ATH-M50xレビュー・解像度と定位が抜群で音楽鑑賞にもゲームにも最適なオーディオテクニカ製モニターヘッドホン

3 min 142 views
  • 2万円を切る価格帯で音質にこだわったヘッドホンが欲しい。
  • 出来れば音楽鑑賞もゲーミングも一つのヘッドホンが欲しい。

そんな方におすすめなのがオーディオテクニカのモニターヘッドホン、ATH-M50xです。

ATH-M50xは、解像度が高く低音から高音までのバランスと分離が優れており、プロのミュージシャンが音楽制作に活用したり、ユーチューバーの音声編集などでも人気のあるヘッドホンです。

また、ATH-M50xはモニターヘッドホンでありつつも、低音よりで音楽鑑賞においてもストレスなく音を楽しめる事から、良い音を出せるヘッドホンを適度な値段で購入したい一般ユーザーの中でも人気を集めています。

定価は19,668円(税込み)ですが、アマゾンなどのネットショップでは16,000円前後の価格帯にて販売されており、程よい価格帯で本格的なヘッドホンを探しているユーザーにはお手頃感の高い製品になっています。

この記事では、ATH-M50xをレビューしていきます。

ATH-M50xの仕様

まずはATH-M50xのスペック概要について簡単に紹介していきます。

  • タイプ:オーバーヘッドタイプ
  • 構造:密閉型
  • ドライバー:φ45mm、CCAWボイスコイル
  • 出力音圧レベル:99dB/mW
  • 再生周波数帯域:15~28,000Hz
  • 最大入力:1,600mW
  • インピーダンス:38Ω
  • 質量:285g

ATH-M50xはオーバーヘッドタイプ、密閉型のモニターヘッドホンです。

密閉型であるため、低音の響きもよく、かつ強調し過ぎない心地よいサウンドを楽しむことが可能です。

再生周波数帯域は15~28,000Hzと広く、ハイレゾ帯域ではありませんが、一般的なリスニングであれば申し分ありません。

インピーダンスが38Ωとそれほど高くないので、外部アンプなしでスマホなどに気軽に接続しても楽しめるヘッドホンに仕上がっています。

なお、カラーはブラックとホワイトの2種類が販売されていますが、私はホワイトを購入しました。

使用1年経過後の ATH-M50x ホワイト

ホワイトは経年変化によって色が褪せてしまうかと心配しましたが、1年たっても汚れも色褪せもさほど目立っていません。

(自宅での使用がメインで、外に持ち出すことが無いというのも汚れが目立たない理由だと思います)

ATH-M50xのデザイン

それでは ATH-M50xのデザインを見ていきましょう。

私が購入したホワイトモデルは、ケーブルも含めてホワイトで、アクセントとなるシルバーが非常に映えます。

全体的なベース素材は樹脂製ですが、安っぽさを感じることはありません。

ヘッドバンド部分には下の画像のようにaudio-technicaのロゴが印字されています。

接続プラグは標準の6.3㎜プラグがベースになりますが、標準プラグはネジで外せるようになっており、3.5㎜のミニプラグとしても使用が可能です。

標準プラグにてオーディオ機材との接続も可能で、PCやスマホにもつなぐことが可能です。

装着感

続いて装着感について感想をお伝えします。

私は普段オープン型のヘッドホンを使用しており、オープン型のヘッドホンと比較すると窮屈さを感じますが、密閉型のヘッドホンの中ではさほど窮屈さは感じられません。

長時間装着できると言えば嘘になりますが、数時間であれば問題なく装着し続けられます。

窮屈がNGかと言えばそうではなく、程よい密閉感に包まれた状態になる為、低音の響きも堪能できますしサウンドに集中して没頭できるという観点では適正な装着感であると感じています。

ATH-M50xの音質

続いて音質です。

ATH-M50xはモニターヘッドホンとしては低音が豊かで、音楽をしっかりと堪能するのに適したヘッドホンだと感じています。

かといって音楽制作に邪魔するような低音の利いたステレオヘッドホンのような圧力が掛かってくるわけではありません。

合わせて低音だけが強調されるのではなく中~高音もいい感じです。全体的なバランスをとりつつも、低音を若干強調されているように感じました。

また、ATH-M50xは空間表現も上手く、それぞれの音と音の距離や定位・空間を誇張なく表現してくれるため、その場にいるかのような自然なサウンドを楽しめます。

ボーカルの声、ギターやピアノなど合わさる楽器とのベースラインなどが確認しやすく、モニター用途としてプロのミュージシャンの中でも人気が高いのは頷けます。

FPSやTPSなど繊細な音の位置を確認するゲームにも最適

ATH-M50xは、音の距離や定位・空間を自然に表現してくれるため、FPSやTPSなど、敵がどこにいるかを常に把握したいゲームでは非常に重宝します。

私は普段ゲーミングヘッドセットにてフォートナイトを楽しんでいましたが、たまたまATH-M50xでフォートナイトを試したところ、ゲーミングヘッドセットでは全く聞こえてこない音が明確に聞こえてくるとともに、敵や味方の足音・銃音の位置感覚が明確に確認出来て驚きました。

ゲーミングヘッドセットも一般的に良いと言われている製品を使用しており、聞こえてくる音には満足していましたが、ATH-M50xがずば抜けて優れている為驚かされました。

ゲームをされる方であれば、ぜひ一度試していただきたいですね。

まとめ

オーディオテクニカのモニターヘッドホンATH-M50xを紹介してきました。

音楽制作・編集用途でプロが使用するモニターヘッドホンでありつつも、音質は自然で音楽鑑賞もしやすいヘッドホンです。

合わせて定位や距離感など空間表現が素晴らしく、音楽鑑賞はもちろんゲーミングにおいても重宝します。

音楽制作・リスニング・ゲームとマルチ分野で高いレベルで活躍するにもかかわらず、実売16,000円程度と手に取りやすい価格帯。

発売以降、人気が途切れないロングセラーモデルであることが、納得できるヘッドホンです。

よしぞー

よしぞー

万年筆、ボールペン等の筆記具沼・ゲーム沼・美容沼、そして革沼など複数の沼のほとりにて、物欲のままに暮らしてます。このブログは使用した物のレビューを中心に好きなことを気ままに書いてます。ご覧になられた方が一人でも多く沼に堕ちてくれたら嬉しいです。

関連記事