【LAMY アルスター トルマリン】とても美しい青緑軸の万年筆。2020年の限定カラーの評価・口コミ

ラミーアルスター トルマリン 万年筆レビュー

LAMYアルスター2020年限定カラートルマリンです。
毎年2月になると伊東屋の入り口ショーケースにアルスターの限定色が並ぶのですが、それを見る度にこの季節がやってきたと感じます。

銀座伊東屋

今回はアルスター万年筆トルマリンカラーについてレビューします。

ラミー アルスター(LAMY AL-star) トルマリン

トルマリンは様々な色がある鉱石


さて、2020年リミテッドアルスターを紹介する前にトルマリンという鉱石についてですが、トルマリンという鉱石が今回のアルスターのような青緑かというとちょっと異なり、トルマリンには様々な色がありますよね。もちろん今回のアルスターのような青緑のトルマリンもあるわけですが、ブラック、ピンク、ブルー、グリーン、そしてバイカラーなどなど様々なカラーのトルマリンが存在します。

Google画像検索で調べると、とにかく綺麗で様々な色のトルマリンが出てきますので、ぜひご覧ください。

そんなトルマリンの中でこのブルーグリーンが採用された理由はわかりませんが、今回のアルスターの名前はトルマリン(tourmaline)。美しい色で個人的には気に入っています。同じトルマリンカラーのインクも同時に発売されて、こちらも綺麗な青緑ですから人気が出そうです。

限定アルスターは3本目

さて、私が限定アルスターを集め始めてから3年目となりました。

こちらが直近3年の限定アルスターです。

左から2018年ヴァイブラントピンク、2019年ブロンズ、そして2020年のトルマリンです。


兄弟分のサファリと比べると、アルスターは光沢があるのとスケルトングリップが好きです。

値段も5000円と購入しやすいですし、これからも毎年発売される限定色のみ買っていこうかなと考えています。過去の限定色を集めるのは、かなり難易度の高い冒険になるので辞めておこうと思ってます。

サファリの限定色も集めようと考えていた時期がありましたが、2019年の限定色でパステルカラー3色が発売された事で諦めがつきました。

絶対使わない色を3本買うのはどうなんだ?って悩んだんですよ。おっさんがパステルカラーの万年筆並べてたら気持ち悪いだろうなって。あ、今も気持ち悪い?その話はよそうか。

ちなみに2020年の限定サファリも3色発売されるとの発表がありましたね。2020限定サファリの色はスモークがかったグリーン、イエロー(オレンジ?)、パープルの3色で、クリップも同じ色に塗られているようです。とても新鮮で魅力的に感じましたが、多分買いません。

去年のパステルカラー3色を買ってたら必然的に今年も買うことになってたと思いますが、買わなかった事で限定サファリ沼からは抜け出ることができました^^;

※歴代のアルスターとサファリは以下にまとめていますので、合わせてご覧ください。

【万年筆レビュー】LAMYサファリ&アルスター。デザイン・使い勝手・価格と三拍子揃ったコスパの高い万年筆
プライベートはもちろん仕事で使ってても恥ずかしくないデザインの万年筆が欲しい。気軽にガシガシ使え、もちろんお値段はそこそこなやつ。 そんなユーザーにオススメなのがLAMY社のsafari(サファリ)とその兄弟分的存在のAL-star(...

ネットショップで購入できない限定カラーは、店舗在庫をゲリラ的に探していく旅になりますが、挑戦してみたいかたはぜひ!

アルスタートルマリンの色合い

話を戻してトルマリンアルスターの色合いです。

身近にあった青緑のものと並べ比べてみました。

iPhoneで撮影していると色合わせが難しいのですが、実物は緑がかった青です。

ネット上での評価・口コミをみると、

  • 美しいみどりのアルスターは持ってるだけで落ち着く。
  • インクも同色。意外と使いやすくて良い。
  • 手帳やノートにインクが乗るのを見てにやける。
  • キレイな色の万年筆。

などなど。

様々なノートで筆記してみた感想

続いて実際の筆記です。EF、F、Mの3種類の字幅が発売されましたが、私がお迎えしたのはM(中字)です。
サファリやアルスターの中字は引っ掛かりが無く筆記できますので、個人的には細字よりも中字をオススメしたいです。

同じく限定トルマリンインクを入れて筆記してみました。

ボディの色とほぼ同じ色で良い感じです。


余談ですが、中字なのに字幅が太いと感じた方。それは正解です。
この紙、フレックスノートのリフィルですがとにかくインクフローが良くて文字が太くなるのです。
初めて使用した時は驚きましたが、書き味も良くて気に入っています。

一般的なノート(コクヨのソフトリングノート)との書き比べをしてみたのが下の写真ですが、太さが全く違いますよね。

左上がフレックスノートリフィル、右下がコクヨのソフトリングノート。

紙によってここまで変わるのも面白いです。フレックスノートのリフィルは特殊なのでぜひ手に取っていただきたいです。

限定アルスターの紹介なのかフレックスノートの紹介なのかよく分からなくなってしまいましたが、改めてまとめますと、2020年のトルマリンも本当に美しい色の万年筆です。

コメント

  1. 水銀 より:

    このブログはすごく詳しく書いていらっしゃるんですけど、もう少し要約したらすごく読みやすくなると思う。
    これは私の持論なので、細かく隅から隅までという方針ならそれはそれで良いと思います。

    • Stationery Life より:

      水銀さん、コメントありがとうございます!
      おっしゃる通りだらだらと書いてしまう癖がありますので、要約する癖をつけないといけませんね。

      > 細かく隅から隅までという方針ならそれはそれで良いと思います。

      はい、ここはブラしたくないので、ブラさずシンプルにまとめられるよう練習してみます^^