三菱鉛筆ピュアモルト加圧ボールペンのリフィル交換

三菱鉛筆 加圧式ボールペン ボールペン

三菱鉛筆から発売されている加圧ボールペンです。写真の上からパワータンク0.5mm、0.7mm、1.0mm、そしてピュアモルト・オークウッド・プレミアム・エディション(加圧ボールペンリフィル搭載)です。

三菱鉛筆の加圧ボールペンは好きで何本も持っています。

加圧ボールペンの書き味

それぞれの書き味はこんな感じ。

今回こちらの中でピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション)のリフィルを交換しました。

加圧ボールペンのリフィル交換

これまでピュアモルトでは購入時に入っていたボール径1.0mmのリフィルを使用しており、1.0mmという太文字で滑らかな書き心地も好きではありましたが、ピュアモルトを手帳用途でも使いたいなと思い0.7mmのリフィルをチョイスした流れです。

スポンサーリンク

リフィル交換方法

特別参考になるものではありませんが、リフィルの交換方法について簡単に記載しますね。

ピュアモルト加圧ボールペンリフィル

写真の左側に写っているのが今回交換するピュアモルト用の加圧ボールペンリフィル0.7mmです。
お値段は少々高めで300円しますが、一般的なボールペンリフィルとは仕組みの部分で異なるのでここはいたしかた無し。

この密閉されたリフィルの中で、3000hPa(3気圧程度)の圧縮空気でインクに圧力をかけてインクを押し出すという仕組みが成り立っています。
リフィルには、「使い切っても火中に捨てないで下さい」との記載があります。ご注意を!

ピュアモルトは口金の部分が外れますので、こちらの部分を外してリフィルを取り出します。

ピュアモルトの分解写真。

1.0mmと0.7mmのリフィルを並べてみました。
リフィルだけでも一定の太さがあるので、ボールペンとして成り立ちそうです。笑

部品を元に戻して完成。

これで手帳用途としても十分に使えます。

Power Tankはクリップ部分を外してリフィル交換

加圧式ボールペンのリフィル交換
今回、ピュアモルト・オークウッド・プレミアム・エディションのリフィル交換を行いましたが、同じく三菱鉛筆から発売されている加圧ボールペン(Power Tank)では、口金部分ではなくクリップ部分を取り外してリフィル交換します。

ご参考までに。

まとめ

何度かブログでもご紹介していますが、このピュアモルトやパワータンクなどの加圧ボールペンは個人的に推しているボールペンです。

同じくらいの時期にジェットストリームが爆発的な人気を得たため、あまり目立たない存在となってしまっていますが、どんな向きでも書けるし書き心地もジェットストリームのように滑らか過ぎない適度な粘りがありますし、通常の油性インクでありつつも書き始めもスムーズでとにかく実用性の高いボールペンです。

売り出し方やタイミングがちょっと変わればジェットストリームに負けない人気になったと思いますし、もっと大々的にPRしても良いボールペンだと感じます。

コメント