【ジェットストリームエッジ レビュー】0.28mmという超極細文字が書ける細ラー達が待ち望んでいた油性ボールペン

ジェットストリームエッジ ボールペン

毎日、肌身離さずに持ち歩けるコンパクトな手帳やノートを活用しつつも必要な情報はしっかりと整理したい。パッと見はシンプルなミニマリスト、でも実際はがっつり情報蓄積タイプ、そんなユーザーは多く存在します。

まさしく妻がそんな感じのタイプで、こんな小さなスペースで本当に大丈夫なのか?と思えるほど小さな手帳に大量の情報を小さな文字で書き込み、その手帳一つでスケジュール・Todo・その他必要なメモまでしっかりと整理しています。

そんなコンパクトな手帳やノートを運用している彼女がいつも口にしているのが、もっと細かな文字が書けるボールペンは無いのかということ。出来れば3色以上で。0.38mmのジェットストリームや0.5mmのアクロインキといった極細の多機能油性ボールペンを使用しているものの、もっともっと細い文字を書きたいという願望があるようです。

また、学生の娘にも細字ブームが到来しているようで、彼女のこだわりは極細の筆記具でノートを綺麗にまとめること。インスタ映えでは無いけどそういったことが楽しいらしく、またノートを見せてもらうと確かに綺麗です。(授業で習った内容を覚える方にも全力を尽くして欲しい)

さて2019年12月、そんな細かな文字を書きたい細ラー達が待ち望んでいた最強の超極細ボールペンが三菱鉛筆から登場しました。

その名はジェットストリームエッジ(JETSTREAM EDGE)。もちろんuni/三菱鉛筆ならではの滑らかな書き心地で定評のあるジェットストリーム仕様での登場です。

今回、その新たに登場したジェットストリームエッジをレビューいたします。

スポンサーリンク

ジェットストリームエッジレビュー

ジェットストリームエッジと替え芯
改めましてこんにちは。ジェットストリームエッジ(JETSTREAM EDGE)です。

2019年の1年を通して文房具業界最大のトピックとなるであろう文具がこのジェットストリームエッジ。(と、よしぞーは勝手に思っています)

漢字など画数の多い文字を書くことが多い日本では、0.7mmや0.5mmの細めのボールペンが好まれる傾向にありますが、慣れとは怖いもので0.5mmという細芯であってもさらに細くを求めるユーザーが多くいるのが現状のボールペン事情。

また細いだけではなく最近では当たり前に求められるようになったのが、滑らかな書き心地でありつつハッキリくっきりとした発色。そしてダマや掠れが生じない高性能な油性ボールペンです。

そんな高性能ボールペンのディファクトスタンダードと言って過言でないものが三菱鉛筆のジェットストリーム。2006年7月の国内発売以来大ヒットを続けており、2013年3月には従来の1.0mm、0.7mm、0.5mmボールに加え、より細かい文字を好まれるユーザーのニーズに対応した0.38mmボールを発売。これもまた手帳など小さい文字を書くシーンでも、なめらかにくっきり濃く書くことができ速乾性にも優れているということで大ヒットを記録しています。

そして2019年12月、ボール径は0.28mmと前回発売された0.38mmからさらに26%も細くて小さな文字が書ける仕様でジェットストリームエッジ(JETSTREAM EDGE)が登場。もちろん現時点(2019年12月)においてボール径0.28mmは油性ボールペンカテゴリでは世界最小の超極細の油性ボールペンとなります。

ジェットストリームのエッジは「鋭い」、「限界」といった意味があり、際立った特徴を持ち、油性ボールペンの限界に挑戦した新商品の特長を示しているとのこと。早速私もジェットストリームエッジ本体と、その替え芯(替え芯は黒・赤・青の3色が発売されました)を購入してきました。

まずエッジ本体のレビューです。

デザイン

ジェットストリームエッジ
こちら全体のディテール。クリップ部分がLAMY Safari、ペン先にかけての形状はrotringに似ていると感じたのは私だけではないはず。好き嫌いは分かれるでしょう。

