3M 新作ローンチイベント”SENSE+AMBIENCE”

文房具イベント

銀座伊東屋地下一階インスピレーションホールにて開催されている3Mのイベント、”SENSE+AMBIENCE”に行ってきました。

正式なイベントタイトルは、

3M™ DI-NOC™ Architectural Finishes 2018 New Products Launch Event “SENSE+AMBIENCE”

3Mダイノックフィルムをはじめとした建築内装仕上げ材の新作ローンチイベントです。

スキーマ建築計画代表 長坂常氏とのコラボレーションによる新製品の展示空間を楽しみながら3M™ ダイノック™フィルムの新柄”Matte Series”を体感できる展示内容となっています。

文具とはあまり関連性のないイベントではありますが、個人的にはデザインされた空間は好きで、お邪魔してきました。

ちなみに文具での3Mといえばポストイットなどが有名ですよね。愛用されている方も多いのでは。

[Portal.PageTitle]
「貼ってはがして、また貼れる」オフィスに欠かせない情報ツールは、豊富な製品バリエーションと確かな品質で、コミュニケーションをサポートします。
スポンサーリンク

SENSE+AMBIENCE

イベント風景


こちらがイベント会場の風景ですが、この美しく吊るされているウッド状のもの、実は内装材として使うフィルムです。

文具でいうところのマスキングテープの高性能版と捉えると分かりやすいかもしれません。壁などに貼ってイメチェンするためのものです。

これまでのフィルムと何が違うかというと、特殊コーディングをフィルム表面に施すことにより、鏡面反射を極力抑えて拡散反射によって、より上質な素材感を表現することが可能になっています。

木なら木らしく、石なら石らしい表現が可能になったという事です。

また、一般的なマット仕上げでは、指紋の付きやすさが問題になってしまうようですが、この指紋の付き易さを独自の技術により解決しているよう。

いくつかサンプルも展示されていましたので撮らせて頂きました。

私が見て触った感想ですが、スタッフさんに教えてもらうまで、フィルムだと分からず普通の木目の素材だったり、なんらかの素材なんだろうなーと感じていました。

多分私でなくても、一般の方が見ても分からないくらい質感がしっかりと表現されてます。

このフィルムを使って家の雰囲気をガラッと変えてみたいです。
内装材としてだけでなく、様々なものにも活用できそうで夢が広がりますね。文具などでもこのフィルムで様々な工夫ができそうです。

こちらはお土産。大きなトレーシングペーパーの付箋(付箋と言って良いのか?)をいただきました。


トレーシングペーパーは習字でも活用していますのでありがたいです^^

イベントは明日、6月5日まで開催していますので資材関係に興味のある方はぜひ足を運んでみては。

イベント詳細

イベント名:3M™ DI-NOC™ Architectural Finishes 2018 New Products Launch Event “SENSE+AMBIENCE”
場所:G.Itoya B1 Inspiration Hall
開催期間:5月30日(水) ~ 6月5日(火)

  • 5月30日(水):16:00~19:00
  • 5月31日(木)~6月4日(月):11:00 ~ 19:00
  • 6月5日(火):11:00 ~ 18:00
G.Itoya B1 3M™ DI-NOC™ Architectural Finishes 2018 New Products Launch Event "SENSE+AMBIENCE" 5月30日(水)~6月5日(火) - 銀座本店 | 銀座・伊東屋
銀座本店から、手帳、事務用品、ギフトなどフロアごとのおすすめステイショナリーや話題の商品など最新情報をお届けします。

コメント