【logi STREAMCAM】Web会議やストリーミング配信で大活躍!美しくなめらかな映像を映し出すWebカメラ

logi STREAMCAM ガジェット・家電製品

PC内蔵カメラの性能が悪く、映像が綺麗に映し出せないのでWebカメラを購入したい。
YouTubeなどの映像配信で手軽に自分を撮影するカメラが欲しい、そんな方におすすめなのがロジクールのSTREAMCAM(ストリームカム)です。

STREAMCAMは、2020年4月に発売されたばかりの最新カメラで、一般ユーザーを対象としたWebカメラであれば最高のスペックを兼ね備えた高性能カメラでもあります。

Webカメラが必要な理由

コロナ渦にて働き方が大きく変わり、社内はもちろんクライアントとの打ち合わせも大半がzoomなどを活用したWeb会議が増えてきました。

Web会議を始めた頃は、リアルな会議と比較して相手の表情や空気感が伝わりづらいことからネガティブな意見も多くありましたが、リアルな対面会議と比較して圧倒的にWeb会議の方がメリットが多いことから、最近ネガティブな意見を聴くことは少なくなってきましたし、今後はよりWeb会議が主流になっていくのでしょう。

Web会議が主流になっていく中でこだわっていくべきが、自分自身をどう映し出すかという画像の質です。

今でも、誰だかわならないような映像であったり、粗い映像でWeb会議をされていらっしゃる方も多いですよね。中には光の当て方を間違えて真っ暗な状態という方もいらっしゃいます。

Web会議が主流になり始めた2020年はそれでも良いかもしれませんが、今後は映し出す映像の質も身だしなみの一つとして見られるようになるでしょう。

現在販売されているノートPCの大半にはデフォルトでカメラが内蔵されていますので、内蔵カメラでWeb会議をおこなう方が多いのですが、内蔵されているカメラはスペックが低いものが多く、良い映像を映し出すことは出来ません。

もちろん、ルールで定められたパソコン・カメラしか使っていけないといった企業もあると思いますが、カメラを選ぶことが出来るのであれば写りの良いカメラをチョイスした方が間違いないでしょう。フリーランスで仕事を取りに行く立場であれば尚更です。

デザイン・仕様

STREAMCAM

それではSTREAMCAMを具体的に見ていきます。

STREAMCAMを開封して箱から出てくるのは、STREAMCAM本体と、写真左に写っている三脚で立てる際に使用するパーツの2点です。

また、STREAMCAM本体には太めで1.5mほどあるUSBケーブル(TYPE-C)が繋がれています。パソコンによってはTYPE-C接続のポートがありませんので、PC側にTYPE-C接続ポートが有るかどうかは事前に確認しておきましょう。

PCのモニタ・三脚で使用可能

左側の付属品はカメラを三脚に立てるときに使うパーツ。STREAMCAMはパソコンのモニタにも取り付けられますし、三脚に取り付けて撮りたい角度から映し出すということもも可能です。

モニタに取り付ける際は以下のように取り付けます。

logi STREAMCAM

logi STREAMCAM

三脚に取り付ける場合は、付属キッドを三脚に取り付けて使用します。

キットを三脚に取り付けた上で、縦横撮りたい向きでSTREAMCAMをセットすればOK。

Web会議ではモニタ上で使うのが一般的ですが、ストリーム配信をする際などは三脚がベースになります。

縦横カメラの向きを変えられる

STREAMCAMはカメラの向きを変えることも可能です。普段PCなどで見る映像は横長が多いですが、インスタライブなどスマホでライブ撮影をする際は縦長の方が良いですよね。

下の写真のように向きを変えることで、縦長の動画が撮影可能です。

本格的なビデオカメラに近い映像スペック

現在のWebカメラで最もスペックが高い1080p 60fps仕様

STREAMCAMの最大の特徴は一般的に流通されているWebカメラの中で最もスペックの高い1080p 60fpsという性能をもっていること。

1080p 60fpsの1080pは、1920×1080ピクセルのフルHD動画が撮影できるということ。

下記の表は動画のサイズ比較。最近だと、1080p以上の上位規格も登場しております。

規格・名称 一般的なサイズ(解像度)
8K 7,680 ×4,320(pixel)
4K 3840 x 2160 (pixel)
UHD 2880 x 2160 (pixel)
2.7K 2704 x 1520 (pixel)
QHD 2560 x 1440 (pixel)
1080p FHD(フルHD) 1920 x 1080 (pixel)
HD 1280 x 720 (pixel)

このような規格と比較すると、1080pというのはスペックが低いと感じられてしまうかもしれませんが、4Kが登場する前にテレビのスペックで「フルハイビジョン動画」という言葉がありましたよね。

フルハイビジョン動画はめちゃ映像が綺麗という印象があったかと思いますが、そのフルハイビジョン動画が1080p。Web会議や一般的なストリーミングであれば、十分なスペックであることがお分かりいただけるかと思います。

逆にこれ以上のクオリティの映像を配信しようとすると、通信にも負担がかかりますし現実的ではありません。

また、デジタル動画は静止画の集まりです。ぱらぱら漫画で、カット数が多いほどなめらかに表示されるのと同じで、フレーム数が多ければ多いほどなめらかな映像になります。
カメラのスペックである30pとか60pというのは1秒あたりのフレーム数のことで、一般的な動画が30pで撮影するのに対して、STREAMCAMは約2倍の60pで記録します。約2倍のフレームレートに対応しているので、ストレスの少ない滑らかな撮影・映像配信が可能なのです。

映像クオリティも素晴らしい

下の写真は我が家にあったカメラをWebカメラとして自分を映し出してみたもの。

左上がMacBook Proの内蔵カメラ、右下がSTREAMCAMdesuga,STREAMCAMの方は髪の毛まで鮮明に映し出していることが理解いただけるかと思います。

また、写真を見て分かる通り、STREAMCAMは視野角が78度と狭めに設定されています。

テレワークで自分の部屋で映像を配信する際、見せたくない部分も多いかと思いますが、STREAMCAMは視野角が狭いおかげで余計なものを映されなくて済みます。

スマートビデオ機能による自動ピント合わせ

また、STREAMCAMが良いと感じるポイントは映像のクオリティと合わせて、AI駆動の顔トラッキング機能が、フォーカスと露出を自動調整してくれます。この自動的なピント合わせはカメラのファームウェアのアップデートでより強化されており、ジャスピンで鮮明な画像を映し出してくれます。

まとめ

STREAMCAMをWebカメラとして使用することで、パソコン内蔵カメラや安価なWebカメラとは比べられない満足出来ない方がワンランク上の配信を試したいならおすすめです。

今後さらにWeb会議が主流になっていくこと間違いありませんが、まだまだカメラに投資している方はほとんどいません。Web会議で、STREAMCAMで映像を流していると、私一人だけ映像が鮮明すぎて話題になるレベルです。

ぜひお勧めしたいWebカメラです。

コメント