきに関しては最小限に抑えられており、多機能ペンとしては優秀な部類に入るのではと感じます。

個人的に良いなと感じたのは、2*1のシャープペン機能。多機能ペンのシャープペンというのはおまけであることが多いのですが、ボディ全体のバランスとの相性も良く妙な書きやすさを感じました。

2つともプレミアムだけあって、ビジネス用途で使っても違和感のない作りになっていますが、個人的には2*1のバランス、そしてインクが自由にカスタマイズできる部分が気に入っています。ボールペン機能が2色で良ければ買いです。

4*1は低重心な多機能ペンが欲しいのであれば買いですが、プレミアムとつく以上、もう少し素材にもこだわって高級感を出せたら良かったのではと感じています。

コメント