文房具フォト上手になったと実感!お土産も頂き大満足のPen_Saloonオフ会でした

万年筆フォト

昨日、Pen_Saloonの主催のオフ会に参加してきました。

今回のオフ会は「SNSで映える!お洒落な写真術(文房具編)」というスマホやコンデジで写真を上手に撮れるようになりましょう!が趣旨のセミナー形式のオフ会で、16名の参加者が集まり和気藹々とした雰囲気の中でオフ会は進行されました。

Twitterでお世話になっている方々やお会いしたかった方々ともたくさんご挨拶することができ、充実した時間を過ごさせて頂きました。

スポンサーリンク
ad

文房具の撮影術、学んだこと

今回のイベントで学んだことをピックアップしますと、

  • 主人公(主役)は誰か?
  • 主役となるものと、準主役、引き立て役を決める
  • アングルの効果
  • 撮影後の加工

という撮影の基本部分を説明をいただきました。

すでに知っている内容ではありますが、専門の先生から説明をいただくとやっぱり違いますね。
腹落ちできるポイントがたくさんありました。

一通りの説明をいただいた後、文房具のようなブツ撮りをするときに必要な環境を手作りで作成して、参加者みなさんで撮影タイム。

万年筆フォト

記事のトップに乗せた写真や、

こんな構図やら、

改めてお目にかかりたいと思っていたクロスポイントエンペラーと木製のキャップやら、

普段私が撮ることのない構図を学べたのは大きな収穫です。

※撮影は全てiPhoneの内蔵カメラで撮影しています。改めて最近のスマホのカメラ性能の高さについても驚きました^^;

15:30スタートで19:00まででしたが、あっという間に時間が過ぎて行きイベント終了後は二次会へ。
二次会は池袋に新しくできた丸善に行く組と、眞踏珈琲店に行く組で分かれて、私は池袋丸善に。

池袋丸善

イベントの二次会が文房具屋さんって新鮮です。笑

30分ほど新しくできた丸善を徘徊しみなさまとお別れしました。

嬉しいお土産

お土産その1 撮影キット


今回の撮影時に参加者で作成した簡易的な撮影キットをお土産としていただいてきました。


中身はこんな感じ。


組み立てるとこのようになります。


この中に撮影したい文房具を入れて、パシャ。
その後見せたい形にトリミングなどの加工を施すと、


SNS映えしそうな写真の出来上がり。


同じく146も、パシャ。


撮影が楽しくなります^^

こちらの撮影キットの材料のほとんどは100円ショップなどでも手に入るものだと思いますので、ぜひ試していただければと思います。

お土産その2 ペン先調整師に研いでもらったPreppy


もう一つ大変ありがたいお土産がこちら。
Preppyですが、ただのPreppyではありません。

今回、万年筆のペン先の調整を専門にされているシロウさまが、サプライズで参加者へのお土産として数本用意されて来られまして、イベント中のじゃんけん大会で私が勝ち1本いただけることになったのです。


こちらが調整されたペンポイント。
これだけだと分かりづらいので、私が保有しているPreppy(赤)と並べると、


ペンポイントの形が明らかに違うのが分かりますね。

ちなみにどのように加工されたかと言いますと、お楽しみとのことでした^^

大切に使わせていただくとともに、ペン先の調整という深い世界があると知ったよしぞーでした。

改めて今回のイベントを企画していただいた聿竹さん、講師に立っていただいた吉田さん、参加者のみなさまお時間を共有させていただき本当にありがとうございました。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする