パイロットペン習字7月分級位認定課題の結果と8月分清書

ペン習字

9月8日(土)、わかくさ通信がパイロットより送られてきました。

わかくさ通信は毎月5日くらいまでに届くのですが、今回なかなか届かずパイロットの事務局に問い合わせたところ更新月の為発送のタイミングがずれるとの事。その為、普段より到着が遅れたようです。

更新月という事で、新しい清書用紙や採点表なども同封されていました。

それでは結果と清書についてお話しします。

スポンサーリンク

ペン習字級位認定課題の結果と清書

級位認定課題の結果

まず7月分の級位認定課題の結果ですが今月も1つ昇級しておりました。3ヶ月連続での昇級です。

下の写真が7月清書の書きっぷりですが、正直不満の多い内容でしたので級位が上がったのは正直ラッキーくらいにしか思わないようにしています。とは言いつつもやっぱり上がると嬉しいです。

何級かは名前が分かってしまいますのでお伝えしませんが、10級(9A)からスタートした級位も1級から10級の中では真ん中よりも上の級になりました。

8月分課題の清書

続いて8月分課題の清書。早いもので今回の課題が、パイロットペン習字の初年度最後(12回目)の課題となります。

相変わらず清書するのに時間がかかり、今回も速達を使って送る結果となってしまいましたが、週末8月分の課題を提出してきました。

こちらが、練習開始時に書いたもの。

1ヶ月の練習の結果、清書では以下のような書きっぷりとなりました。


※写真左側

練習開始時は楷書、清書は行書で書いていますので比較にはならないかもしれませんが上達はしていますかね。最初の「お盆」という文字で失敗してしまい、その後グダグダになりそうでしたがなんとか耐えました。

練習では書けていても本番ではきちんと書けない事も多く、まだまだ実力の足りなさは否めませんが、とりあえず1年間よく続けられました。自分^^

なお、7月〜8月(現在も続けてます)は、課題の練習だけでなくそれ以外に漢字の練習を行っています。

行書体の漢字を覚える為、教科書の臨書を行なっています
先日よりパイロットペン習字の級位が中級に入った為、これまでの楷書と併せて行書の勉強がスタートしました。行書とは漢字の書体の一つで楷書を少しくずした書き方の書体のことを言い、Wikipediaでは以下のように説明されています。 行書体(...

こちらにて書いたペン習字三体という漢字のお手本を毎日臨書していくというもの。
今日で開始してからちょうど50日が経過しました。

課題として出されて練習する文字以外の文字も普段からきちんとした楷書・行書が書けるようになればなと思います。

9月分の課題

さて、パイロットペン習字2年目に入る最初の課題はこちら。

夕食には、さんまの塩焼きと
だし巻き卵を作りたい。

まだ練習はこれからですが、最初の「夕」の字を書き出し位置とサイズを気をつけないと最後までバランス崩れそうですね。

今日・明日には行書用のお手本を作成して、練習を開始いたします。

コメント