プエブロ革で抜群のエイジングを楽しめるとともに、収納力が高いラウンドファスナータイプの長財布

2 min 228 views

BAGGY PORTのブオナというプエブロで作られたラウンドファスナータイプの長財布をお迎えしましたので紹介します。
収納量が多く、革のエイジングを楽しめるお財布がを探している方、ぜひご覧ください。

BAGGY PORTのブオナの商品概要

ブオナは、イタリアンレザーを使用した収納力のある長財布で、プエブロという独特の風合いを使っていること、そして非常に細かく細分化された収納スペースを確保しており、整理しながら収納することが可能な財布であることです。

それぞれを具体的に解説していきます。

プエブロ革にしか味わえないエイジングが楽しめる

この財布を紹介するにあたり、まずお伝えしたいのが独特な風合いの革素材です。

この革の特徴として、オイルを含んだ上質なイタリアンレザーに、サンドペーパーと真鍮ブラシでブラッシングの加工を施することで独特の風合いに仕上げています。

この仕上げで作られた革をプエブロというのですが、プエブロはイタリアのトスカーナ州にあるタンナー「バダラッシ・カルロ社」 により、生後2年以上の雌牛の原皮を使用しバケッタ製法で作られます。

バケッタ製法というのは、10世紀以上の歴史を持つイタリア伝統の製法で、植物性タンニンを用いて鞣された牛革に時間をかけて純度の高い「牛脚油」を加脂していく製法です。

おろしたてのタイミングでは、細かな傷がついた様なザラザラとした表情、触り心地はサラッとマットな質感ですが、使い込んでエイジングが進むにつれて深い色味への変化しつつ、信じられないほどの艶を醸します。

見た目の表情も面白いのですが、それ以上に楽しみなのが革のエイジング。まだおろしたての為、エイジングした後の画像がお見せできないのが残念ですが、自然に使っていくだけで色が濃く変化していくとともに飴色のような艶のある表情に変化していきます。

※エイジング状況は随時追記していきます。

豊富な収納スペースで細かく丁寧な整理が可能

財布の内部は細かくスペースを分れらており、細分化した整理が可能

続いて財布の基本スペックである収納について。

内部はたくさんの収納スペースに分かれているのが特徴。カードポケットだけで12枚分、お札や小銭など含め8箇所の区分けがあり、カード、お札、小銭、その他様々なものをきちんと整理しながら収納できることが魅力な財布です。

L字ジップの小銭入れスペース

小銭入れスペースはL字のジップで開くと両側にマチがついているので、しっかりと開くので視認性も良くたっぷり入ります。

紙幣が入るサイズのポケットも複数設けているので、紙幣だけでなく領収書・チケットなどを仕分けて入れられるのもありがたいポイントですね。

デザイン的なこだわり

BAGGY PORTはあまりブランドを押し出さないのも特徴

BAGGY PORTの商品全般に言えることですが、このブランドはあまりブランドを前面に押し出すことはありません。上の写真の様に可愛らしいトレードマークが刻印されているのみです。

コンセプトとしては、シンプルで丈夫であること。道具入れとしての基本を守ること。そして間口は広く、タフで物が出し入れしやすい。

そんな財布としての当たり前の役割、機能を守りながら、素材選定はもちろん細部の造りまで、納得のいくものを創り上げている事が伝わってきます。 

革紐を取り付ける事で遊び心を配慮しつつ機能性を高めている
内部の革にもプエブロが採用

財布の外側だけでなく、内部にもプエブロをふんだんに使われているのも特徴の一つです。今後どう変化していくのか楽しみです。

カラーバリエーションと値段

今回私はワインカラーを購入しましたが、ブオナのカラーは合計8種類あります。購入した店舗では5種類置かれていましたが、イエロー、キャメル、グレー、パープル、ブラック、ブルー、レッド、ワインの8種類です。

値段はプエブロという高級革を採用しているのにも関わらず16,000円程度に抑えられており、素材と収納性を考えると割安でした。

まとめ

プエブロで作られたBAGGY PORTのラウンドファスナータイプの革財布を紹介しました。

革素材の風合いやエイジングを楽しみたい方、たくさんの収納力を求められる方、ぜひ検討してみると良いかもしれません。

よしぞー

よしぞー

万年筆、ボールペン、シャープペン等の筆記具沼・インク沼、手帳やノートなどの紙沼、そして革靴など革沼など複数の沼のほとりにて、物欲のままに暮らしてます。このブログは購入して使用した物のレビューを中心に好きなことを書いています。ブログをご覧になられた方が一人でも多く沼に堕ちてくれたら嬉しいです。

カテゴリー:
関連記事