【iPhone11 Pro Max】巷ではタピオカカメラって言われてるけどめちゃ綺麗な写真撮れるよ。風景はもちろん万年筆などの小物撮影にも最強!

写真

新しく発売されたiPhone11 Pro Maxを購入しました。
古いiPhoneとやれることは同じかもしれませんが、やっぱり新しいiPhone良いですね!
サクサク動くしバッテリーの減りも遅いし、そして今回発売された新しいカラーのミッドナイトグリーンがとにかくカッコ良い!(カバーかけたらミッドナイトグリーン見えなくなったけど)

さて、私iPhone歴は非常に長い(iPhone4の頃から)のですが、特別iPhoneに対して詳しいわけではありません。スペックがどうとかよく分かりませんしこだわりもありません。ただ新機種に買い換えた時のワクワク感ってありますよね。私の場合2年毎に新機種に買い替えていますが、買い替えるたびに「おお、また進化したな〜。すげー!!」とワクワクするする感覚が楽しいです。

2年毎というのがまた憎くて、iPhoneって毎年新機種が発売されるじゃないですか。2年毎だと一つは見送るわけですから、見送った1年を悶々と過ごしての機種変ですからそりゃワクワク感も絶大です。

そんな二年越しのiPhone、買っちゃいました!!

さて、iPhone11の大きな話題はやはり 「iPhone11 Pro」 or 「iPhone11 Pro Max」のカメラ機能でしょう。

レンズが3つになりました。

iPhone11 Proのレンズ
巷ではタピオカレンズって言われているらしいです。

iPhoneの性能・スペックはさほど気にしませんが、個人的にはカメラの性能が良くなるのは大歓迎です。

ちなみにこれまで使っていた機種は2年前のモデルでiPhone8の4.7インチの通常サイズのモデルです。そのモデルは1つしかレンズが付いていなかったのに、今回のiPhone11 Pro Maxでは3つのレンズが付いている。具体的には「トリプル12MPカメラ」と言って、超広角、広角、望遠の3つのレンズが付いているのです。

一眼レフでこの3つのレンズを用意しようとしたらそれなりのお金かかりますよ。

ちなみにiPhone11 Proに付いているレンズの焦点距離は、35mm換算で超広角が13mm、広角が23mm、望遠が52mmとのこと。カメラ好きの型であれば「ん、52mmが望遠?標準と言っちゃダメだったのか?」となるわけですが、まあ広角と比べればかなり望遠に写せますし、スマホで52mmという焦点距離であれば望遠と言って良いのかもしれませんね。

では能書きはこの辺にして、iPhone11 Proの3つのレンズでどんな写真が撮れるのか、写真中心に見ていきましょう。

横浜みなとみらいにあるベイクオーターを被写体に撮影してみました。

まず広角レンズ。これまでのiPhoneでもこれくらいの画角で撮影できたかと思います。

続いて52mmの望遠レンズ。
望遠というだけあって、かなり大きく写せます。

ちなみに一眼レフの世界では50mmを標準レンズと呼ぶのですが、なぜ標準と呼ばれてるかと言うと人の目で見た感覚に近いからと言われています。
なお、これまでのiPhoneでもデジタルズームという形で拡大写真は撮影できていましたが、デジタルズームは画質を荒くして大きく見せているだけですので、今回のiPhoneのような光学レンズによる望遠とは全く違います。

続いて、話題の超広角13mm

どん!

普通のレンズで撮影できない部分までしっかりと撮影できます。面白いですよね。

ちょっと構図を変えて望遠、広角、超広角と並べてみましょう。

楽しいが過ぎます。
これだけで新しい買う価値ありますよ!

次に焦点距離はおいておいて、夜景撮影もしてきましたのでいくつか並べますね。

これ以上暗いシーンでの撮影は撮れてませんが十分すぎ。

これまでiPhoneのカメラは昼間明るい場所なら十分綺麗な写真が撮れるという感覚でしたが、iPhone11Proがあれば夜景も含めて綺麗な写真が撮れてしまいます。

筆記具撮影も素晴らしい

続いてこのブログのメインでもある筆記具。iPhone11 Proの望遠(標準?)レンズが最強に素晴らしいです。

能書きは後回しにして、iPhone11 Proで撮影した万年筆をまずは並べてみましょう。

どうです?
万年筆の形がそのままきちんと撮影できていますし、そこそこ寄れますのでマクロまではいかなくともクローズアップした写真も撮影できます。

実は小さなブツ撮りを行う際に綺麗に撮りやすいレンズは、50mm〜70mm程度の焦点距離のレンズ(35mm換算)」が良いです。
この辺りの焦点距離のレンズは「被写体が歪まない」うえに「使いやすい焦点距離」です。一般的なスマホに付いているレンズは全体的なものを撮影することを前提にして20mm前後の広角レンズが付いていますので、万年筆などの小物を撮影すると正確な形では撮影できないという問題が発生するわけです。

今回のiPhone11 Proでは52mという小物撮影にはちょうど良いレンズが付いていますので、今後のブログ素材の撮影にも重宝できますね。

またデジカメを持ち歩く機会が少なくなりそうです^^

コメント