【紙沼】万年筆に最適な紙を探す旅。万年筆界隈三大沼の一つ「紙」について

紙沼 紙沼

万年筆界隈には大きな沼が3つ存在する。万年筆沼、インク沼、そして紙沼の3つだ。

万年筆沼は、「お洒落な万年筆を集めたい」・「書きやすい万年筆を追求したい」
インク沼であれば、「美しい色のインクを集めたい」・「シーンによって色を使い分けたい」

といったようにシンプルで分かりやすいのだが、今回お話するのは紙について。

興味のない人たちから言わせれば、紙なんて書ければどれだって同じだと口を揃えていうし、そもそも紙を買うという感覚も無い。紙を買うのではなくノートを買うのであって、ノートを選ぶ基準はせいぜいB5なのかA5なのか、また横罫で7mmが良いとかドット方眼が良いとかそんな部分程度だと思う。

あとはパッケージのデザインや素材、綴じ方がノートを選ぶ要素のになるくらい。

ちなみにスタンダードなノートの代名詞といえばコクヨのキャンパスノートが挙げられる訳で、キャンパスノートは1冊200円程度で購入できる。まとめ買いをすればもっと安い。

ノートは毎日使う消耗品なのだから使い勝手が良くて安ければ良いというのが普通の考え方だと思うし、以前は自分もそう考えていた。

でも紙沼に堕ちた人たちの感覚は少し違う。

あまり値段を気にしなくなる。一冊800円、1000円もするようなノートを当たり前のように買うし、2000円、3000円を超えるノートだって買う。

ロイヒトトゥルムというノートを色違いで集めてロイヒトタワーなるものを建設しているお友達がいるけど、そのロイヒトトゥルムというノートは一冊3000円。

そのお友達のブログ↓

まい☆スター 〜文具と手帳を愛でるブログ〜
手帳好きOLがカラーペン、筆ペン、万年筆などを中心に文具や手帳の中身を紹介するブログ

ちょっと気狂いな領域に入っているけど、紙沼の民達にはそんなノートが普通に売れるのだ。まあロイヒトトゥルムの場合は紙以外の要素も大きいのだけど。

ちなみに私、文房具屋に家族で行った時に嫁の前で800円のノートを手に取ったことがあるのだが酷くボコられた。嫁のキレた様子を見て、私が高級ノートを大量に使っていることは一生隠し通そうと誓った。まとめ買いすれば一冊100円程度で買えるノートなのかどうか、我が家においてはそれがノートを選ぶ上での一番の判断基準であり、それ以外の判断基準は一切ない。

まあ今回は値段のことは置いておいて、万年筆、インク、紙というのは切っても切れない相性というものがあり、この三者のバランスによって書き味が大きく異なってくる。

そしてそのバランスが整うと、単に書くという行為が快楽に感じるようになるのだ。

ぬらぬらとした書き心地は万年筆が紙の上に浮いて滑っているように感じられる。一切の抵抗のない書き味は、整備されたスケートリンクの上にさらに油をまんべんなく塗り、その上を滑りつつ誰かに上から操られている感覚に近いのではないかと思う。(スケートリンクに油を引いて滑ったことはないし上から操られたこともないけどぬるぬるというかぬらぬらな書き味というのはそんな感じだと思う。想像してみていただきたい。)

そういった書き味を知った民はさらなる快楽を求め、よりぬらぬら感を味わえる万年筆をえらび、滑りの良い紙を追求することになる。

逆に多少の抵抗を感じながらさりさりとした筆記感を求める民もいる。多分自分はこちら側なのだが、例えば習字など文字を丁寧に書こうとすると、あまり滑り過ぎると書きづらい為、ペン先をコントロールしやすい多少の抵抗感のある紙を選ぶのだ。

他にも万年筆のインクフローをより良くする紙質・悪くする紙質といったものもある。

そんな訳で、万年筆にハマると次にインクにハマり、そして紙質が気になり出す。このノートには何の紙が使われているのかをチェックした上で購入しはじめ、さらにはノートではなく紙単体でオーダーし始めるのだ。

今日はそんな紙沼についてお話ししたいと思う。

スポンサーリンク

紙沼

万年筆に最適と言われる紙やその用紙を使ったノートというものが存在する。

なぜそういった用紙が存在するのかというと、万年筆に適さない用紙に万年筆で筆記すると、インクが出づらい・用紙の裏にインクが抜けてしまう・インクがにじんでしまうといったトラブルが生じる事があるからだ。万年筆に適した用紙というのはそういった筆記トラブルが起きない事が求められる。有名どころだとトモエリバーやバンクペーパー、最近だと神戸派計画のグラフィーロなどは万年筆ファンであれば聞いたことがあるだろう。

