世間では太芯のシャーペンが人気!その理由を考えてみたところたどり着いたのは安心感

シャープペン

シャー芯の太さ

太芯シャープが大人気ですね。

「大人の鉛筆」を筆頭に、各社が太芯のシャープをこぞって販売しています。
メディアでもちょくちょく取り上げられていますので、人気にも輪が掛かっているようですね。

日本でのシャープペンシルの一番オーソドックスで一般的な太さは、0.5mm です。
0.5mm のシャープは種類も豊富だしどこでも売っている。
シャー芯も多くの種類があって、選ぶのに迷うほど。
それだけで回っているのだから、0.5mm が日本のシャープの王道と言ってよいでしょう。

※ちなみに海外では 0.7mm が王道のようです。(英語圏では漢字みたいに字画の多い文字が無いので細いのは必要無しということでしょう)

さて、0.5mm を中心として、いろいろな太さの芯があるわけですが、0.5mm よりも上の太さのシャープを太芯シャープと呼ばれている感があります。

0.5mm よりも上の太さだと、0.7mm、0.9mm、1.3mm、2.0mm あたりが文房具屋さんに行けば売られていますね。
ちょっと特殊サイズだと、ファーバーカステル社が出している 1.4mm というのもあります。

さて、私も太芯シャープは何本か持ってまして、初めて手にとって書いてみた時は本当に書きやすく感じました。
確か初めての太芯シャープはステットラーの 925 25 の 0.9mm だったと記憶しています。

そこから、2.0mm、1.3mm と何本か購入し利用していましたが、自分の感想として太芯のメリットは「安心感」と「強い筆圧に耐えらえる」です。

反対に丁寧で綺麗な文字が書けるかどうかだと、間違いなく細芯シャープに軍配があがると感じています。

太芯シャープが人気な理由を考察

ではなぜ、太芯シャープの人気が高いかを自分の仕事シーンを混ぜて考えてみると、日常の筆記シーンの中で丁寧に書けるタイミングって思いのほか少ないんです。

学生が授業のメモを取る時はもちろん、仕事でも打ち合わせでメモを取ったり議事録を取ったりする時って丁寧さよりもスピード重視になります。
自分の場合で丁寧に書けるタイミングは、朝仕事前の落ち着いた時間にタスクを整理したり仕事後に諸々の整理をしたりする時くらいかな。

そう考えると、丁寧に書けるシャーペンより、スピード感を持ってガシガシ書けるシャーペンの方が実用では重宝されるわけですが、スピード重視で書き物をする時に細い芯だと芯が折れちゃうんですよね。

急いで書いている時に芯がポキポキ折れてしまうと、ストレスが溜まってどうしようもないです。

最近では芯が折れないをコンセプトとしたシャーペンが販売されていますが、原始的な部分で考えるとそもそも芯が太ければ芯は折れにくいんです。

芯が折れない = 安心感が生まれるので、細芯シャープではなかなか難しい強目の筆圧でなぐり書きができちゃうんです。

私の場合は筆圧のせいか 0.5mm でも折れることが少ないのですが(たまに折れます)、0.7mm、0.9mm 以上だと意図的に折らないと折れないです。
1.3mm以上だと折れる気がしません^^

ですので、太芯は「折れる」という不安が一切無い中で安心して書くことに専念できるんですよね。

ただ、2.0mmクラスの太すぎるものは正直疑問があります。
太芯であればあるほど、当然文字が太くなりますのでノートスペースを奪っちゃいます。
もちろん、2.0mm芯専用の削り機はあるので削れば良いんですけど、ワンクッション手間になってしまうんですよね。

それはそれで楽しいのですが、普段使いでは2.0mmを使うということはあまり無くなってしまい、太くても 0.7mm〜1.4mm までのシャー芯を使っています。

1.4mm というのは芯経として一般的ではありませんが、ファーバーカステルが販売いる木製のシャーペンで 1.4mm があり、これがなかなか使い心地が良く重宝しています。

ファーバーカステル ペンシル エモーション ウッド&クローム 梨の木 ブラック

芯に関しては、1.4mm という芯が一般的ではなくほとんど販売されてないためファーバーカステルの正規品を使う以外ありませんが、他とは違ったものを使いたい、ちょっとおしゃれなシャーペンを持ちたいという方にはオススメです。

コメント