メーカとしてはキャッチコピーの鋭さ(ソリット感というか尖った感じ)を意識してデザインされたのかな?
以下、公式サイトのコンセプトを引用します。

■ 機能性とデザイン性を両立した本体軸
本体軸はボール径0.28mmの描線が持つ細く、鋭いイメージをスタイリッシュに表現し、筆記時の安定感など機能面にもこだわったデザインです。細字を書くための専門ツールとして、各パーツの素材とデザイン、使い勝手にこだわりました。

●機能性
先軸は金属製で、グリップ部分には細いライン加工を施し滑りにくい設計となっています。また、重心をペン先側に寄せたことで、細かい筆記を行う際にも安定する設計となっています。

●デザイン性
軸は『ジェットストリーム エッジ』によって書ける細く鋭い描線を、ワイヤークリップのワイヤーの細さと、六角軸で生じる放射状の直線によって表現しています。後端に向かって細くなる形状によってペン先側に寄せた重心を、視覚的に見せたデザインです。

今回発売されたカラーはブラック、シャンパンゴールド、ネイビー、ホワイトレッド、オレンジ(限定)の5色。以下、uni/三菱鉛筆さんのツイートでカラーは確認してください。

私はこの中でホワイトレッドをチョイスしました。

以下はグリップ部分からペン先にかけて。

グリップ部分はボディ部分と比べると少しざらつきのある質感で縦線が入っているため滑り止めとしての役割も。また、グリップからペン先にかけて細く絞られており、またペン先には筆記面が見やすい、新開発の『ポイントチップ』が採用されています。

従来型のチップと新開発のポイントチップを並べてみるとこんな感じ。

各色それぞれ左が従来のチップ、右側が新しく発売された0.28mmのポイントチップ。新開発の『ポイントチップ』は、ペン先にかけてスリムに絞った形状で、細かい筆記作業をする際にもペン先が見やすくなっています。

続いてクリップ。

金属製のクリップが採用されています。個人的にはホワイトボディに赤のクリップという色使いが好きでこの色をチョイスしました。

実は持っているんです。近い色使いのSafariを。

こちら、LAMY Safariの限定カラー「White Safari with red clip(ホワイト サファリ ウィズ レッド クリップ)」というもの。この組み合わせ最高ではありませんか?
この二つを並べたく、ホワイトレッドのジェットストリームエッジをチョイスしたといっても間違いではありません。

筆記感

続いて0.28mmジェットストリームの筆記感です。

ジェットストリームといえば滑りすぎるほど滑らかな書き心地に定評があり、私においては0.7mmや1.0mmの太目のジェットストリームは滑りすぎて書きづらいというイメージを持っています。逆に0.5mm、0.38mmといった細いジェットストリームは、ボール径が小さくなる分滑らかさが軽減されるようで、個人的にはその滑らか過ぎない書き味が好み。ジェットストリームの使用頻度としては太字よりも細字のものを使うケースが多いです。

ジェットストリームの極細芯 0.38mm はジェットストリームの中で一番自分好みかも。
ジェットストリームの芯のサイズは一般的な0.5mmと0.7mm以外に、0.38mmの極細芯と1.0mmの極太サイズの芯があります。インクは同じジェットストリームなのでアウトプットされるものは太さ以外に変わりはありませんが、書き心地の面では芯...

今回はその0.38mmよりもさらに細くなった0.28mm。ボール径が小さくなれば小さくなるほど抵抗が高くなり滑らかさは無くなるので、0.28mmは細すぎ・書きづらくなってしまうのではという心配もあるかと思いますが、案の定、細さを得るために書き心地は犠牲になったと言わざる得ません。

まずジェットストリームならではのすべるような滑らかさは感じられるものの、この細さになってしまうとどうしても紙に対しての引っ掛かりが強くなってしまい、スムーズにペン先を運ぶことが難しくなります。
また、最初はペンを寝かして筆記すると引っ掛かりを感じたり掠れる原因になるのかな?と感じていましたが、個人的に検証してみた結果0.28mmはカスレやすいです。