また筆記感も紙によってそれぞれ異なり、滑るような筆記感が味わえる紙、紙の繊維の粗さ・ザラつきからくる抵抗を感じながら筆記できる紙などもある。

この筆記感に関してはどれがベストといった正解はなく、書き手の好み・感性に任せることになるため、一般的に万年筆に適したノート・紙というのは裏抜けせず滲まない用紙を使ったノートのことを言われているように思える。

ちなみに、フローの良し悪し、裏抜けする・しない、滲む滲まないは用紙だけの問題ではなく万年筆の字幅やインクとの相性もある。それぞれの組み合わせによって結果が異なってくるため、たまたま手持ちの万年筆で筆記して裏抜けしなかった・滲まなかったから良しと決めるのも違うような気がする。

いつかブログで万年筆に適した用紙というお題で記事を書きたいと思っていたのだが、用紙にこだわり始めると信じられないほど奥が深く自分レベルが用紙について語るのには100年早いのではと感じてしまうほど。私自身も紙についてこだわり始めてから数年が経過し、未だ何が最高なのか分からないで迷走している。

世間一般的にはこれを紙沼というらしい。

とは言いつつ、紙沼を永遠に続けていく訳にもいかないので、今感じている万年筆に適したノート・紙についてまとめてみようと思う。

スポンサーリンク

万年筆に適したノート・紙を考える

定義

まず万年筆に適した用紙の定義について自分なりの考えをまとめてみた。

万年筆に適した用紙を考える上で必要な条件・キーワードを個々の好みと紙自体の性能に分けて挙げてみると以下が考えられる。

個々の好み

  1. 書き味・インクフロー
  2. 滲み

紙自体の性能(万年筆との相性)

  1. スキップの有無
  2. 乾きやすさ
  3. 発色の良さ
  4. 変色の少なさ
  5. 裏抜けの少なさ

「書き味・インクフロー」・「滲み」というのは個々の好みによって分かれるもの。インクフローについては潤沢なフローの方が書いていて気持ち良いのは事実なんだけど、潤沢すぎて違和感を生じる紙もあるのでバランスという観点で個々の好みとした。「スキップの有無」・「乾きやすさ」・「発色の良さ」・「変色の少なさ」・「裏抜けの少なさ」は紙自体の純粋な性能と考えると定義しやすいのではと思う。

では一つ一つ見ていこう。

書き味・インクフロー

まず最も大切なのは書き手が望んでいる書き味を実現できるかどうか。上でも述べたようにぬらぬらとした書き味、サリサリとした書き味などある。

紙を触ってみるとなんとなくの方向性は見え、用紙自体がツルツルしているものもあれば、レイドが入っていてある程度の抵抗を感じながら筆記できるように仕上げているものもある。この辺りは好みによる部分が強いし、筆記用途によって変えていくのもアリだと思う。

んで、書き味の悪い紙ってどんなものがあるかというと、ペン先がスムーズに走らない紙が挙げられる。抽象的な表現だけど書き味の悪い紙はペンが走らないんだ。湿っている土の上を歩いているような重い感覚といえばイメージつくかもしれない。とにかく気持ち悪いんだ。

そして書き味はそのままインクフローにも繋がっていく。インクフローの良い紙というのは、万年筆の性能をきちんと引き出してくれる。

万年筆には様々な字幅や書き味があり、それらの書き味は書き手は頭の中にインプットされているわけだが、そのイメージ通りにインクが出て成果物(筆跡)が残せるものが良い。逆にイメージ通りにインクが出ないものはストレスにつながる。

紙によっては極端にインクが出辛いもの、逆に潤沢に出過ぎるものもあり、万年筆との相性と合わせて好みの要素が強いのがインクフローだと思う。

滲み

次に滲みの問題。滲まないというのが万年筆に適した用紙のキーワードとなっているけど、これも違う。
ある程度の滲みがあるからこそ万年筆の筆跡に特有の味が出てくる訳であって、滲みが全くでない用紙はせっかく万年筆で書いているのに味気ない筆跡になる。ただ滲む度合いというのは考慮すべきでほどほどの滲み加減というのを追求していくことが必要だと感じる。

ちなみに滲まない紙の代名詞といえばトモエリバー。トモエリバーは書きやすいし薄いしで私も重宝しているけど、全く滲まないので筆跡の表情に味が無いのも事実。

スキップの有無

スキップというのは最初の書き出しでインクが出ないときに使う用語。(私はそう呼んでいるけどみんな使ってるよね?「この紙スキップするんだよな〜」みたいな)
書きはじめてしまえば普通に筆記できるのに、最初の数ミリから1センチ程度インクが出ないというあれ。この経験は万年筆ユーザーなら少なからずあると思うが、これも紙質が影響している。(万年筆本体のフロー、インクの問題もある)

