極細なのに滑らかに書ける万年筆 カスタムヘリテイジ912 PO

万年筆

少し前ですが、PILOT CUSTOM HERITAGE 912 PO(カスタムヘリテイジ912 ポスティング)をペン習字の昇級のお祝いに購入しました。

実はこの万年筆、以前パイロットさんに筆圧を測定してもらった際に、習字を習い始める旨をお伝えしたところお勧めされた万年筆でした。

パイロットの筆圧測定を体験しました
昨日、渋谷伊東屋で開催されているパイロットの筆圧測定を体験させていただきました。 筆圧測定とは、その名の通り書き手の筆圧と筆記角度・ねじれ角度を測り今現状の筆記状態を数値化して見せてくれるというもの。 そういった筆圧や筆記角度か...

ペン先が下向きに曲がっている特殊ペン先で、極細の線が安定して書き続けられるのが特徴とお話しいただいた記憶があります。その当時は筆記具の購入を控えていた時期でもありましたのでお迎えはしませんでしたが、いつかは欲しいなーと思ってた万年筆でした。

万年筆を使う楽しみは、ペン先のたわみを活かして抑揚のある文字を書いたり、滑らかな筆記感でぬらぬらとした書き心地を楽しんだり、またインクの濃淡を味わったりとそれぞれだと思いますが、極細系の万年筆ではこういった恩恵は少なくなります。

細ければ細くなるほど抑揚は少なくなりカリカリとした筆記感になりますし、インクの濃淡も出づらいです。こう書いてしまうと極細字万年筆を使う意味なし?となってしまいますが、使うメリットもたくさんありまして、私は極細字万年筆を好んで使用しています。

お迎えしたPO(ポスティング)もしかり、一定の極細の線で筆記するタイプのものですので万年筆ならではという恩恵は少ないです。しかし使用し始めてからというもの、このポスティングが自分の筆記シーンでは一番出番のある万年筆になりました。

今回はこのカスタムヘリテイジ912 PO(ポスティング)についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

カスタムヘリテイジ912 PO(ポスティング)

冒頭にてペン先が下向きに曲がっている特殊ペン先とお伝えしましたが、写真のような形状のペン先です。

ペン先が下向きに曲がっておりこれでちゃんと書けるのかと感じてしまいますが、自分がペン先を当てたいポイントにしっかりと当てることが出来ます。

私の主な利用シーンは、習字と手帳。

習字での筆記はお手本を見ながらお手本通りに書いていくことを求められます。現在の自分のレベルでは万年筆ならではの味のある抑揚は不要であり、どれだけ正確にお手本通りに筆記ができるかを求められます。

ポスティングは安定した極細の線になりますので、習字にはもってこいです。遊びが無い分ミスがそのまま表現されてしまいますが、今の自分のレベルを冷静に見ることができます。

また極細であるがゆえ細かな文字が筆記できますので、手帳での筆記にも重宝しています。最近始めたバレットジャーナルでは、このPOを使用して書き始めています。

極細でありつつも、ボールペンなどでは表現できない味はしっかり出すことが出来るのが嬉しいです。

実際の筆記感ですが、一般的な極細万年筆のカリカリ・硬めの書き味と比較して、POはカリカリとせず滑らかで柔らかい筆記感が味わえます。もちろん軟ペンのような柔らかさありませんしペン先の開きも少ないですがほどよい弾力を感じながら筆記できる印象です。(絶妙にバランスが良いのです)

また極細万年筆は高速筆記には向かないと言われますが、POで普段のメモやノートを取っていてインクフローが悪くなるというストレスは感じたことはありません。もちろん太字でぬらぬらと書ける万年筆と比べると高速筆記に向きませんが、一般的な速度での筆記には問題なくフローはついてきます。

ペンを持って紙面に当てるときはこのような形になります。

万年筆を使用する際は筆記角度を寝かして書くのが良いと言われますが、POの場合は多少立て気味でも問題なく筆記できます。

こちらはロイヒトトゥルム1917のドット方眼ノートに筆記した写真です。ロイヒトトゥルム1917の方眼は5mm方眼ですが、きちんと余裕を持って文字が収められています。

バレットジャーナルを万年筆で書きたいと思いつつ、細かい文字を書くと文字が潰れてしまうため万年筆ではなく極細のボールペンで筆記されている方は多いと思いますがPOなら問題なく極細の文字が筆記できます。

ちなみに一般的に極細と言われるEFとの比較ですが以下となります。


※EFはパイロット社のデスクペンを使用しています。

POの方が一回り細い線が書けているのが伝わるかと思います。

PO のラインナップについて

PO(ポスティング)はパイロット独自の特殊ニブになりますが、ラインナップとしては以下の3種類です。

カスタム743
カスタム742
カスタムヘリテイジ912

このうちカスタム743は、14K 15号のペン先。カスタム742とカスタムヘリテイジ912のペン先は、14K 10号となっており、743だけが一回り大きなペン先となっています。

定価は743が30,000円、742と912は20,000円。

購入する際に743のPOも試筆して比べてみましたが、筆記感においてどちらが優れているかは比べづらくどちらでも良い(良い意味で)というジャッジでした。

最終的に自分が912を選んだのは、743はFA(フォルカン)ニブで1本持っているので、スタイリッシュなデザインの912を使ってみたかったというのが決め手です^^

コメント

  1. […] 極細なのに滑らかに書ける万年筆 カスタムヘリテイジ912 PO少し前ですが、PILOT CUSTOM HERITAGE 912 PO(カスタムヘリテイジ912 ポスティング)をペン習字の昇級のお祝いに購入しました。 実は […]