個人的に気になっているのが紙質との相性。ジブン手帳Lite miniに0.28mmジェットストリームを使用して筆記し始めましたが、ところどころインクが出ずにカスレてしまう傾向にありました。紙質との相性以外にもリフィルの個体差の関係もあるかもしれませんので、ちょっと検証が必要ですね。
ジェットストリーム0.28mmブルーのカスレ
ジェットストリーム0.28mmブラックのカスレ
筆記する場所によってはカスレないけど筆記する場所によってはインクが出ずにカスレ続けてしまってます。

2019/12/21追記
各種ノートや用紙との相性を検証してみましたので、あわせてご覧ください。

ジェットストリーム0.28mmと各種ノートや用紙との相性(特にカスレ問題)を検証
世界でもっとも極細な油性ボールペンであるジェットストリーム0.28mm。これまでに体験したことのなかった細い筆記線に心を踊らせましたが、書き心地については正直いまいちであること否めません。 「ジェットストリームエッジ(ジェットストリー...

各種ボール径との比較

以下はジェットストリームの0.28mm、0.38mm、0.5mm、0.7mm、1.0mmの筆跡になります。


書きやすい・そうではないは別として、やはり、より細い筆記線を書ける0.28mmという超極細ならではのアドバンテージは高いものがありますね。

他のジェットストリームと互換性のあるリフィル


さて0.28mmジェットストリームが発売になり気になったのが、0.28mmの極細芯で多機能ボールペンは販売されないのか?ということ。また、販売されないのであれば自分で作れないのか?ということ。
本体に関しては、単色ペンのジェットストリームエッジのみの発表でありましたが、黒・赤・青の3色が使える0.28mm多機能ペン、欲しいですよね!

ボールペンの場合、基本的にはリフィルの規格が同じであれば別のボールペンでも使えるわけで、0.28mmジェットストリームの型番を確認すると「SXR-203-28」という規格のもの。ジェットストリーム多機能ペン4&1のリフィルがSXR-80という規格なのでもしやと思い並べて見比べてみたところ互換性ありそうな感じがします。

改めて開封して並べてみる。

勝ちを確信します。
保有している多機能ジェットストリーム(ピュアモルト4&1)のリフィルを0.28mmに入れ替えて、

改めて、多機能0.28mmボールペンの完成です。(注:緑の0.28mmは発売されておらず緑だけ0.5mmです。グリーンも発売して!)

グリップしてみた感じ、4&1の太いボディーから極細0.28mmの筆跡は不思議な感覚がありますが、多色使いの手帳ユーザーにとってはこんなにありがたい仕様はこれまでなかったはず。ぜひ試してみてください。

まとめ

さて、私がこの多機能0.28mmボールペンを作りたかった理由はもう一つ。
冒頭に書きました妻の手帳事情。

そう、小さな手帳に細かな文字を書き続ける妻がいつも口にしているのが、「もっと細かな文字が書ける多機能ボールペンは無いのか?」ということ。

せっかくなら喜ばせてあげたいです。

多機能0.28mmジェットストリームを製作し、使っている4&1本体の芯だけ変えれば極細の多機能ボールペン作れるよと伝えると、0.28mmという細さに感動しつつもその後のやり取りは、

嫁:交換した場合、これまで使っていた中に入っている替え芯はどうなるの?
僕:まあ使わなくなるな。
嫁:え?それってもったいなくない?
僕:そこ?
嫁:私は一度入れたものを最後まで使い切りたいタイプなの。
僕:気持ちは分からなくはないが。
嫁:あなたのそういうものを大切にしないところが・・・
僕:(そういった話をしたかった訳ではなく)

嫁:替え芯いくら?
僕:200円、あ、消費税入れて220円かな。
嫁:高い。
僕:え?
嫁:0.38mmの時は100円もしなかったじゃん。←SXR-80-38は80円+税
僕:(なんだこの展開は・・・)

以上。

コメント

  1. […] 【ジェットストリームエッジ レビュー】0.28mmという超極細文字が書ける細ラー達が待ち望んでいた油性ボールペン毎日、肌身離さずに持ち歩けるコンパクトな手帳やノートを活用しつつ […]