このスキップしてしまうというのが本当に最悪で、個人的には一番嫌いな部類に入る。書き出しでつまずいた時のストレスは相当高い。万年筆の調子が悪いのだろうかという不安にも繋がるしね。

そういえば最近、スキップしやすい万年筆とインクの組み合わせを見つけた。今後、この万年筆を使って、スキップする紙・しない紙を分類していくのも面白いと思っている。

乾きやすさ

乾きやすさはその名の通り筆記後にどれくらいの時間でインクが乾くかどうかで、紙質の性能としてとても重要な要素。
特に縦書きするときに乾きづらい紙は本当に辛い。

また、乾きやすさというのはインクの色分離につながる要素でもある。トモエリバーが代表的だが、トモエリバーはインクの乾きが悪いので、乾燥中に色分離して筆跡が汚く見えてしまう。

滲みの要素・乾きの要素でトモエリバーの事を悪く言ってしまっているけど私はトモエリバーの愛用者なのであらかじめ。ダメな部分も多いけどそれ以上に便利が圧倒的に優っている紙だと思っている。

発色の良さ

発色の良さというのも実は難しい定義であって、万年筆用インクの色ってすごくアバウト。んで用紙によって発色が全く異なってくるからそもそもが何色のインクなのか全くわからなくなる。インク製造者は何色を目指して開発したのだろうって感じたことがあるのは私だけではいはず。

万年筆のインク名って、例えばパイロットの色彩雫シリーズなどのようにインク色の名前に自然や風景・その色から連想できるものの名前をつけることが多いのだけど、アレは良い名付けの仕方だよね。

用紙によって発色がバラバラになってしまうことの多いインクなのだからそういった名付けの仕方は正解だと思う。

間違っても黒=000000みたいなカラーコードで名前を付けたら詰む。

もし、インクの見本帳を真剣に作るのであれば、何の紙に対しての色見本なのかを考慮すると良い見本帳が作れると思う。逆に見本帳は紙の種類だけないとダメだと思うし、インクブランドは何の紙に書いたときにこの色が出ると言ったことまで定義すべきだと思う。

変色の少なさ

変色の少なさというのは、シンプルに言えばレッドフラッシュしない用紙であるかどうかということ。レッドフラッシュというのは、ブルーブラックインクを使っているのに赤く光ってしまうアレのことね。

個人的にレッドフラッシュするインク・紙は嫌いで、ブルーブラックで書くのであればブルーブラックで書きたいし、ブルーブラックという名で販売する以上ブルーブラックで書けるインクを作ってもらいたいと願っているが、インクだけの問題ではなく紙との相性が非常に強いため簡単なものではないらしい。

仕方ないので出来るだけ「レッドフラッシュしないインク」・「レッドフラッシュしない用紙」を探して使うようにはしているがこれも本当に奥が深い。私、レッドフラッシュしないインクと紙を探す旅にも出ているので、どこかで記事にまとめたいと思う。

裏抜けの少なさ

一般的には裏抜けしない、滲まない用紙が万年筆に最適と言われているが、個人的にはちょっと異なるような気がしている。
例えば裏抜けする用紙であっても圧倒的に心地よい筆記感を味わえる用紙は多く存在する。有名どころだと伊東屋のロメオノートなどだ。ロメオノートを裏抜けするからという理由で万年筆に適さないノートと決め込むのであれば、そんなにもったいないことはない。

他にも一般的な原稿用紙などは普通に裏抜けはする。かつての文豪たちが愛した山田紙店の原稿用紙も当たり前のように裏抜けする。でも書き味は良い。

手帳など用紙の裏にも書き込む必要がある紙は裏抜けしたら肝心なところに何が書いてあるか分からない・書きたいところに書けなくなってしまうなどの問題が生じるため裏抜けはNGであるけど、一般的なノート等で書き味を追求していくのであればそこまで裏抜けを気にする必要はない。裏抜けした用紙に書くのが嫌なら裏のページを使わなければ良いだけだ。※次のページまでインクが抜けてしまうのは論外だが。

最近は裏抜けするしないが万年筆用の筆記用紙を選ぶ上での基準みたいになっているけど、抜けなければラッキーくらいで考えるようにすると世界は大きく広がる。

さてと、だいぶ文章が散らかってきたし、記事のゴールが全く見えなくなってきたので今日はここまで。

何が言いたかったのかというと紙沼はとにかく深いぞって話。

コメント