ロットリング4in1 x ジェットストリームで自分好みのカスタマイズペンを作る

1 min 1,246 views

先日、ジェットストリームが最高に書きやすい。ビジネスシーンでも使いたいけど、ジェットストリームプライムを含め自分好みのデザインのペンがないという記事を書きました。

では、自分好みのペンでジェットストリームを使うことは諦めないといけないのかというと、そうではありません。

ジェットストリームは4cに対応したボールペンで使える

ジェットストリームは、4c規格のリフィルも販売されており4c規格対応のボールペンならリフィルを交換して使えます。4cに対応しているペンは、LAMY、ステッドラー、CROSSなど海外のメーカーからも発売されていますし、国産メーカーでも対応しているペンは多くあります。

私が持っているペンでは、Rotring社のロットリング4in1が4cに対応していますので、早速フィリルの交換をしてみました。

IMG_0512

リフィルの交換方法

さてリフィルの交換です。
交換方法はいたって簡単で、芯を引っ張って抜き新しいリフィルを挿すだけです^^

IMG_0501

↑Rotring 4in1(ロットリングフォーインワン)

重さは26gで少々重め、金属製の質感が最高に好きなペンです。
3色のボールペン(黒・赤・青)、シャープペン(0.5mm)が搭載されているマルチペンと呼ばれるものです。
4機能のマルチペンでこの細さも素晴らしいですね。
私の中で複数持っているマルチペンの中でもロットリング4in1の出番は非常に高いです。

尚、ジェットストリームの4c対応リフィルは 0.5mm と 0.7mm がありますが、今回は 0.5mm にしました。
0.5mm と 0.7mm の書き心地について、どっちが良いかは人にもよりますが、0.5mm の方が少々カリカリ感があり 0.7mmの方がなめらかでぬるっと感があります。

少し訂正。0.5mm は少しカリカリ感があると書きましたが基本的にはなめらかです。そして、0.7mm はもっとなめらかと表現した方が正確です。

手帳用途など細かなものが中心であれば0.5mm、文字の小ささは気にせずに書き込むのであれば0.7mmが良いかもしれませんね。

ぜひ、お持ちのペンで4c規格のものがありましたら、リフェル交換を試してみては!

よしぞー

よしぞー

万年筆、ボールペン等の筆記具沼・ゲーム沼・美容沼、そして革沼など複数の沼のほとりにて、物欲のままに暮らしてます。このブログは使用した物のレビューを中心に好きなことを気ままに書いてます。ご覧になられた方が一人でも多く沼に堕ちてくれたら嬉しいです。

カテゴリー:
関連記事

5 件のコメント

  1. 最後にリンクがある替え芯の型番が間違っているようです。
    × SXR8007 ⇒ ○ SXR-200-05(07)

    よく確認しなかったのが悪いのですが、間違えて買ってしまいました。
    訂正をお願いします。

    • スナ様はじめまして。
      ご連絡いただいた件、確認いたしました。
      こちら、本当に申し訳ございませんでした!

      • いえいえ、他の記事も興味深く読ませてもらっています。
        せっかくなので、別記事のファーバーカステル社の芯ホルダー TK9400 3.15mmで使ってみます。

        • スナ様、ありがとうございます。
          芯ホルダーはハマって何本も使っていた時期がありますが、3.15mmの太さは楽しいです。
          個人的には太い鉛筆芯で字を書くのが、繊細な陰影が作れて好きです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください