あれ?万年筆のインクみたい!落ち着いた色合いのサラサクリップ ビンテージカラー

ボールペン

サラサクリップビンテージカラー

先日のブログで記載しましたが、9月16日にゼブラさんから今までのサラサクリップのカラーとはちょっと毛色の違うシックで大人なビンテージカラーが発売されました。

先日は購入を控えましたが、この妙にダークがかった色合いに心を奪われてしまっており、あらためて文房具屋へ。

再度試し書きした上で、結局5本まとめて購入してきました^ ^

ジェルインクというとどちらかというと明るめの若い雰囲気がある中で、今回のビンテージカラーは大人向きな感じがします。

スポンサーリンク

サラサクリップ ビンテージカラーについて

サラサクリップ ビンテージカラー

今回発売されたSARASA CLIP(サラサクリップ)のビンテージカラーは、落ち着いたシックなインク色が特長。

このシックなインク色を使って手紙や手帳に文字を書くことで、黒とは違った雰囲気の大人っぽい仕上が期待できますね。

また、これまでのサラサとはボディの雰囲気が異なり、インク色に合わせた本体の軸色とアイボリーのクリップが雑貨調のデザインになってます。

クリップに印刷された金色のロゴも大人の雰囲気を醸し出しています。

価格:¥100+税(税込¥108)
インク色:(左から)レッドブラック、ブラウングレー、グリーンブラック、ブルーグレー、ダークブルー

実際に私も試し書きしてみましたのでアップしますね。

サラサクリップビンテージカラーで書いてみた

直感的に感じたのは、普通のボールペンで書いた色合いではなく、万年筆のインクにありそうな色合いです。

本体の色合いもシックで落ち着いた色で統一されていますので、大人の男性が会社内でこのペンを使っていても違和感を感じさせないでしょうね。

女性や20代ならセーフかもしれませんが、あまり明るすぎるカラーのペンを40代のおじさまが使っていても違和感ありますからね(^_^;)

さて、ゼブラのサラサクリップシリーズですが、今回の新色で 46色のカラーラインナップとなりました。
そして、2003年の発売以降累計で4億本を売り上げているんですね。

こちらの数字も驚きです。

ビンテージカラーは手帳にも使いたい

今回のビンテージカラーを試してみて考えているのが、このペン手帳で使いたいなということ。

私自身、数年前までは万年筆オンリー、最近は4色ボールペンをメインに使っています。

4色ボールペンは便利なのですが、色合いが当たり前すぎて面白みに欠けるんですよね。

と言うより、万年筆をずっと愛用していたせいか、今回のビンテージカラーは手帳で使うと味が出てしっくりきそうな感じがしています。

あと、社内や自宅なら複数本のペンを使い分ける事も可能ですが、外出先で使い分けるのは中々難しいですからね。

さてどうしましょうかね。
またまた楽しい悩みが増えてしまいました(^_^;)
とりあえず今日1日、この子たちと過ごしてみます。

コメント